オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダーを見逃してしまったあなた!視聴可能な動画配信サービスまとめ。

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダーを見逃してしまったあなた!視聴可能な動画配信サービスまとめ。
動画の評価総合

日本を代表する変身ヒーローシリーズ『仮面ライダー』生誕40周年を記念し、歴代ライダーが総出演する特撮アクション。監督は、テレビ『仮面ライダーオーズ/OOO』の金田治。出演は『ケータイ発ドラマ 激・恋…運命のラブストーリー…』の渡部秀、「BECK」の桜田通、「ALLDAYS 二丁目の朝日」の三浦涼介。


この動画が見れる動画見放題サービス

  • dtv
    dtv見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2019/12/10
    dtvとは、映画・ドラマ・アニメ約12万作品が月額500円(税込み)の動画見放題サービスです。今なら31日間無料おためしあり。

口コミ

良い
おっさん(購入者)になっても、仮面ライダーはカッコいい。子供と楽しみます
2018/8/13
ん?と思った作品
 オールライダー対大ショッカーと似てるんじゃん?と思いましたが所々似ています。
 藤岡さん、佐々木さん、宮内さんがライダーの声をを演じたのが評価と他の俳優女優さんで評価ぐらいですね。
 中身がない作品なので微妙です。
2018/6/3
1号2号以外のライダーは別撮り編集
仮面ライダー40周年記念として昭和ライダーが大集合とおまけでキカイダーも観れる。
しかし、1号2号以外は別撮り編集で繋ぎ合わせ。
最後にいつもの空き地で全員集合するが、ここにはキカイダーやイナズマン、スバットは集合もせず二度と出てきません。
いいところ
・多少リファインされているが歴代首領が観れる喜び
・シャドームーがチラッと観れる
・ブラックとRXが二人同時に戦う
・菅田 将暉の変身シーンが観れる
ダメなところ
・ショッカーグリードが地味過ぎる
・1号2号のスーツのタイツ姿にがっかり
・キカイダー、スバット、イナズマンが出番が3分ほとんと付け足しに怒り
・いくらお祭りでも歴代昭和ライダーをなめ過ぎた扱い
2018/3/31
脚本 米村正二
控えめに言って駄作でした。
1.8k払って劇場でこんなん見せられたらブチギレて帰るレベル。
昭和ノリ・子供向けという魔法の言葉を使えばでどんなでたらめな展開でも許されるらしい。
懐古大好き昭和おじさんはこういうの好きかもね。

今やもう見ることの叶わないであろう翔太郎フィリップのW変身に免じて☆2
2018/1/9
改めて観たら評価が変わりました
数年前この映画を見た時の感想は一言でいうと、ただの「お祭り映画」でした。
途中まではいい感じのお話だったのに、ライダーを総登場させるために強引な展開にしてしまった残念な作品である。しかしライダー40周年のお祭り企画だし、まあ仕方ないか。そう思っていました。

でも2017/10/15現在、AmazonPrimeで無料で見られると知り、暇つぶしがてらに改めて観たことで私の評価は大きく変わりました。

無論、途中までは以前と同じ気持ちで観ていたのです。映司や幸太郎たちがショッカーに捕まり、広場で貼り付けにされているシーンまでは。「ここまでは面白かったんだよなあ」と思いながら観ていました。その後、ご都合主義のような1号2号の台詞を皮切りに逆転劇が始まり、次々と歴代ライダーが現れるのですが、ライダーが一人また一人と登場する度に広場にいた人間たちがライダーの名前を連呼します、ここら辺りから「物語としての話の臭さ」を感じて興ざめする人は多いのではないでしょうか?

でも違うのです、この広場にいる観客たちがライダーの名前を歓喜とともに連呼しているシーンこそが、この作品を最も象徴している屈指のシーンだと断言します。

何故ならば、この作品は映画という表現方法を借りているだけであり、実質は「ヒーローショー」だからです。
つまり、数年前あるいは数十年前に子供だった私達が観たことのある、悪く言えば子供だましの、ストーリー性が薄い「子どもが怪人に誘拐され、何の脈絡もなく颯爽とライダーが現れて、怪人をやっつける正義のヒーローショー」を、作品としてのテイを保ちながら、一本の映画として仕立て上げたものがこの映像作品なのです。

そうした観点を踏まえてみると、今まで不満に思えた各所のシーンも見え方が違ってきます。
あの一般人たちはどうして熱狂的にライダーの名を連呼するのか、ひ弱な一般人なのにダメージを受けたライダーを怪人から守ろうとする「クソダサいシーン」がなぜ存在しているのかも見えてきます。
あの群衆は「大きなお友達」になってしまった私達自身であり、ヒーローショー内での出来事を「現実」として捉えていた子供時代の私達の写し身であり代役です。
だからこそ自分の真横にいる怪人そっちのけで、目の前で変身したオーズを観てテンション上がるし、歴代ライダーが登場する度にその名を連呼するし、ライダーがピンチになれば「僕が助けなくっちゃ!」と分不相応にライダーをかばい始めたりするのです。
更に言うと怪人は怪人でお客さんである大きなお友達たちに手は出さないのも、この映画全体がヒーローショーだからなのです。
おそらくは最後のボスも、本来は会場備え付けのセットでハリボテだから動かなかったのでは…みたいな妄想も膨らみます。

