GOEMONは見るべき?見ないべき?SNSの口コミと視聴可能な動画見放題サイトまとめ。

GOEMONは見るべき?見ないべき?SNSの口コミと視聴可能な動画見放題サイトまとめ。
動画の評価総合

前作『CASSHERN』製作時から構想されながらも、当時の技術では作品のスケールを具現化するには、あまりに届かないところにありすぎたため、2年のリサーチとシステム構築の末、ようやく2007年に製作がスタートした本作。プリプロ、撮影、編集、ポスプロ、延べ制作日数に3年の時間が費やされた本作は、セット数100、CGカット数2500、エキストラ1000人、総スタッフ数300人という超大作。誰もが知っている戦国時代を背景としながらも、新解釈を施したストーリー構成。これまでの既成概念を跡形もなく破壊する美術と衣装の数々。役者に6ヶ月のトレーニングを強いた息もつかせぬアクションシーン。デジタル技術を極限まで駆使した圧倒的な映像美。どれをとっても、これまでとは別次元のエンターテイメント世界がこの映画の中で繰り広げられている。(作品資料より)


この動画が見れる動画見放題サービス

  • dtv
    dtv見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2018/11/13
    dtvとは、映画・ドラマ・アニメ約12万作品が月額500円(税込み)の動画見放題サービスです。今なら31日間無料おためしあり。

  • dtv
    U-NEXT見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2018/08/19
    U-NEXTとは、動画見放題8万本、動画レンタル(ポイント作品)4万本、書籍・漫画・ラノベ・雑誌など…多彩なコンテンツを楽しめるサイトです。今なら31日間無料体験あり。

  • dtv
    FODプレミアム
    最終チェック日:2018/08/19
    FODプレミアムとは、一部の対象のドラマ・映画・バラエティー・アニメ・雑誌やマンガが月額888円(税込み)が見放題のサービスです。今なら1ヶ月間無料あり。

  • dtv
    amazonプライム動画
    プライム会員特典
    動画の評価
    最終チェック日:2018/08/19

口コミ

完全に創作
ここまでぶっ飛ぶと逆に爽快感が生まれます
しかし五右衛門が関ケ原に参戦する必要はあったのかな?とは思いました
2018/4/15
予想よりは全然いいです。
映像もきれいし独特の世界観
役者さんもいいと思う
ガキと広末、幼少期の茶々もなかなか良いw
2018/4/14
隠れた超名作!!
五右衛門と才蔵の友情関係が最高だったな。
茶々様との切ない関係も良き。
2018/3/21
最高傑作!
凄いスケール!迫力抜群!戦いも凄まじく!切なく泣ける!そして歴史は変えず!映画館で体感したかった!
2018/1/29
良くも悪くも、紀里谷監督の映画
相変わらず世界観や衣装などのデザインは最高。厨二心をすごくくすぐられます。和洋折衷に現代的なモチーフもうまく取り込んでいて、かつ大胆な色彩構成がすごく美しいです。CGの精度は確かに低いですが、PS2のソフト程度なので特に問題はありませんでした(笑)コンセプトアート集が出ていれば絶対買ったのに…って感じです。
キャシャーンは何度も見ているのですがGOEMONは初見でした。最初はキャシャーンより面白いかも!?といった印象で、序盤~中盤はワクワクして見ることが出来ました。才蔵が茹でられるくだりなんかは盛り上がりましたし、あそこまでは良かった。そして、とうとう五右衛門が秀吉に攻め入るシーン。これからクライマックス、最終決戦だ!と言わんばかりの盛り上がり。なのに何故かまた30分以上残っている。
紀里谷監督としてはこのシーンも見せたい!あのシーンも見せたい!こんなメッセージも入れておこう!って感じで2時間の尺にしたんでしょうが、光秀vs家康の戦まで入れられると流石に胃がもたれます。

まあキャシャーンよりは退屈せずに見れましたが…。(キャシャーンも中盤までは大好きな映画です)
本当に、世界観もいいし中盤までは最高で、そこまでは星4か星5なんですが、まとめ方が下手くそ…。見終わった後だとどうしても終盤の蛇足感が印象深くて、星3です。

