わが母の記のSNSの口コミと動画見放題配信サービスまとめ。

井上靖の自伝的小説『わが母の記~花の下・月の光・雪の面~』を「クライマーズ・ハイ」の原田眞人監督が映画化。母に捨てられたという想いを抱きながら生きてきた小説家が、老いた母親との断絶を埋めようとする姿を描く。出演は「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」の役所広司、「朱花の月」の樹木希林。


この動画が見れる動画見放題サービス

  • dtv
    dtv見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2018/12/10
    dtvとは、映画・ドラマ・アニメ約12万作品が月額500円(税込み)の動画見放題サービスです。今なら31日間無料おためしあり。

  • dtv
    FODプレミアム
    最終チェック日:2018/12/08
    FODプレミアムとは、一部の対象のドラマ・映画・バラエティー・アニメ・雑誌やマンガが月額888円(税込み)が見放題のサービスです。今なら1ヶ月間無料あり。

口コミ

もち
中学生のころから井上靖を読んでいました。50歳を過ぎて金沢に転勤し、北の海を読み返しました。母が昨年亡くなり、たまたまこの作品を見て、感動と言うか、北の海の時代の井上靖から、母を看取る時代の人生の変遷を自分の人生に置き換え、何とも清々しい気持ちにさせて頂きました。娘たちも素敵でした。
2018/7/17
何度でも見たい映画です
そんなに映画が好きではないのですが
映画館で見て レンタルで見て Amazon primeで今のところ2回見ています。

三國さんと樹木さんの 演技を超えた演技に
役所さんの最後の涙に 心が揺さぶられるっていうのはこういう事かと思います。
みんなに知ってほしい映画 テレビでも何度でも放送してほしいと思っています。
本当に素晴らしい映画です
2018/4/16
自分も認知症の母を送ったので
 この映画はちょっと気が重く、長い間見るのをためらっていました。
 結論からいうと、見て本当に良かった。
 「認知症の人の行動は、端から見れば不合理で支離滅裂だけど、本人にとってはきちんと意味や目的があるのではないか」とは実体験に基づく思いです。
 息子が老母のつぶやいた言葉の意味を知る瞬間が、理解と許しの瞬間でもあります。
 樹木希林が少年の詩をぶつぶつと暗唱するシーンが最高でした。
 名画、といえましょう。
2018/2/1
感動のドラマ
老いゆく母親を見てさまざまな思いに葛藤する
主人公の苦悩と、認知症を患った老婆の日々が
、美しいバックを背景に暖かなタッチで描かれた
秀作。井上靖自身がファミリーと供にした自宅の
書斎をありのままに映画で見せていて、当時の
彼の姿をしのぶことができる。
役所広司と樹木希林の重厚な演技も評価された。
2018/1/26
地図には載っていない海峡を母さんと渡りたい。
井上靖/役所広司の生い立ちが よくわかる。
その原点が 『母親にすてられた』と思っていた。
母親/樹木希林には 別の狙いがあった。
映画は 雨が降っていて、
お母さんが迎えに来るところから始まる。

お母さん/樹木希林は、痴呆症になり、
記憶に残っていることは、息子を捜すこと。
そして、息子の書いた詩を大切にもっている。

『地図には載っていない海峡を母さんと渡りたい』
母親が 息子の前でも 読む。
このシーンが 一番 お母さんが 輝いている。

海岸で待っている 息子/役所広司。
そして、孫/宮崎あおいと来た母親を背負う。
母親は、誰だか知りませんが といって、背負われる。
セツナイ 母親と息子の風景が。

孫役の宮崎あおいの 父親に 酔っぱらって話をする。
『歌を忘れたカナリヤは、裏山にすてましょう』
と言う。強烈な批判を さりげなくいう。
宮崎あおいの力がぬけていて、なじんでいる。

井上靖は、姉妹に囲まれて、生きていたんだね。
いい家族であり、裕福である。
2017/10/13
母を想う男性には刺さる作品
2012年。 監督・脚本は原田眞人。

原作は老いた母の80歳から亡くなる89歳について書かれた、井上靖の自伝的小説。

役所広司、樹木希林、宮崎あおい、南果歩と演技派俳優が揃ってて見応え抜群。

向田邦子のホームドラマや『東京物語』みたいだな~って思ってたら、『東京物語』のついてのセリフがあった。

お父さんが怒鳴り散らしても、家族がちゃんとついていく昭和な家庭。 サザエさんっぽくもある。  3姉妹の仲の良さが微笑ましい。 なんとも素敵です。 3姉妹が清楚な服装で、個人的に好きでした。 ブラウスやスカート、そして長い髪的なフェミニンが素敵です。 特にミムラさんの美しさが国宝級でした。

認知症の母親と向き合って行くストーリーなのですが、ぼくも大好きだった祖父が晩年は認知症で、自分が認識されてなかった悲しさを思い出しました。 死への恐怖や家族との別れのつらさを忘れるために認知症があるんだ、という考え方もあるらしいのですが、確かにそうかもしれません。 実際ぼくも祖父から気持ちが離れていきました。

自分の老いていく母の事を思うと、何とも言えない気持ちになりました。母を大切に思う男性には、深く心に響く作品じゃないかと思います。
2017/8/8
笑顔で母を背に
次第に記憶の整理が出来なくなっていく八重を通して、その家族の絆と日本のそこかしこにある情景が美しく描かれている良作。
カメラワークや音も効果的で、何より音楽が素晴らしい。
2017/6/15
日本らしさがにじみ出る、家族の物語
戦争を知っている昭和の人の家族の心を十分に描けている作品。
主人公は裕福なため、高度成長期の貧しい日本とは異なる世界観だが、
この時代の社会構造は上手く表現されている。

一家の主の力が強く、男尊女卑の考えが強い時代で、
子の親への思いも深かった時代。
そんな時代の親子関係を、3世代間で描いている。
それぞれの想いや行動は、日本らしい特徴が良く表されており、
また、話の結末も、心温まる方向でまとまっている。

予算の少ない日本映画が、進むべき道の一つだろう。

観客動員数のための客寄せパンダもなく。
演技派が丁寧に物語を紡いでいるため、物語がとてもリアルだった。
2017/6/3
日本映画に希望はあるのか?
この作品は 制作側の代表として原田真人監督が長時間話し続ける。松竹・井上家との関係。我らは疲れてしまう。

役者たちは最高。樹木希林の「わが母」は、奇々怪々な、ボケていく姿を実に生々しく演じきっている。
最早これ以上のこと望まず。役所広司の長男も見事。他の家族も見事に演じきっている。このような作品に出合えるのであろうか。
おそらくこれが最後になるであろうと封切されたときより重い気持ちになり何日も連続して映画館に通い続けた。

