天の茶助を見逃した人必見!やらせなしの口コミと視聴可能な動画配信サービスまとめ。

天の茶助を見逃した人必見!やらせなしの口コミと視聴可能な動画配信サービスまとめ。
動画の評価総合

「うさぎドロップ」のSABU監督が、自身の書き下ろし小説を映画化。天界のお茶くみ係が、恋した女性の危機的運命を変えようと下界に降り立ち奮闘する。出演は「家路」の松山ケンイチ、「愛と誠」の大野いと、「HANA-BI」の大杉漣、「あしたのジョー」の伊勢谷友介、「交渉人 真下正義」の寺島進、「くそガキの告白」の今野浩喜、「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」の山田親太朗。


この動画が見れる動画見放題サービス

  • dtv
    dtv見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2019/11/17
    dtvとは、映画・ドラマ・アニメ約12万作品が月額500円(税込み)の動画見放題サービスです。今なら31日間無料おためしあり。

  • dtv
    U-NEXT見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2018/08/26
    U-NEXTとは、動画見放題8万本、動画レンタル(ポイント作品)4万本、書籍・漫画・ラノベ・雑誌など…多彩なコンテンツを楽しめるサイトです。今なら31日間無料体験あり。

  • dtv
    amazonプライム動画
    プライム会員特典
    動画の評価
    最終チェック日:2018/08/26

口コミ

残念
もう少し考えて作ってほしい。
おしい作品。本当に残念。
邦画の悪いところが詰まってる。
2018/4/11
意味深くて面白い
大野いとさんと松山ケンイチさんが好きでこちら見てみました。暴力シーンが多くて苦手ですが、すごく意味深くて色々学べました。
最後感動しました。ありがとうございました。
2018/1/22
1人1人の人生がシナリオに。。。
「天の茶助」て何?・・・天使の話???と思い観ました。
松山ケンイチを見たかったこともあります。
天界の脚本家(?)達が下界の人間1人1人の生きざまをシンリオとして巻物に書き込む事で1人1人の人生が決定されると言う映画です。
茶助(松山ケンイチ)が下界に降りて、そのシナリオに抵抗すると言うお話です。

何を言いたかったのか?
訳が分かったようで分からない映画でした。
暇つぶしには十分な内容の映画でした。

手をかざすだけで病気を治せる茶助のような人が、現実の世界に現れることを願いたいですね。←(これは映画のお話です)
2017/10/3
どうしてこの展開なのか?邦画はこれだから・・・
 テーマ曲が好きだったのでずっと見たいと思っていた作品でした。ようやく見ることができたのに・・・
ほかのレビューにもありましたが、映画のコンセプト、テーマはいいのに、どうして途中からああいった展開になるのか意味不明です。外国の映画祭の出品作品なんでしょう?外国人ってあのような奇をてらった内容が好きなんでしょうかね。風景長回しの映像を西洋人は好むようですので。(北野たけしの映画はその最たるもの)
 映画の途中から「なんで?」「どうして?」って話が分からなくなりました。監督をはじめ作品を作っている人は話の流れがわかるんでしょうが、見ている人は全く意味不明に感じてしまう。そういった展開が邦画は多いように感じるのは自分だけでしょうかね・・・
 テーマであると思うのですが、「人生のシナリオは必ずしも完全なものじゃない。その人の強い意志によって変えられるんだ。」といったものがどうも十分に伝わってきていません。
 テーマ曲、松山ケンイチ、大野いとが良かったので星3つです。
2017/5/28
わざと無駄な脚色演出をした映画
すっと見れない映画だと思いました。コンセプトは面白いのに、なんでそんなおちゃらけた展開や意味不明な展開を用意するかなと。それがこの監督の芸術性なのでしょうが、一般人の自分は受け入れられませんでした。
2017/5/19
”人生は変えられる” ”運命なんて糞くらえだ” ”照る日、曇る日、色々あるぜよ”
天上界。
そこでは数えきれぬほど多くの脚本家が白装束で巻紙に向かい、
下界の人間たちの 「シナリオ」 を書いていた。

人の運命は、大方的には天上界の脚本家の描く 「シナリオ」 で決まって行く。
だが、こうしたい、ああしたい、など強い ”思い” や ”祈り” がある人には、脚本家がそれに答えようと
あの手この手を使い、本人にサインを送って来る。それを見逃さない事だと。

ハイライト・シーンで、天を仰ぎ、”ゆり” が ”茶助” を救いたい一心で ”茶助” を抱きしめながら、
「”茶助” さーん」「”茶助” さーん」と、泣きながら ”天に祈願” し続ける。

