ドラゴンボール 最強への道は見るべき?見ないべき?動画見放題配信サービスまとめ。

ドラゴンボール 最強への道は見るべき?見ないべき?動画見放題配信サービスまとめ。
動画の評価総合

7つ集めれば何でも願いが叶うという伝説のドラゴンボールを探す少年・悟空たちの冒険を描いた長編アニメーション。東映アニメフェアの顔として10年もの間、人気を集めてきたヒット・シリーズの第17作で、これが最終作となった。原作は鳥山明の同名コミック。監督は「DRAGON BALL Z 復活のフュージョン!!悟空とベジータ」の山内重保。“'96春東映アニメフェア”の中の1本。シリーズ10周年記念作品。


この動画が見れる動画見放題サービス

  • dtv
    dtv見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2019/09/18
    dtvとは、映画・ドラマ・アニメ約12万作品が月額500円(税込み)の動画見放題サービスです。今なら31日間無料おためしあり。

口コミ

冒険路線のドラゴンボール
ドラゴンボール初期のドラゴンボール探索編とレッドリボン軍編を合わせて再編した作品
バトルものに転向する以前の作風に戻しているので
人によっては物足りないかも知れない

後の人造人間編への展開を反映してか、はっちゃんがすごい強い
2018/7/31
90年代最後の映画ドラゴンボール
ドラゴンボールGTの絵柄で原作初期ドラゴンボールの、ブルマとの出会いからレッドリボン軍を倒すまでのストーリーがリメイクされている。
東映映画ドラゴンボールシリーズの最後のセル画ということもあってか、
作画はかなりいい。ブルマのお色気シーンにもやたら力入っている。
ストーリーとしてはまとまっており、中盤までは面白いのだが、
尺の都合で肝心のクリリンとの出会いから亀仙人の修行、天下一武道会が省かれ、
本来のドラゴンボールを求めるファンタジー冒険ものとして回帰してるのだが、
やはり強さを追い求めるために悟空が厳しい修行し強い敵と戦い勝ってこそ、ドラゴンボールは面白いのだと実感する。
実際、この映画の興行成績次第では続編も計画されてたようだが、
この作品以後「神と神」まで映画ドラゴンボールは作られなくなってしまった。
2018/7/28
関連する商品
口コミ投稿数ランキング
リンク