そして今や 樹木希林主演の映画にあえた。長生きしてよかったと思っている。
『あん』である。樹木希林、市原悦子、どら焼き屋の大将、さらに樹木希林の孫である娘。
らい病を率直に描ききった。
二人の女優。一人は70歳代。一人は80歳代。二人が死去したらこれから日本映画界はどうなるのか。
どら焼きの粒あんに徹底的に拘り自立していくどら焼きやの主の姿に涙あふれてしまう己である。
2017/4/23
昭和の日本をよく描いている、しかし、、、。
映画全体に感じる昭和の上流家庭の雰囲気の描写が素晴らしい。
女性陣の演技がが素晴らしかった。上流家庭での子女の話し方、立ち振る舞いが美しく眩しかった。
役所広司が男性陣で孤軍奮闘、素晴らしい演技である。
ただ、樹木希林演じる年老いた母になんとなく違和感を覚えた。
歳とともに記憶が呆けていくのは何とも悲しいが、老婆を感じさせない時として俊敏ともいえるスムーズな身体の動きには違和感を覚える。樹木希林が得意とする老女節にも新鮮味を感じない。
2017/2/24
井上靖作品をもう一度読みたくなりました
役所広司が演じるのは、小説家の井上靖。土蔵で祖父の妾だったおばあさんと暮らしていた特殊な経緯や、湯ヶ島、沼津の海のエピソードなど、「しろばんば」「夏草冬濤」「北の海」といった自伝的小説を読んでいると、役所広司が、いかに井上靖の心情を映し出した素晴らしい演技をしたのかがよくわかります。
映画の年代のころの井上靖は文壇の中心人物、晩年はノーベル文学賞の候補でもありました。歴史ものも自伝ものも素晴らしい小説家でした。
2016/11/27
日本映画の真に迫る凄さ
樹木希林と三國連太郎の存在がこの作品に真実味を与えているように感じました。
私の母はパーキンソン病で10年以上闘病していますが、姿や身振りが作中の樹木希林とよく重なりました。
やせ細った三國連太郎は、写真でしか見たことのない亡き祖父のようです。
息子や娘たちのそれぞれの想いや苦労が感じられはしても、役所広司の大きな背中の様に、皆温かく優しいのが素敵です。
美しい日本家屋やインテリア、豊かで静かな自然とバッハの音楽が、この作品を落ち着きのあるものにしていると思いました。
2016/7/12
ステレオタイプに思えるような人物が、こんなにも複雑で、奥深い。
奇抜なキャラクターを作ってステレオタイプを脱しようとする昨今の作劇とは全く逆の、
当たり前で、共感しにくい人物達。聞き取りにくいセリフと、すぐには理解できない状況説明。
本当に、全ての登場人物が嫌なやつだと思ったけど、
最後には全員好きになりました。

役者さん、映像、演出、ストーリー、全部好きです。
2016/3/9
親子の愛に感動
記憶は消え行けども、親子の絆は消えない・・・
素晴らしい作品です。
2013/1/15
分かり合えない身近な存在
 一番身近にいても、なかなか分かり合えない。親子にはそういうことがある。
 特に昔の人は、「多くは語らない」という古き良き時代の美徳というものがある。
 自分を母親から捨てられたと思い続ける耕作は、記憶が無くなっていく母親と少しずつ向かい合う。
 それは、自身の心の穴を埋めていくようであった。ゆっくりと四季を感じながら。
 そして、自分が本当は母から愛されていたと気づかされる。どれほど母が自分のことを思っていてくれてたのかを気づくのではなく、「気づかされる」のだ。
 その瞬間、涙が溢れそうになるのを感じた。
 そして、何十年の時を経て、親子の誤解が解ける。それに合わせて、耕作と娘の関係にも変化が・・・。
 この作品は、心温まる、そして親子の大切な物語である。
 特に、息子がお母さんを大切にしたくなる、そのような映画です。
2012/10/20
玄人向けの映画
四十を過ぎたので買ってみました。
この年齢になると他人事ではなくなる題材です。
映画そのものは派手なアクションも高度な技術のCGもありませんが、美しい映像と心に刺さる脚本で完成されてます。
そして脚本を充分理解した俳優陣の演技に引き込まれます。
ただ、興味本位で購入をお考えのユーザーの方にはオススメできません。
僕が本気で観たのに再生1時間半は退屈な映画じゃないだろうかと心配しながら時間が過ぎたので。
しかし母の愛は記憶が無くなっても生き続ける。
母が痴呆症になろうとも息子は母を愛してる。
今作はこの描写がたまりません。
商品としてのデキはセリフがとても小さく収録されているのか、普段地上波のテレビを観る場合ボリュームを19にしいるのですが、今作DVD再生時は27にしました。
役所広司と樹木希林のやり取りのシーンは特に、つぶやくようなセリフのシーンが多いので最初から音声大きめがいいでしょう。
特典映像のインタビューは通常音量で。
劇中のセットでは日本丸の船内がキレイなのに対して、船外のセットは廃船になったフェリーに塗装でも施したのかってくらい安っぽいセットだったのが少々残念。
総合的にみると、小さなセリフのやり取りや家族の絆みたいなものを脚本に力いっぱい反映させた作品で、盛り上がりみたいなシーンは1つか2つです。
近来のドタバタアクションコメディーに慣れてる映画ファンには少々退屈な作品と感じるかも知れない玄人向きの作品と言えるんじゃないでしょうか。
文系男子に特に観て欲しい作品です。
2012/9/14
『壊れてゆく』母親を慈しむ息子の視線と家族の息遣い、日本の原風景ともいえる美しい映像
  原作の本を読み、映画も鑑賞し、このDVDも購入して観ています。
  非常に美しい映像で、豪華キャストを配した素晴らしい出来栄えであったことを最初に申し上げます。モントリオールでは、観客一同涙にくれて拍手が鳴り止まなかったと聞いています。
  年とともに『壊れていく』母親を、子供達あるいは家族が大切にいたわって行く姿を描いたものですが、時々母親が見せる正気と憎まれ口に翻弄されて、当惑する家族達の姿が、おかしくもあり、感心もしました。老いという、解決のつかない問題を扱った、生き終えることの難しさに心を致した次第です。大作ではありませんが、いろいろ思うことが多い作品でした。
  最初に申し上げたとおり、私は井上先生の作品も文庫で読みましたが、映画との間で多少の差も感じました。
  最初の点は、著作の方は、井上先生の視点から、老いて行く母親への慈しみの溢れるもので、読者は井上先生と共に、母親八重を客観的に、静かに眺めることができますが、映画の方は、実はモンスター女優、樹木希林の出来栄えが素晴らしすぎるので、役所公司演じる伊上(『いのうえ』ではなく『いがみ』)の慈しみの視点が少し弱くなっているように感じました。昔懐かしい『七人の孫』的なフレーバーも感じる、少々お洒落な作品に仕上がっています。
  第二点は、取り込まれた風景についてです。映画では山葵田と沼津御用邸近くの小浜海岸の風景が挟まれていますが、山葵田はともかく、小浜海岸は原作には書かれていないと思います。私は小浜海岸に行ったことはありませんが、沼津でしたら富士山が松原越しに見える千本松原やそれを西伊豆(大瀬、井田、戸田あるいは西伊豆ハイウェイ)から観た景色の方が遥かに美しいと思えるのですが、沼津出身の原田監督がなぜこの富士の見えない風景(牛臥山が遮りますので)をわざわざ採用したのか不思議でした。
  第三点は、母親八重のイメージです。原作では、井上先生の慈しみの対象であり、幼少期に『捨てられた』という思いを持つ親への愛情とわだかまりが伏線にあるのですが、映画ではそれを表現し切るのは難しかったようです。これは実は割り切れない点はあるのですが、それを捨象すると『のっぺらぼう』なものとなります。勿論それに拘泥して処理を誤ると、映画自身が『わけのわからない』ものとなってしまう危険もあるのですが・・・。
  考えたのですが、あの年代を演じることのできる『おばあさん女優』は、日本にはほとんどいないことに気がつきました。もっと年をとったら、関根恵子などが演じられるかも知れません。井上先生の風貌や、井上家が伊豆の、貴族的な名家であることを考えると、母親八重は『細面のすらりとした美人』であったことが十分推測され、『金太郎』風な(失礼!)樹木希林女史では少し違和感を覚えます。しかしそんな違和感を押し倒して、演じ切る樹木女史はまた、圧倒的に凄いですが。
  キャスト陣(とにかく実力派女優が凄く多い)で目に付いたのは、次女紀子を演じた菊池亜希子という女優です。私は知らなかったのですが、非常な美人で、上手くいけば大女優になる可能性を秘めた逸材と思いました。子役のお嬢さんもなかなか可愛らしいお嬢さんでした。
  実は私は井上先生の旧制中学(私は高校です。念のため)の後輩で、この映画の監督の原田眞人氏も井上先生の後輩です。映画を観た時のことをご参考に申し上げますが、一緒に見た人に「沼津には西伊豆から見た富士と千本松原、沼津の風景や、千本松原の落日(この美しさは、井上先生も認識されていて、千本松原にある先生の石碑碑文は感動的なものです)があるので、それが採用されたと思っていました。チョッと残念でした。」と申し上げたところ、「原田監督は、また井上先生の作品を撮りたいと仰っていますよ。」とのことでした。
  「『あすなろ物語』に出てきて、鮎太を背中から抱きすくめる冴子とは誰だったのか?」(私は見当がついていますが)、「功成り名を遂げた井上先生が、いつも沼津に来て沼中時代の悪タレと遊んでいたのは、どのような事情だったのか?」いろいろ井上先生のミステリーは僕の頭の中で渦巻いています。
2013/2/1
映画のイメ−ジ
映画を見てから、読みました・・・

