ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦は見るべき?見ないべき?視聴可能な動画見放題サイトまとめ。

ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦は見るべき?見ないべき?視聴可能な動画見放題サイトまとめ。
動画の評価総合

1975年に始まった『秘密戦隊ゴレンジャー』から『海賊戦隊ゴーカイジャー』までのスーパー戦隊35組、199人のヒーローが登場するシリーズ35周年記念映画。宇宙帝国ザンギャックと黒十字軍の連合軍にスーパー戦隊が立ち向かう。監督は、「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕」の竹本昇。


この動画が見れる動画見放題サービス

  • dtv
    dtv見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2018/12/17
    dtvとは、映画・ドラマ・アニメ約12万作品が月額500円(税込み)の動画見放題サービスです。今なら31日間無料おためしあり。

口コミ

鳥肌立っちゃった・・
ゴレンジャーで幼稚園くらいだったかな。。。
バリブルーンカッコよかった。。

そうか・・199人もいるのか。
スーパー戦隊凄い!
2018/7/13
後世に残る作品
 スーパー戦隊の歴史たどる時必ず観ておくべき作品。先輩達の気持ちや思いは、後世のスーパー戦隊達に確実に伝わっている‼️
2018/6/7
感謝。
良かった。大変に満足しました。

突っぱねあっている者どうしが同じ目的のために力を合わせていく中で心を通わせていく、よくある展開ではあるのですが、両戦隊のキャラを大切にしながらうまくまとめていました。

全編通して無駄なシーンがなく、ひとつひとつ丁寧にストーリーが展開した印象です。

倒したと思ったら次、倒したと思ったら次と、ジェットコースター的な戦いも良かった。終わり近くの展開は「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」を彷彿とさせるような、別の方面の懐かしさも感じさせてもらいました。

最高です。
2017/11/26
最高傑作
あらゆるヒーロー映画の中でも最高傑作。特に最初のゴセイジャーのOPをバックにレジェンド大戦のシーンだけでも感動できる良い映画です。かつてスーパー戦隊を見ていたあらゆる世代の人におススメ。
2017/9/8
楽しいですねぇ
私はこのいい歳にして特撮、特に戦隊ものが好きでコラボしているDVDを探してました。
特にこの注文していたDVDがあった事にすごくうれしく思っていて
きた時は嬉しかったです。

勿論、DVDなどの梱包はよかったです
2017/9/4
これは楽しい
バトル中心ではありますが、面白いです。スーパー戦隊大集結の場面も必見です。ラストのフルで流れるEDも最高!いい歳こいたおばさんが感想述べてますが、戦隊大好きなら歳は関係ないですよねwww
2017/8/29
こんなもの今どきの子供が楽しめるのか?
正直、今の子供は楽しめないだろうかも知れない。 でも、お父さんは涙ものです。 ラストバトルであのマシンとあの曲はないですよ。
2017/1/10
ずいぶん前に買いました・・・・。
今頃の評価ですが、子供も夫も夢中になっていました。これまでのスーパー戦隊が集合して、またストーリーもなかなか良かったです。全戦隊が戦うシーンは圧巻でした。
2016/11/10
スペシャル
超が付くほどの豪華版ですね♪
懐かしの戦隊から我が子も見ている平成戦隊まで揃っているから最高です(^^)/
2016/8/8
お祭り
ストーリーよりスーパー戦隊集合のお祭りとして見る感じで。
過去の作品の俳優さんも出ててとても懐かしいです。
ファンなら楽しめるさ作品です。
2016/3/21
面白かったです。
子供の頃見ていた戦隊〜初代戦隊
ゴレンジャーまでとても楽しめました。

うちの息子は、昔の戦隊好きなので
大喜び。
2013/2/2
いいよ。
3歳の息子の為に購入。
車内用で利用しています。長距離移動時には大活躍!
2013/10/5
熱い作品です
子供たちが戦隊ものを見るようになるまでは、戦隊とは距離を置いていました(ジャッカー電撃隊の一部を見たくらいで)。
そして子供たちが小さい頃に、ギンガマンとアバレンジャーおよびその前後の作品を少し見たくらいでした。