”ゆり” の人としての ”茶助” を想う、助けたい一途な強い ”祈り” が天上界の脚本家に届き、
「シナリオ」 が描き替えられ運命が変わり ”茶助” はこの世に蘇生した。
まさに、奇跡の瞬間だ。

見事この世に蘇生した ”茶助” の後日談として、海辺の砂浜を ”茶助” と”ゆり” が
2人で仲つつまじく手を繋ぎながら、なにやら楽しそうに話しながら歩いている。”茶助” は思う。
「あの時、私は確かに ”ゆり” の声を聞いた。そして、永遠より生きる事を選んだ」と。

さらに ”茶助” はこうも付け加えている。
「人の ”祈り” の力は絶大で、斬新なだけの 「シナリオ」 なんかよりも何倍も尊くて、だから、
諦めずに ”祈り” 続けていればきっと新しい人生の 「シナリオ」 が始まる・・・・」
「”人生は変えられる”」
「”運命なんて糞くらえだ”」
「”照る日、曇る日、色々あるぜよ”」と。

人の人生は、大方的には 「シナリオ」 がある。だが、その人のああしたい、こうしたいなどの ”思い” や ”祈り” が
強い場合、それが天に届き、”運命は変えられる” 。と、云うことです。

邦画版、クラウド・アトラスって感じの作品。
クラウド・アトラスが永遠不滅の魂、魂の修行の旅路を描いた、輪廻転生を映像化した作品だが、
本作品は、もっと部分的に、今世に焦点をあてながら、あの世とこの世の関わりのシステムを映像化している。

これを読んでくれた貴方に、是非おすすめしたい作品。
涙なしでは観られない・・・・
2017/1/30
楽しく見ました。
松山ケンイチが好きなので見ました。すごくお勧めというわけではないけど、ストーリーはワクワクしながら見られます。暴力シーンは多いけど、超能力的でやっちまえ~と思うところで、ばしっと「やってくれた!」という爽快感があって、後味が悪いものではなかったです。沖縄の祭りの風景は、何パターンも出てきて、長いですが、それぞれ気味が悪かったり、衣装やメイクがかっこよかったりして、私は好きです。ストーリー展開的に読めてしまう面もありましたが、期待しないで見たら、結構楽しめた、って思えると思います。
2017/1/28
ファンタジーよりはヒューマンドラマ
ファンタジーのジャンルで作品を探して巡り合ったので、期待していたものよりだいぶ血なまぐさく、設定以外はアクションっぽかったです。
人生はすべてシナリオで決められているという運命論と、本人の強い意志があれば運命なんて変えていけるというメッセージ性が強く表れた作品でした。他のレビューでもあった通り、主人公の妹の玉城ティナはかなりインパクトがありました。やくざが絡むのは、作者の作風なのかもしれませんが、あまり好みではありませんでした。
主人公が地上に降り立ったときの踊りのシーンがやたら長く、民族性、後半へのメッセージが込められていたのかもしれませんが、あそこまで長くする必要はあったのかなぁと疑問です。
結びはあっさりと、前向きに締められていてよかったと思います。
2017/1/27
前向きなファンタジー
よくある設定で、ジョーブラックによろしく系の話だが、
人間の愛や思いには運命も変える力が有るというメッセージがあって
後味悪くないです。
2017/1/24

Twitter

茶助「絶対に治してやる!」 #天の茶助 #SABU #松山ケンイチ #大野いと #大杉漣 #伊勢谷友介 #玉城ティナ #映画 #沖縄
映画『天の茶助』公式tumblr で最新情報をc #天の茶助 #SABU #松山ケンイチ #大野いと #大杉漣 #伊勢谷友介 #玉城ティナ #映画 #沖縄
茶助「最悪のシナリオを生きている人々を最高の人生 #天の茶助 #SABU #松山ケンイチ #大野いと #大杉漣 #伊勢谷友介 #玉城ティナ #映画 #沖縄
種田「すごいアクセス数なんです」
茶助「何ひとの #天の茶助 #SABU #松山ケンイチ #大野いと #大杉漣 #伊勢谷友介 #玉城ティナ #映画 #沖縄
茶助「こうなりたい、こうしたいと願う気持ちが強い #天の茶助 #SABU #松山ケンイチ #大野いと #大杉漣 #伊勢谷友介 #玉城ティナ #映画 #沖縄
天界ー。そこではたくさんの脚本家が存在し、下界で #天の茶助 #SABU #松山ケンイチ #大野いと #大杉漣 #伊勢谷友介 #玉城ティナ #映画 #沖縄
関連する商品
口コミ投稿数ランキング
リンク