どうしても「樹木希林さん、役所広司さん」のイメ−ジになってしまいますね。

映画もほのぼのとした情感に溢れていましたが、原作は 冷静に母の状況を見つめています。

私も近い状況ですので、よく伝わってきました。
井上先生の手になると 文学作品になってしまうのは流石です・・・

年老いて「ボケる」ということは、本当は幸せなことなのかも知れませんね。
そんな風に思える本でした。
2012/7/30
さくっと読める作品です
映画の原作が読みたくてとりよせました、さっくりと読める作品でした
2012/7/22
母親への愛情と作者としての冷静な眼
作者の母親について、八十歳を描いた「花の下」、八十五歳を描いた「月の光」、八十九歳での死去までを描いた「雪の面」の三編が収められています。

そこに描かれているのは、徐々に進行する「惚け」に対応する家族との関係が描かれています。
そこには、子供化、或いは幼児化してゆく母親に対する温かな愛情が感じられるのですが、一方で作者の冷静な「眼」があります。
「惚け」の始まった母親に振り回されながらも、家族が精一杯の努力をしている様子が良く解ります。

私自身は、こうした体験は祖母の時にいろいろしているので、そのあたりが良く解ります。
でも、世の中一般的には、そうした経験もなく、その場になってあたふたする人たちが圧倒的に多いのではないでしょうか。
「いずれ自分もそういう立場になる」と言う認識が持てれば、理にかなった対応が出来るでしょう。
でも、最近の様に「権利」ばかりを主張する人が増えてくると、なかなかそうは上手くいきません。
そうなると、最近新聞を騒がせているような様々な事件が起きてしまいます。

是非、若い人にも読んで欲しい一冊です。
2012/4/6
それなりの年に成らなければ理解できないような小説です!!
 以前講談社文芸文庫から出ていましたが、今回映画化されたことで講談社文庫に入りました。文芸文庫は、良書が沢山ありますが、部数が出ないので高価なのが難点ですが、今回は値段も随分安くなりました。
 本書は、著者の井上さんが述べているように、父の死後の母を花の下、月の光、雪の面のそれぞれに、80歳、85歳、そして、死亡に至るまでを淡々と綴った、随想とも小説ともつかぬ3部作ですが、ほぼノンフィクションに近いのではないかなと思います。
 質素を清潔を旨とした父の死後、母は老耄が進み、壊れたレコード盤のように同じ事を繰り返すようになります。また、俗に老人は年を取れば取るほど子供に戻るといわれていますが、井上さんの母もご他聞に漏れず徐々に、若い頃、そして、幼い頃の記憶のみが残ってくるようになります。子供たちの家にいても直ぐに郷里に帰りたいと駄々をこねる母、次第に物事への関心が薄れ、最後は、愛別離苦の感情だけが残った自尊心の強い母・・・そんな姿を井上さんは淡々と描写しています。井上さんは、生きていた父が死から私を庇う1つの役割を果たしてくれていた事に気がついた。父の死後、風通しがよくなり、次は自分の番だという気持ちになった、と述べていますが、この様な感情が母の老耄を淡々と見ていられた要因の1つかなという気がします。そして、母は長く烈しい闘いをひとりで闘い、闘い終って、いま何個かの骨片になってしまったのです・・・・
 この小説は、やはりそれなりの年に成らなければ理解できないように思います。私も既に母、そして父を見送りました。井上さんのこの本を読んで成程なと感じるところが多々ありました。父母の死によって死というものを身近に感じるようになりました・・今回映画化されたようですが、どのような作品になっているんでしょうか?
2012/3/27
自身の老いを考える
井上靖氏の母親の老いを描いた3部作
「花の下」「月の光」「雪の面」が収まった一冊。