ところがゴーカイジャーに最近はまってしまい、関連の作品をことごとく視聴しています。
ゴーカイジャー冒頭で少しだけ説明されていたレジェンド大戦について、本作品の冒頭ではかなり詳しく見ることが出来ます。
大戦直後の変身する力を失ったヒーローたちの姿も、少しだけ・・・。
(それにしても数年のうちに散らばったレンジャーキーをほとんど集めるなんて、赤き海賊団とマーベラス凄すぎ・・・w)
ゴーカイジャーvsゴセイジャーの流れは自然で、護星天使は当然ながら地球のために熱くなって、一方海賊たちは関係ない風を装いながらも、互いに理解を深めていく様子は良かったです。ゴーカイジャーが地球とは関係無い、ってところから始まっているのがいいんですよね。
それとは別に何人もの熱いレジェンドたちの姿が描かれているのが、レジェンドをほとんど知らない私にも胸に迫るものがありました。
もっとたくさんのレジェンドたちを出して欲しい、という気もしましたが、まとまりなくなってしまうからあのくらいがちょうど良かったのかな。。。
皆が大切にしていたおもちゃが、という流れも、歳くった私にはぐっとくる演出でした。

それにしてもTVの方でアイムが言っていたように、この星は何と多くの勇者たちに愛されているのでしょうか。
EDにうつるレジェンドたち、皆はわからないんですがとても良いですね。

ゴーカイジャーのおかげで、過去の戦隊作品も観たくなってしまいました。
全部は大変なので、要所を抜粋で見ることが出来るようにならないかなあ、と思っています。

ついでに笑い話ですが。
すみませんデンジマン知らないもので、デンジパンのところのマーク、何でエコって書いてあるんだろう・・・と最初分かりませんでした。
エコ、じゃなくて D の意匠なんですね。。。

質問:
本商品の説明のところで、レジェンド大戦に192人の戦士が、とありますけど、199からゴーカイジャー6人を引いたら193ではないの? とか思いました。誰か忘れてるんでしょうか・・・?
敵となって戦う戦士が176人、は、192人が正しいならそこからゴセイジャー6人とバスコがまだ持ってる10本を引いてぴったり合うんですけど・・・。どこか間違えてるんでしょうか、どなたか教えていただけるとありがたいです。
(足し算できちんと数えるべきでしょうかね?)
2014/10/3
おっさんおばさんホイホイ!
自分の直撃はデンジマンです。
毎年どんな戦隊か程度チェックしていた方、知っていた方なら感動ものですよ!

子供がゴセイジャーから見始めたので丁度35周年ゴーカイジャーに
当たりとても幸運だと思っています。

この映画もまさかの多彩なゲスト(特にゴーグルブラックとダイナピンク)
に恥ずかしながら涙腺崩壊しました!劇場2度見です。
TV本編もゲスト出演がかなり多く私にとっては別格な戦隊です。

次回の映画もなんとギャバンと共演だなんて明らかにオイラ世代が
ターゲット!!やるな東映。
2011/11/28
スーパー戦隊映画の最高傑作!!
正に、そう呼ぶに相応しい作品だと思います。
主役は最新のゴーカイジャーとゴセイジャーですが、他にも歴代の戦隊ヒーロー達が何人も登場し、様々な形で関わってきます。
ラストは特に、スーパー戦隊ファンなら感動の展開だと思います。
また、冒頭のレジェンド大戦も本編より更に詳しく描かれており、実は意外な戦士達も参加していたことが明らかになります。
劇場で観た人ももう一度、まだ未見の人も是非見てください!
こんな時代だからこそ、より多くの人に見てほしい…そんな素敵なヒーロー映画だと思います。
ちなみに、この映画はTVシリーズともしっかりリンクしてるので、これを知っていると「ゴーカイジャー」本編をより楽しめます。(時系列でいえば、16話と17話の間くらいです)
2011/11/21
戦隊ものの魂を観る!
 素晴らしい!としか言えない。

 純粋に、SF映画としての出来も良く、CG等もうまく使われている。
 レジェント大戦については、すでに他の方々が書かれているように、初期から見ている世代には感涙で、誠さんがそのまま声をあてているのがうれしいところです。

 印象にのこる名言も多く、序盤の、生きる気力を失くした人への青梅、梅子、亮がかける言葉や、その言葉で生きる気力を取り戻した人が終盤に絶望した人々へ投げる言葉、子供たちの純粋な言葉等、各所に人生の教訓的な言葉がちりばめられている。

 もうひとつ、歴代の戦隊戦士からの呼びかけが、歴代の戦隊ソング歌詞の熱いメッセージと成っていることにも注目できる。
 (もともと、戦隊ソングの歌詞には熱いメッセージがこもっているので、一度見直して見ると面白いですよ。)