あと毎回謎なのが芸人大量キャスティング(笑)芸人さんが好きなんですかね?監督。
ゴリの役は桐谷健太とか、俳優さんの方がよかったんじゃないかな〜。

キャシャーンの時も思いましたが、紀里谷監督は映画出なくゲームのプロデュースをした方がいいと思う。ゲームならもっとがっつり掘り下げたり出来るだろうし、あの世界観、建築、衣装をもう少し堪能したいです。PS4の高画質で監督の世界観が見たい!!
2018/1/26
面白過ぎる! これぞエンターテインメントの王道にして傑作
手に汗握るアクション、サスペンス、色恋沙汰に、魅力溢れる美男美女、業に満ちた人間ドラマ、スピード感、躍動感、スケールのデカさ、驚きに満ちた映像、酔いしれることが出来るビジュアルセンス、意外性に満ちたどんでん返し、細やかな心理描写、勧善懲悪の爽快感、良い意味での荒唐無稽さ....
娯楽映画に求めるこれらの全ての要素が見事にバランス良く凝縮された、まさしくエンターテインメントの王道にして傑作です。
似たような和製アクション映画は沢山有りますが、その多くは監督の一人よがりが際立つマスターベーション的な作品か、役者の知名度だけに頼った二流以下の作品であり、この手のジャンルを毛嫌いする人の気持ちも良くわかります。(本監督の前作も少しそんな匂いがします)
けれど、そういう人にこそ、先入観を一旦脇に置いておいてこの映画を見て欲しい。
必ず期待以上の面白さで応えてくれます。というか、時間を忘れてのめり込める超絶級の面白さ!
興行的にはもうひとつだったそうですが、これは海外も含めて是非もっと沢山の人に見てほしい、ハリウッド映画に同じ土俵で堂々と渡り合える、時代劇という枠も越えた日本エンタメ映画の金字塔!

個人的には、釜茹での刑の場面、[俺の名は五右衛門! ] の下りが特に素晴らしい名シーンになっていると思います。(泣けます!)
そしてそこから一気に怒濤の展開で雪崩れ込むラストの大坂冬の陣 (冬じゃない?)、[信長様ご出陣! ]の場面も抜群に格好良いが、なんといってもその最後、有り得ない強さで家康に肉薄し、首を獲るかと思いきや.....
まさにこの瞬間が歴史を動かした(後の歴史の流れが決まった)、って感じで、いやもう最高に格好良い!
時代考証を完全に度外視した自由奔放な設定なのに、最期の最後にピタっと史実に整合させてくるあたりのストーリーの練り込み具合も素晴らしい。ほんと傑作だなあ。
時代劇エンターテインメントここに際まれり、って感じです。

惜しいのは、秀吉(三成)の大陸出兵が計画だけしか描かれなかったこと。
これを映像化して彼らの悪逆非道ぶりをしっかり見せていれば更にラストシーンに説得力を与えられたのに、と思います。勿体無いです。
2018/1/25
評価は分かれると思う。
U-NEXTで見たが、あまり面白くなかった。
CGがたくさん取り入れられているけど、
そんなに面白くなかった。
CGが害になっているわけではないと思うが、
効果的とも思えなかった。
総じて、あまり面白くなかった。
2017/12/17
五右衛門の野望
企画から5年をかけて完成した作品だそうです。最初何か、変?どこの国の
話?中国、中世のヨーロッパなのと思ってしまう。

天下の大盗賊としてその名を知られた石川五右衛門(江口洋介)が、まるで
ゲームの世界のようなCGを駆使したアクション、風景で私たちに独特の味で
迫ります。

注意して観ないと、誰が誰なのか最初混乱します。五右衛門(江口洋介)、才蔵
(大沢たかお)、信長(中村芝翫)、秀吉(奥田瑛二)、家康(伊武雅刀)、三成(要潤)、
茶々(広末涼子)という配役です。

ここまでやると、細かいことは抜きにして、「まぁ、いいか」とひたすら物語を楽しむ
ことをお勧めします。
2017/11/16
エンターテイメント的にはまあまあだけど…
史実に基づいたストーリー、時代考証をシッカリとした世界観ではない!