全体では10年の時間が経過していき、
その時々での自身の母親の老耄進行の様子が描かれています。

決して感動的なものではありませんでした。
それは自伝小説「しろばんば」などに書かれているように、
靖氏が母を一番感じる幼少時代に実母と暮すことが無かっその生い立ちにあるのではないかと思います。
井上氏は、母親老いていく様子を、第三者的な目で捉え描いています。

「惚け」は年を重ねると誰にでも訪れるかもしれないこと。
ましてや親子であればいずれ自分にもと思ったり、
まただからこそそれをなんとか理解し付きあいたいと思う。
一方で若い時の母親を思いその違う姿に悲しくなる、
そんな葛藤のようなものが井上氏にはみられません。
あまりにも眈々と書かれていて哀惜の様子があまりにないことに少し驚きました。
(ただ文章の印象だけなので、実際は違うのかもしれないのですが。。。)

でもだからこそ老獪を自分に引きつけて考えることができました。
果たして自分自身は年を重ね「惚け」てしまったときに、
どの時代の性格が出てくるのかと思わずにはいられませんでした。
また果たして、そうして自分がわからなくなったまま生き続けることが
幸せなのかと。。。
さらに、自分の親が「惚け」てしまった時にどうしてあげることが
一番いいことなのか。。。
とっても考えさせられる一冊でした。
2012/3/25
老いるとはどういうことか
母親について、愛情を込めながら、同時に老いるということについて考えている作品です。
ゆくゆくは皆が通る道である。
そして、年齢を重ねるにつれ実感をする。
60歳の著者が80代の母親を見る目はどういうものか。
日常は大変なことばかりだと想像できるが、そればかりではなくいろいろと感ずることのできる文章です。
2015/6/1
何故か父親に関しての記述の方が印象に残ったのですが・・・・・。
 前半の父親に関する感慨、即ち筆者の父が亡くなってみて初めて「自分と死の間に父がいてくれたのを、はっきりと意識するようになった。」という部分の記述は見事です。なるほど、父親とはそういうものなのでしょう。今までと違い「行列の先頭に押し出されたような気分」という言い方をしたのも氏だったかと記憶しています。この個所だけで読むに値する作物であると思います。

 それに較べて母親に対しての記述はなんとはなしに平凡です。振る舞い・症状を追っているだけで、誠に退屈でした。上記のような光った文章が発見出来ませんでした。高評価をつけたのは父親に関しての部分に対してです。
2014/4/24
人間の一生、その尊厳が静かに伝わってくる作品でした。
厳粛な気持ちに自ずとさせられると思います。
井上靖さんのお母さんの80歳以降の様子を5年毎に3編の文章で記しておられます。
メモワール、私小説とも言えそうです。
井上靖さんの本は久しぶりに拝読しましたが、氷の上に手を置いたような涼しく時にヒヤリとするような筆致が印象的です。
この文体でなければこれ程読み手に伝わらなかったと思います。
肉親のことを書くのは情に流されがちですがここでは冷えすぎる程の文体が客観性を与え、読み手自身の記憶を呼び覚まし、居たたまれぬような焦燥感を感じました。
母は老いることにより、子供たちに「次はお前達だよ」と寿命があることを知らせてくれます。
そして母は、たった一人で孤独な闘いを始めています。
子供達も孫達も母の挙動を嘆き、心配し、心を騒がせ、分析しますが、そういったこととも母は静かに闘っていたのでしょう。
人間の一生、その尊厳が静かに伝わってくる作品でした。
2012/9/28

Twitter

【感動映画】?ソウル・サーファー?最強のふたり?ツナグ?わが母の記?天国からのエール?おじいさんと草原の小学校?モリー先生との火曜日?インビクタス/ 負けざる者たち? I am Sam /アイ・アム・サム? 私の中のあなた? しあわせの隠れ場所

Instagram

145

@つばさ基地

先日、原田眞人監督のワークショップ2日間にいかせていただきました>_<! 当日まで眠れず、今の自分で準備し、
緊張〜リラックス〜の繰り返し

当たって砕けてきました。
自分を見たし、みさせていただいた
頭フル回転 .
.
「芝居」
どこまでも戦うぞ
.
.

ここからまた戦い!勉強!経験!

もうすぐ公開の映画、検察側の罪人 
楽しみです✨。

* .
.
.

#model #actress #tokyo #japan #portrait #portraitphotography #Lovers_Nippon_Portrait #good_portraits_world #9vaga_portraits9 #selfie #loves_portraits #portraitpage #portraitmood #portraitoftheday #portraitphotoawards #portrait_perfection #igpodium_portraits #portraits_vision #portraitsvision #instabygirls #原田眞人 監督 #ig_phos #photography #関ヶ原 #クライマーズハイ #検察側の罪人 #脚本家
#わが母の記 #勉強 #映画
89
*
宮崎あおい
2014年
第37回 日本アカデミー賞 授賞式
*
*
今夜いよいよ第40回日本アカデミー賞ですね。。
あおいちゃんは第37回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞して以来の受賞、
今回は「怒り」で優秀主演女優賞、
「バースデーカード」で優秀助演女優賞と、
ダブル受賞しています。
*
これまで第33回「少年メリケンサック」
第35回「ツレがうつになりまして。」
第37回「舟を編む」で優秀主演女優賞を、
第36回「わが母の記」で助演女優賞を受賞していますが
最優秀賞はまだ受賞していません。
*
本当に素晴らしかった2作、
「怒り」と「バースデーカード」でのあおいちゃんが
最優秀賞として評価される事を心から願います✨✨。
*
あおいちゃんの髪型や衣装も楽しみですね⤴。
*
今夜21時~日本テレビ系にて放送です。
お見逃しなく❗❗。
*
*
#宮崎あおい
#aoimiyazaki
#映画怒り
#怒り
#バースデーカード
#世界から猫が消えたなら
#せか猫
#少年メリケンサック
#ツレがうつになりまして
#舟を編む
#わが母の記
#日本アカデミー賞
#第40回日本アカデミー賞
#髪型
#ワンピース
78
パコちゃんの散歩日記。プラス。