 最初の、レジェント大戦で泣き、中盤のゴーカイジャー覚醒で泣き、終盤の声援〜「バリブルーン」との熱き叫びで泣き、と終始感動しっぱなしでした。

 大人にも、純な子供の心に戻って見て欲しい作品です。

 本編だけでなく、メイキングやt−クも見ると、一層楽しめますよ。
2012/1/6
栄光のレジェンド戦隊。
いままではコレクターズパックを買うようにしていたのですが、
冷静になって考えるとBDを買ったのに特典DISCはDVDと言うのがどうにも腑に落ちません。
ジャケットは確かにコレクターズパックの方がカッコいいですが、
けれどあんまり見ない特典DISCや私的には興味のないオマケのために、
プラス◯×円を払うのもそろそろ卒業しようと思ったのです。

その辺りを振りきってみれば、
非常にコストパフォーマンスは良いですし、
なによりも作品自体がスーパー戦隊映画史上に残る傑作!
お小遣いの厳しいパパ族も、エイヤッ!と割りきって
通常版に切り替えてみてはいかがでしょうか?
2011/12/15
冒頭のレジェンド大戦の迫力がすごい
ゴーカイTV版1話冒頭のレジェンド大戦の模様が劇場版では更にクローズアップされ、
ゴセイグレートを破壊されて地上でザンギャックと白兵戦に臨むゴセイジャーの視点から始まり、
秘密戦隊ゴレンジャーのアカレンジャー、ジャッカー電撃隊のビッグワンをエリとモネが
既に知っていたりと、過去の戦隊とのクロスオーバー作品であることを視聴者側に促しつつ、
カーレンのシグナルマンやギンガマンの黒騎士、デカレンのボスやスワンさん、マジレンの
ウルザード夫妻が応援にかけつけたりと、TV1話では姿を見せていなかったメンバーの顔見せもあり
「199ヒーロー」のタイトルに偽りなし。
そして始まるレジェンド大戦では個々のレンジャーに新たなセリフが追加され、
劇場版に登場するレジェンド戦隊のメンバーの戦いも幾つも見られる
(アカレンジャー、ビッグワン、デンジブルー、ダイナピンク、リュウレンジャー、デカピンクなど)。
バックに流れるゴセイのOP歌詞の「愛する星を護るため生まれた運命(さだめ)さ」というフレーズが
似合う死闘と呼べる激戦で、さすがに全国からスーアクやらヒーローショーに携わっている人達を
総動員して撮影しただけであり、映画のスケールの大きさ、地球のピンチを思い知らせてくれる。

個人的には元デンジブルーの青梅大五郎が幼稚園を訪ねた際、
滑り台で遊んでいる子供が手にしていたダイデンジンの玩具を見て
「懐かしいなあ…」とデンジマンとして戦っていた頃を思い出し、デンジマンのOPイントロと共に
当時の映像が流れ、青梅がデンジスパークの掛け声と共にデンジブルーに変身するのを見た時、
一度もデンジマンを視聴したことが無いにも関わらず泣きそうになった。
そして終盤、ゴレンジャーのテーマに乗せて全戦隊のロボとマシンが黒十字城に立ち向かうシーンで
また泣いた。ここまで泣ける戦隊映画も珍しい。
2011/8/7
これぞ、サウンドトラック!
スーパー戦隊、いや特撮ヒーロー史においても、
傑作と言っても過言ではない『スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』サウンドトラックの登場です。
ポイントのひとつは、
劇中の使用順に併せて曲順が決められている事。
本来は基本中の基本のはずなのですが、
最近何故かおろそかにされている作品が多いので目を引きます。
そして作品を彩る様々な楽曲の数々。
ゴセイジャー、ゴーカイジャーは当然として、
客演扱いのデンジマン、ダイレンジャー他の劇伴も当然収録しています。
これはゴーカイジャー全般に言えることですが、
シリーズを通じて日本コロムビアが音楽制作を続けている事が大きいのでしょう。

そして、本編のクライマックスでながれる、
ゴレンジャーの主題歌も勇ましく、
映画オリジナルのスーパー戦隊ヒーローゲッター199で
締める構成は圧巻です。
2011/8/9
少々物足りない。
山下・三宅両氏の新たなる戦隊サウンドマエストロの競演作として
戦隊サウンドコレクターは買っておいた方が良いと思う。
サウンド的にはまずまずだが、いつもの様にブックレットが物足りない。
そういう意味ではゴーカイジャーが好きな人はこれから出るであろう
ソングコレクションやお宝サウンドBOX2〜を購入すれば良いと思う。
2011/6/24
関連する商品
口コミ投稿数ランキング
リンク