が、恐らくは日本人が一番好きな信長、秀吉、家康の頃の戦国時代をモチーフにしている石川賢や永井豪のマンガにも通ずるSF感漂う荒唐無稽さと時代劇のアナログ感が同居している事、猿飛佐助、霧隠才蔵、石川五右衛門等のある意味ヒーロー的なキャラクターだけど、あまり表舞台で語られることの少ないソレ等を時代の主役となった武将を差し置いての主役級に押し上げているあたり、そして、かなり豪華な俳優陣。
その辺は凄く良い!
が、主人公をヒロイックに描こうと頑張っちゃったが故に物語のスケールが大きくなり過ぎて無理がある。
多分、CGとか使いたい時期だったのかなぁ……CGまるわかりで実写の迫力が無い。(作られた頃に凄くても、時間が経ったらバレバレのCG)
先に述べたような荒唐無稽な世界観で、広末涼子さんとか美形な女優さんが何人も出ているのに、いわゆるお色気シーンにあたるシーンが全く無い。
スケールが大きくなり、主人公のヒーロー性を強くし、更に破綻しない程度には史実との融合を図り、時代劇でありながら現代劇の演出をしているというエンターテイメントに偏り過ぎて収集が付かなくなった感が強い作品だったなぁ……多分、物語で突出したアクションがあるとか、随所に笑える所があるとか、メリハリが無いストーリーなのに尺が長過ぎて観ていて疲れる感じもあるのがネックなんだと思う。
長さ半分で、何かの要素に特化していて、キチンとお色気シーンも盛り込まれていればもうちょっと評価高いんだけどなぁ…
2017/9/6
こんなもんかな?
BDケースの裏、特典映像など文字が小さ過ぎて読めません。
フォローは無いの?
2017/8/19
脚本がよいと思います。
ストーリーに一貫性がありますし、歴史とちゃんと絡ませているので楽しめました。
2017/4/9
テンポ良きエンターテイメント。
多少「ん?んん?」ってなってしまいますが、展開やら切り口がスパスパ進むので時間ある時にお奨めです。
某忍者アニメ見てる感覚で豪華キャスト陣という捉え方で観ると尚おもしろい。多少、史実に基づいて制作されてるので…
小学生のお子さんとかと観ると良いんじゃないでしょうか。
太閤殺害辺りから急ピッチだったので、もう少し尺を取って作り込んで欲しかった。
ネタバレもアレなんで試し観してみては?好き嫌いがハッキリ別れる作品かな…。
2018/5/22
何回も
面白い、見あきない、何度も、見てしまう、テレビ、 見たいのないなー、GEMON 見よ、て 感じです。
2016/11/27
申し訳ない。開始1分半で萎えた。
テレビのドキュメンタリーを観ていて監督に好感が持てたんだけど、いざ観始めたら、開始1分半に出てくる動物で激萎え。あり得ないよね。すぐ止めました。

初めてじゃないかな、映画で星一つって。
申し訳ないです、面白いか面白くないかの問題ではないです。
2018/6/21
江口洋介やるね~!
思いのほか良かった!色んな要素をぶっ込んだ映画で、実は期待していなかった分楽しく見れました。又違った五右衛門、茶々、石田三成、服部半蔵などなどが見れて面白かったです。
2018/5/31
日本人にもこんな映画が作れるのか?
CGはかなりの質だが、ハリウッドまで今一歩。しかし日本人でこれだけの映画が作れるとはすごい!
2018/6/1
映画の後日談が読める。
映画中では各々の人物の心情があまり語られていないと思いますが、この小説版では我王などの脇のキャラクターたちの心情も語られています。その部分を読めば、なぜチェ・ホンマンが我王役であったのかなどがすっきりと分かるでしょう。

映画はあのような終わり方をしますが、小説版ではその後が語られています。
映画のあのラストに不満や割り切れない気持ちがある人たちはこの小説を読んで、
もう一度この映画を見てみれば良いと思います。
また違った印象をこの映画に持つでしょう。

この小説には自腹を切って買い、読む価値が確かにあります。
2009/5/28
分かりやすい☆
映画を観て買いました!映画より詳細に丁寧に物語が展開します。
私は映画で疑問だった部分が分かってスッキリしてます。鷹の存在、緋目、パンドラの箱に残されたモノ、忍時代、恋の行方、最後の大舞台へ赴くきっかけ、残された者達のその後など。映画同様飽きが来なくてあっという間に読み終えました。
また映画を観たくなるそんな内容でした☆
2009/5/13

Twitter

今日はお弁当買ってきてもらった。これからレンタルしてきたGOEMONの映画観る。
#お腹ペコリン部
この時期同期の史学の皆にお勧めしたい映画1位、詰んだり自分考察全然できない…って時に自分出来てんじゃね??って気になれる映画 GOEMONです(2枚目多分安土城
GOEMONっていう映画見たけどめっちゃいい。
関連する商品
口コミ投稿数ランキング
リンク