今晩は~。✨。 今朝のお散歩post今頃になってしまいました。。
探せばお花も見つかるものです。ご機嫌でカメラ目線をくれたパコなのです。

大好きな映画。「駆込み女と駆出し男」の方は同じ監督さんの「わが母の記」も大好きです。✨。どちらも樹木希林さんが本当に素敵なお芝居をされています。「茶の味」は最初見た時はヘンテコな映画観たなぁ~って印象しか無かったのですが、観る回数を重ねる毎に好きになって、遂に購入となりました。。。。 明日も良い日になりますよう、あなたに元気玉を送ります。! #pug#パグ#ブヒ#パグスタグラム#パコちゃんの散歩日記#flower#椿#神社の階段#映画#駆込み女と駆出し男#わが母の記#茶の味#樹木希林#朝の散歩
69
2018/02/05
金曜は#ういろう
今日は#甘食
昔ながらの素朴なおやつ作り
#ハンドメイド#ホームメイド #手作り #手作りおやつ #デザート#焼き菓子 #スイーツ#焼き立て #オーブン #おうちごはん#キッチン #おやつ #レンチン
.₊̣̇.ෆ*˚*ෆ.₊̣̇.ෆ*˚*ෆ.₊̣̇.ෆ*˚*ෆ.₊̣̇.ෆ*˚*
#amazonプライム で観てきた映画やドラマ
2017年に観た分リストパート5
#ぐるりのこと。
#打ち上げ花火、下からみるか?上からみるか?(実写版)
#海月姫
#アフロ田中大洗にも星はふるなり
#ラブ&ピース
#その夜の侍
#おかあさんの木
#わが母の記
#手紙
#ケイゾク(ドラマ)
#映画鑑賞 #映画鑑賞記録 #邦画#映画
65
東洋の思想家と言えば【孔子】
なんといっても『論語』を知らないひとは、まずいない。
もちろん『論語』という名前だけは、誰もが聞いたことはある。❗
作家【井上靖】は『論語』の成立過程を長編小説としてまとめあげた。2500年の眠りを見事に現代に甦らせた叙事詩的な作品❗

#井上靖#孔子#論語#論語 #中国
#人類の教師#天命#思想#思想家#哲学#哲学者#仁#中庸#わが母の記#映画#氷壁#淀どの日記#歴史#歴史小説 #詩#文芸#文学
62
#好きな映画バトン
@leicamovie88 さんからバトン頂きましたので自分もやらせていただきます。
.
といっても好きな映画は#ビバムビ 1周年記念バトンで1度やったので、今回は劇場鑑賞onlyでやってみようと思います。
あと僕が映画の鑑賞記録を取り始めたのが2012年からなので、今回のは全て2012年以降の作品です。
.
#わが母の記
めっちゃ泣いた記憶が。
役所広司、樹木希林やっぱすごい。
.
#レミゼラブル
#LesMiserables
これもめっちゃ泣いたな〜
最後の大合唱は反則です。
.
#プレイスビヨンドザパインズ宿命
#ThePlaceBeyondThePines
これキッカケでもっといろんなジャンルの映画を観ようと思うようになった、個人的に思い入れのある映画です。
.
#パリ猫ディノの夜
#ACatinParis
フランスらしさの詰まったザ・フランスなアニメ映画。
観終わったあとすごい朗らかな気分になる、まさにフランスマジック。
.
#キャプテンフィリップス
#CaptainPhillips
来ましたトムハンクス。✨
最近のトムハンクスの中ではこれが一番好きです。
.
#XMENフューチャー&パスト
#XMENDaysofFuturePast
いちいちカッコよくてめっちゃ好き(*´˘`*)♥
.
#インターステラー
#Interstellar
もう壮大すぎて。
あんなもの作れる監督めちゃ尊敬します*. ゚(*´ω`*)゚ .*
男心くすぐられるどころかかきむしられました笑
.
#BORUTO
#NARUTOTHEMOVIE
NARUTOは小学生の頃から好きなので観に行きましたが、そんなクオリティには期待してなかった。
だからこそあまりに映画の出来が良すぎてビックリしました。
.
#湯を沸かすほどの熱い愛
去年の個人的ベスト1。
ただただ大好きです。
タイトル見たときからずっと好きでしたw
以上。
あー楽しかったw
#映画 #movie
62
樹木希林さん観たさに鑑賞。
今 話題作 #カンヌ国際映画祭 #パルムドール(言いづらい。)受賞 おめでとう。


是枝監督独特の
BGMなし、感情の説明が少なく 見る側の心理を色々試すタイプの映画、色々な解釈ができる映画。
静かに とつとつと 描いている。
毎回 ?。 なかなか咀嚼が出来ず 考えさせられる事もある。そこも嫌いではない私。
それだけに この手の作品は1人鑑賞がいい。


映画鑑賞。 なかなか気力体力も必要 あと時間。
次はアレをみたい。。。。。


#1人映画#樹木希林さん#大好きな女優さん #万引き家族#歩いても歩いても#悪人#わが母の記 #ツナグ#そして父になる #あん#海街diary #東京タワーおかんとぼくと時々おとん #などなど好きです #是枝監督#おめでとうございます #関係ないけど#自家野菜#きゅうり収穫 。
57
宮崎あおい

2013年 第36回日本アカデミー賞

ドレスも髪型もとても似合っていてかわいいですね✨✨。 #宮崎あおい
#aoimiyazaki
#わが母の記
#世界から猫が消えたなら
#せか猫
#怒り
#バースデーカード
#ただ君を愛してる
#ソラニン
#少年メリケンサック
#NANA
#映画
#日本アカデミー賞
#ドレス
#髪型
54
*
宮崎あおい
第36回 日本アカデミー賞
優秀助演女優賞受賞作
2012年公開 原田眞人監督作品
第35回モントリオール世界映画祭
審査員特別グランプリ受賞作
「わが母の記」
*
母の日の今日はこの作品を鑑賞しました。
個人的に本当に大好きな、特別な作品。
*
公開当時、例の如くあおいちゃん目当てで初日舞台挨拶も観に行きましたが
役所さんと樹木さんの凄さ、
素晴らしさに完全にやられてしまいました。
*
バースデーカードが母と娘の物語なら、
この作品は母と息子の物語です。
*
母に捨てられたと思いながら生きてきた息子と
年老いてだんだんと記憶が失われていく母。
その二人を中心とした家族の姿も描かれています。
*
記憶が失われても
最後まで消えることのなかった母の愛。
*
地味な作品だと思いますが
是非一度御鑑賞いただきたいです。
*
#わが母の記
#宮崎あおい
#aoimiyazaki
#役所広司
#樹木希林
#南果歩
#キムラ緑子
#ミムラ
#菊池亜希子
#三浦貴大
#真野恵里菜
#三國連太郎
#原田眞人
#井上靖
#モントリオール映画祭
#日本アカデミー賞
#優秀助演女優賞
#助演女優賞
#映画
#movie
#母の日
51
#わが母の記 #映画。 #日本#ドラマ
母から捨てられた記憶がトラウマの男。樹木希林さんの老いていくさま……目は一点を見つめてセリフをひょうひょうという演技。脳は崩壊していく中である日の幼い息子の姿だけを追い続ける母……樹木希林さんの名演技のせいでしょうか?徘徊する様子、記憶が曖昧な様子、全てが可愛らしくてユーモラスでつい、笑ってしまいました。でも、どの家庭でもいつか起こりうる身近な出来事です。私も母を思い、自分の行く末を案じます。笑ってしまった自分に気づき身震いしました。以前、私の母に森繁久弥さんの「恍惚の人」を勧めたところ「こんなの絶対見たくない❗️」と強い口調で言い放たれてしまいました。年齢が近いだけに笑って見られるものではなかったのでしょう。振り回される家族を我が身に置き換えて妄想までもが膨らんでいきます。そういった家族の生き様に共感する映画です。。「子ども叱るな。来た道じゃ。年寄り笑うな。行く道じゃ‼️」樹木希林さんは若い時から老け役が巧い人ですね。。#役所光司#樹木希林#宮崎あおい
#恍惚の人
50
────────────────────
No.87》「ザナドゥ/Xanadu」(1980)。。
.
.
映画として観るというより、オリビア・ニュートン・ジョンの美しい歌声と、「雨に唄えば」のジーン・ケリーのダンスを堪能する作品かも◡̈
.
#ザナドゥ #Xanadu
#OliviaNewtonJohn
#MichaelBeck
#GeneKelly
────────────────────
────────────────────
No.88》「男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎(27)」(1981)。。
.
.
このシリーズ27作目から、満男が吉岡秀隆さん変更!
まだ小学生の吉岡さん、さっそく素晴らしい。
.
マドンナは松坂慶子さん。
本当に美しくて、品位があって、チャーミングで。
そして、この回も素敵な物語。
.
.
寅さんは、本当に男の中の男なんだな、
と、改めて感じさせられる。
.
不器用で、女心は分かってないし、そこは隣にいてあげなよ、抱きしめてあげなよ!とか、好きなら好きだって言えよ!って、毎回観ていて思うけど、それをしないのは、寅さんなりの道理と男の美学があってさ。
.
寅さんは相手の女性が好きなのに、彼女からしたら「私のこと女として見てないのね(泣)」って思っちゃう無様さがあるけど、スクリーンを通して観ると、こんなにカッコイイ男はなかなかいないなって思っちゃうよね。
もう、だから、寅さん大好き。
.
如何に魅力的なキャラクターなのか、如何に日本国民に愛され続けているキャラクターなのか、渥美さんの凄さを、本当に、改めて実感する。
.
吉岡さんて、ずっと若いイメージがあるけど、実は自分の母とあまり年齢が変わらないということに、驚きを隠せない(笑
.
#男はつらいよ
#渥美清
#松坂慶子
#吉岡秀隆
監督:山田洋次
────────────────────
────────────────────
No.89》「わが母の記」(2012)。。
.
.
あぁ…凄すぎた。
樹木希林さん、凄すぎた。
全然演技に見えないけど、演技なんだよな…
樹木希林さんの演技を、何度でも見返したい。
.
原作は、昭和の文豪である井上靖が68歳の時に出版した自伝的小説。
老いた母の80歳から亡くなる89歳について書かれた「花の下」(1964年)、「月の光」(1969年)、「雪の面」(1974年)の3部作。
.
あらすじ
『しろばんば』などに描かれている5歳の時から8年間、伊豆の山奥の土蔵で彼を育てた曽祖父の妾で小説家の伊上洪作とは血の繋がらない「おぬいばあさん」(実在の名は「おかの」)との生活について、自分は捨てられたのではないかという疑問があった。ある朝、おぬいに息子を奪われたという母親・八重の言葉に感情を抑えられなくなった伊上は、初めて母と対決しようと「息子さんを郷里に置き去りにしたんですよね」と問いつめる。しかし、八重の口からこぼれたのは、伊上が想像もしなかったある「想い」だった(Wikipedia)。
.
自分の過去の記憶が、こんなふうに、実は自分の思い違いで、本当は両親は自分の事を深く愛してくれていたのだとしたら…これ以上の事はないな。
.
#わが母の記
#役所広司
#樹木希林
#宮﨑あおい
ミムラ
南果歩
キムラ緑子
真野恵里菜
監督:原田眞人
────────────────────
#映画 #映画鑑賞 #movie #movies #cinema #cinemas
49
.
久々に見ても感動しやした
樹木希林が良すぎる
役所広司や宮﨑あおいとの
掛け合いがすごく自然で
すんなり作品にはいれる
やっぱこの映画良かですわ
#わが母の記 #役所広司 #樹木希林 #宮﨑あおい
47
.
母の一生は、幸せだったのかな。
樹木希林さん、かわいい、、。
.
#わが母の記 #原田眞人 監督 #役所広司 #樹木希林 #宮崎あおい #ミムラ #三浦貴大 #菊池亜希子
#映画 #映画鑑賞 #映画記録
45
2017.11.19


最近観た映画。 邦画篇

#ボクの妻と結婚してください
泣けました。が、織田裕二の演技がどうも笑いのツボで。
冒頭、余命宣告されているシーンでショックを受けている顔のはずが、ふざけて変顔してるようにしか見えなかったところから観方が狂ったのだと思いますm(_ _)m失礼しました。

#わが母の記
物忘れ、徘徊、暴れるし、口を開けば必ずきっちりイヤミを入れてくる困った認知症の母。最後まで意思を尊重し介護し続ける家族の姿。
いずれはわが身。考えさせられる映画でした。

#四十九日のレシピ
原作を読んでいたので、、内容が薄まってるなぁ…と少々ガッカリ。

#永い言い訳
こちらも原作を読んでいましたが、映画も良かった!本木雅弘さん演じるゲス旦那も、トラック運転手のパパさんとその子供達も、とってもハマってました。もう一度、原作を読み返してみたいな。


明日は月曜日。
先週した仕事が吉と出るか凶と出るか…たぶん明日分かるはず。。
どうぞ良い方向に向かっていますように✨良い週になりますように✨

#dvd鑑賞 #ボクの妻と結婚してください #わが母の記 #四十九日のレシピ #永い言い訳 #tsutayaの #レンタル100円
45
優くんロスの日々が続いております(。•́ωก̀。)…グス 静岡公演バカ盛り上がった~!その反動が大きすぎ(இдஇ; )
#高橋優
#uarenotalone
#roadmovie
#今日は清水文化会館マリナート
#優友さんと繋がりたい
#黒はんぺん
#うなぎパイ
#ちょびちょび
#うちっち
#バカ
#とっくのとん間
#静岡ゆかりの映画は #わが母の記
#スーパー田子重
43
大好きな映画。

幼い頃、ピアノの先生に「美しい音楽は美しい心でないと奏でられないのよ。美しいものを見て生きていくの」と、言われたことが、歳を重ねる度に分かるようになってきました。

本当に、美しい作品ですね。

#感謝 #いつも #ありがとうございます #大好きな映画 #癒される #原田眞人監督 #わが母の記 #素敵 #饅頭 #美味しい #お茶 #美味しい #お掃除 #お洗濯 #映画関ヶ原 #2017 #大ヒット #まだまだ #よろしくお願いします #出演 #福富ゆき
40
*
主人公の母(樹木希林さん)がどんどん過去を忘れていく中、主人公(役所広司さん)はそれまで知らたかった母の気持ちを知っていきます。母親がいる間にそれが叶ったのは、幸せなことだなぁと思いました。
#わが母の記
#井上靖
#樹木希林
#役所広司
#宮崎あおい
#映画
#映画記録
38
この二日間で観た映画はこの三本
『東京物語』
『わが母の記』
『遠い日のゆくえ』
どれも死に向かい合う映画でした
考え深いお話ばかり
#映画 #映画観賞 #東京物語 #わが母の記 #遠い日のゆくえ
37
わが母の記見た。
素晴らしい映画です。
親孝行しないとね。。。。
オヌヌメ映画認定。
#わが母の記 #オヌヌメ映画
35
2017.11.4(土)
雨の休日
夫は仕事
アイロンがけをしながら
コーヒー飲みながら
1人で映画を観る

『永い言い訳』
原作を読んでいないのですが
心に残る作品でした
とてもよかった
本木雅弘さん、竹原ピストルさん!そして、子役さんも♡

深津絵里さん、相変わらずきれい✨大好きだー

「人生は他者だ」作家の主人公が手帳に書く
しみじみ、そうだなぁ…と思うのだった
原作も読んでみたい

『わが母の記』
井上靖の自叙伝的小説(これも未読)原作、役所広司さんが主役
樹木希林さん、もうね、さすがですね
でも
なんて言うのだろう
身の回りの人や自分が老いて痴呆になったら…みたいな気持ちに覆われてしまって
作品そのものを楽しめなかった感じが残った

こんな休日もいいな
#永い言い訳 #わが母の記 #映画#雨の休日 #深津絵里 かわいい#人生は他者だ 心に刻む
32
わが母の記

A:すべての人を魅了する演技力
B:台本を一瞬で覚える超能力

あおいちゃんはA
ミムラさんはB

ふたりともセリフは睡眠学習で覚えるそうです。

#zip#Zip#究極クエスチョン
#わが母の記#映画
#ミムラ#宮崎あおい
#aoimiyazaki#miyazakiaoi
31
最近の大川シネマホールのセレクトが非常に良い。見逃してもここで拾えるようになってきた。好サイクル #映画館 #映画 #大川 #大川シネマホール #あやしい彼女 #シングストリート #ニュースの真相 #殿利息でござる #グランドイリュージョン #わが母の記 #ひまわりと子犬の7日間
29
【 わが母の記(Chronicle of My Mother)】~2012~
監督:原田眞人
:役所広司
:樹木希林
:宮崎あおい

とってもいい作品。ただ自分のおばあちゃんと重なり過ぎる部分が多く観ているのが辛くなってしまう事もあったが最後までしっかりと観た。演技では役所広司、樹木希林、宮崎あおいと素晴らしい俳優陣が凄すぎて本当の事にしか見えなかった。
作品中に『昔見た映画で両親を邪険にする…あのー、東京何とかってあったでしょ?』という様な台詞があったがreviewでも紹介した作品だったのでクスッとしてしまった!

この作品で注目すべきは樹木希林の凄すぎる演技と主演の役所広司。それから娘の宮崎あおいの成長していく様子である。この3つの点だけ押さえていれば純粋に楽しめる事は間違いない。
ただ今回この作品で1番凄いなと思ったのが時間経過を感じさせるのが上手いと思った。もちろん季節の移り変わりなどはその季節の風物詩を映像の中に入れれば分かるのだが、それだけでない細かい所にも手が行き届いている感じがした。そういう細かい所を気にしながら観るのも楽しむ方法の1つである。またその時間経過と共に変化していく家族の形やそれぞれの形もまたこの作品の奥深さを感じさせる要因の1つである。

挙げたポイントを気にしながら観る事で作品の奥深さが変わってくるので、是非参考にしてご覧下さい。

#酒井崇行 #instagood #instalike #instamovies #movie #review #reviewer #actor #me #japanese #mother #family #love #pleaselike #followme #tagsforlike #わが母の記 #母 #日本 #家族 #俳優 #77
29
20180322

ふたりの母と映画鑑賞

先日、社会福祉協議会の掲示板で見付けた映画無料上映のチラシ。
実家の母と、海外に暮らす友人の母を誘って出掛けました。

文豪・井上靖の自伝的小説を、豪華キャストで描く親子の絆の物語。
父娘、母息子の確執・愛情。

壊れゆく母(祖母)と、それを支える家族それぞれの苦悩とやさしさ。

とても心震える映画でした。
何人もの人を見送ってきた母たちも、瞳から溢れてくるものを
堪えられずにいました。

そうして心のデトックスをした後は、
平日ランチバイキングを楽しんで
解散。

このような時間をくださった、
とくしまボランティア推進センターの
皆さん、ありがとうございました。

#映画#井上靖#わが母の記#とくしまボランティア推進センター#樹木希林#役所広司#宮崎あおい#母の愛#ありがとう
27
#最近見た映画
#アントマン
#ミュータントニンジャタートルズシャドウズ
#シビルウォーキャプテンアメリカ
#マーベル
#大阪物語
#池脇千鶴
#わが母の記
#役所広司
#樹木希林
#宮崎あおい
#龍三と七人の子分たち
#北野武
#マイシネマ備忘録
25
一緒に映画鑑賞なう。

#frenchbulldog #frenchie #フレブル #フレンチブルドッグ #妖精おじさん #秋ですなぁ #樹木希林#役所広司#わが母の記#dogstagram #buhi#instagood #instafrenchie
25
わが母の記 原田眞人監督 井上靖原作
これぞ日本映画‼︎ 文豪 井上靖様の私小説を映画化した2012年公開作品(≧∀≦) 昨夜 鑑賞。
樹木希林さんはどんな母も演じてしまう不思議で、大変貴重な方デス。。 色々な母役で確かにそれはいつもの樹木希林さんなのですが、でも その作品の母親。。 そして、自分の母親とも重なってきます。。
なんとなく 懐かしい感じ、ノスタルジックな⁉︎
井上靖様の作品 何十年も前、自分は母と帝国劇場で”蒼き狼”を確かに鑑賞しました。8月デス。。 あの時、自分はあまりに幼く 内容は全く覚えていません。それどころか ほとんど寝てました。。 それでもラストのブルー背景に雪❄️が降るシーンとタイトルは鮮明に(記憶違いかもしれない)覚えています。衝撃でした❗️
お母さん あの時はよく分からなかったけど、ありがとう。
#わが母の記 #原田眞人 #井上靖 #樹木希林
#役所広司 #宮崎あおい
来週、あの日から何十年ぶりの帝国劇場へ。
今回は絶対に寝ることはないデス(≧∀≦)
24
*
母の日
*
亡き母に思いを馳せて
名作『わが母の記』鑑賞
*
広大無辺な母の愛に感謝
お母さんありがとう
*
#わが母の記 #役所広司 #樹木希林 #宮崎あおい #南果歩 #キムラ緑子 #ミムラ #三浦貴大 #原田眞人監督 #井上靖 #第35回モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ #第36回日本アカデミー賞優秀作品賞
23
‪今までに観てきた映画‬
‪。。。‬
‪『#エンド_オブ_ホワイトハウス 』‬
‪『#わが母の記 』‬ ‪#dTV鑑賞 #DVD鑑賞 #映画鑑賞 #癒しの時間 ‬
‪#洋画好き #邦画好き #アニメ好き #海外ドラマ好き #国内ドラマ好き #映画好き ‬
14
*
何年も前に途中まで観た
映画『わが母の記』鑑賞
*
ずっと抱えていく思い
親の愛 子の思慕
時が経つと受け止め方が変わる
*
切なくて美しい映画です
いい涙を流させてもらいました
*
樹木希林さん
役所広司さん
本当に素晴らしい
*
奇しくも今日は母の命日
大好きな父母に思いを馳せて...
*
#わが母の記 #役所広司 #樹木希林 #松竹映画 #もっと映画観たい #映画館好き #邦画好き
13
今週は明日、明後日(20,21日)が休みです!
22日(日)は営業いたします(^^) 本日は文庫本
映画化原作本を集めてみました!

#みのたけ書店
#大阪 #東大阪 #河内小阪
#大阪の古本屋
#映画原作本
#紙の月 #白ゆき姫殺人事件
#わが母の記 #おおかみこどもの雨と雪
#桐島部活やめるってよ #半端者
#探偵はBARにいる


#侠飯 #村上海賊の娘
12
#cinema #movie #映画 #邦画 #わが母の記 #役所広司 #樹木希林 #宮崎あおい #ミムラ #菊池亜希子
忘れていくけど気づくこともある
11
樹木希林映画で夕ごはん。#樹木希林 #タイ風スープうどん#Blu-ray#わが母の記
11
#ピチモ受賞歴
・ 第16回高崎映画祭 最優秀新人女優賞『EUREKA ユリイカ』(2001年)
・ 第11回日本映画プロフェッショナル大賞 新人奨励賞『EUREKA ユリイカ』(2001年)
・ 第23回ナント三大陸映画祭 主演女優賞『害虫』(2002年)
・ 第15回日刊スポーツ映画大賞 新人賞『害虫』(2002年)
・ 第50回ザテレビジョンドラマアカデミー賞『純情きらり』(2006年)
・ 第44回ゴールデンアロー賞 放送賞『純情きらり』(2006年)
・ 第15回橋田賞『純情きらり』(2007年)
・ 第41回演劇新人賞『星の王子さま』(2006年度)
・ 第45回ギャラクシー賞 テレビ部門 個人賞『篤姫』(2008年)
・ 第59回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞『篤姫』(2009年)
・ エランドール賞 新人賞(2009年)
・ 第33回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞『少年メリケンサック』(2010年)
・ 第24回日刊スポーツ映画大賞 主演女優賞『ツレがうつになりまして。』『神様のカルテ』(2011年)
・ 第35回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞『ツレがうつになりまして。』(2012年)
・ 第36回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞『わが母の記』(2013年)
・ 第37回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞『舟を編む』(2014年)
・ 第40回山路ふみ子映画賞 山路ふみ子女優賞『怒り』(2016年)
・ 第29回日刊スポーツ映画大賞 助演女優賞『怒り』『バースデーカード』(2016年)
・ 第40回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞『怒り』優秀助演女優賞『バースデーカード』(2017年)

#宮﨑あおい さん
#高崎映画祭
#日本映画プロフェッショナル大賞
#ナント三大陸映画祭
#日刊スポーツ映画大賞
#ザテレビジョンドラマアカデミー賞
#ゴールデンアロー賞
#橋田賞
#演劇新人賞
#ギャラクシー賞
#エランドール賞
#日本アカデミー賞
#山路ふみ子映画賞
#EUREKAユリイカ
#害虫
#純情きらり
#星の王子さま
#篤姫
#少年メリケンサック
#ツレがうつになりまして
#神様のカルテ
#わが母の記
#舟を編む
#怒り
#バースデーカード
#ピチレモン #ピチモ
#ピチレモン卒業生
11
過去映画 2012①

#ニューイヤーズイブ
#アントキノイノチ
#リアルスティール
#しあわせのパン
#ものすごくうるさくてありえないほど近い
#日本列島いきものたちの物語
#麒麟の翼
#キツツキの雨
#ドラゴンタトゥーの女
#フィフティフィフティ
#長ぐつをはいたネコ
#ヒューゴの不思議な発明
#僕達急行A列車で行こう
#ももへの手紙
#ファミリーツリー
#虹色ほたる永遠の夏休み
#わが母の記
#宇宙兄弟
#ポテチ
#幸せの教室
#幸せへのキセキ
#ダークシャドウ
#ミッドナイトインパリ
#スノーホワイト
#ワンデイ23年のラブストーリー

#映画
#映画鑑賞記録
8
#わが母の記#井上靖#会社で読む本#仕事中に読む気満々#小説は会社でしか読まない#読み終えたらHuluで映画#仕事サボってる訳ではありません
8
『わが母の記』
映画

現代には見られなくなったようなどことなく懐かしい感じの家族風景や景色。親子のすれ違いと、歩み寄り。

とにかく樹木希林がとても良かった。

#わが母の記#役所広司#樹木希林#宮崎あおい#映画
4


#EIGASAI ってゆう、
日本映画が無料で見れるイベント。

#わが母の記 を見たけど、
それはそれは感動しました。。

確執のあった母がアルツハイマーになり、
そんな母からの聞かされる真実。。


あたしと旦那さんは泣いてたけど、
なぜかフィリピン人は爆笑してた。。

きっと平均寿命60歳のフィリピンでは、
アルツハイマーって病気の認知度が低いんかな☹️
樹木希林さんの名演技の度に
会場が湧くくらいの笑い声。


温かい映画で心が洗われ、
文化の違いも感じた1日でした。。。。✨
関連する商品
口コミ投稿数ランキング
リンク