そしてラストでの博士(彼もまた私達の写し身)が自分の子供や若いライダーたちへ贈った言葉は、大きなお友達になってしまった私達が若者たちへ贈りたい言葉であり、その写し身である彼のことをデンライナーのオーナーが語る言葉もまた、ライダー作品製作に関わった人たちから、ライダーを見て育った私達へ送られた言葉だと思います。オーナーとナオミちゃんカメラ目線でドヤ顔ですし。

初見での評価は甘くして星2くらいでしたが、改めて見直した評価は「ストーリーのある映画として統合性を保ちつつ、かつヒーローショーとして作ってくれたらもっと良かったのに」という思いを込めて、辛口評価の星4とさせていただきます。
もちろん「仮面ライダー40周年の記念映像作品」としてなら満点の評価です。
この作品は一度観たものの、あまり高い評価をしなかった「大きなお友達」にこそ、改めてもう一度観て欲しい作品です。

ただ…ライダー以外のヒーロー4人の扱いは、もうちょっと何とかならんかったもんかなー!
2017/10/15
ライダーが好きなら…♪
劇場公開初日に観に行って、ディレクターズカット版のDVDが出たら絶対買うつもりで6年待ち続けたけど、やっぱり?出ないので通常版を買いました。
ストーリーは…まあ、時間警察の黒崎レイジ/G電王がいたら、即座にワールドパニッシュ(必殺技ね)をぶちかましそうな…
デンライナーのオーナーがいたら(いたけど)、「乗車拒否」を喰らいそうなものだったけど、
そういうのを無視して「細けぇことはいいんだよ!」みたいなノリで観たら、楽しめます。
バトルのクライマックスシーン、情報量の多さに「頭がフットーしそうだよおっっ」になれます。
2017/8/4
惜しい!!
世界観、電王などの主演キャラ、戦闘シーンなどは最近の仮面ライダー映画の中でも上位にはいるでしょう。いまいち期待してなかった分、中盤までは「おおお!!」そこでそうなるか!!という感じだったんですが・・・終盤どした!!ほかの人も書いてますが、、、雑なんだよねぇ。。
惜しい!すごく惜しい!
2017/7/23
無理矢理感はあるものの、オーズ好きには嬉しい作品。※一部ネタバレ有
 仮面ライダーOOOの世界を中心に、『仮面ライダー』1号・2号の時間を巻き込んで起きるかつてない騒動を描く、仮面ライダー大集合シリーズ。
 OOOの相棒アンクグリードがメダルを落としたことで歴史を変える大異変が起きてしまう、という物語で、序盤から終盤まではほとんど一気です。大集合作品でありながら他のライダーはほとんど登場せず、ショッカーとショッカーに操られてしまった1号・2号にたった一人立ち向かうオーズたちの奮闘が泥臭く、良かったです。

 時間を行き来できるNew電王(孝太郎)は髪色のせいもありちょっと某Youtuberのような感じですが、主人公電王のいない中を良く盛り上げていました。髪型や諸先輩方への敬語がない所は少し気になりますが、ほとんど孤立無援の中必死に戦う姿とアフレコにいつも感心させられます。
 電王の名脇役、オーナーさんの存在感も、セリフの言い回しも電王シリーズ同様見事。本当に名演です。

 個人的に嬉しいのはいつも背後でモブキャラと化している歴代の大幹部怪人たちが少しとはいえ、喋ってくれるところ。ゲドンの十面鬼は「ディケイド」に登場した型になっているなど当時のままではない人もいますが、懐かしくてそちらにも感動しました。
 できればいつものように岩場での敵味方入り乱れた対決も見たかったです。
 
 以下ネタバレ。

 後半に進むにつれ戦いは苛烈になり、子供に戻ってぐんぐん引き込まれてしまいました。
 最終決戦の歴代ライダー大集合シーンで
・契約モンスターがやられたはずの某蟹刑事がいる
・仮面ライダー王蛇、ガイ等「純粋な」悪役ライダーが混じっている
・何故か仕事をせず大首領の前に会えなく散る歴代幹部たち
・動かない大首領
とツッコミどころが非常に多いのですが、尺の都合でしょうか。

 個人的に蟹刑事さんは『龍騎』の設定を考えると最後大集合できなくなってしまうので、ボルキャンサーは怪人側にいて欲しくなかったですね苦笑
 ミラーワールド(龍騎たちの戦場の名前)には同族モンスターが複数存在すると言えばいい訳になるかもしれませんが・・・

 後はED曲「レッツゴー!ライダーキック」のアレンジ。

 イントロは『仮面ライダーOOO』OP同様、黒人さんのラップ(?)でカッコいいのですが、仮面ライダーGIRLSさんたちの少しのっぺりした歌い方等、アレンジは少しイマイチに。
 映画館では退場し始める人が出るところとはいえ、あまりに原曲を崩しすぎてしまうのもどうかな、と感じました。

 総合的には異常な歴史の変化に必死に立ち向かうOOOの戦いぶりやタマシーコンボのカッコよさ、かつてない電王チームの危機等見どころの多い作品ですが、尺の都合上詰めきれなかったところが惜しかった作品でした。
 歌に付いては個人の感性の問題なので評価には加えず。

 とりあえず、OOOと電王が好きな方にはおすすめです。
2017/7/7
話は良くできています(*^_^*)
どうも近年の劇場版は1号と2号を倒しにかかる風潮がありますね(+_+)

「また電王かよ」感が強いですが、この話は近年で最も優れた話であると思います。

しかし、私の理解力不足なのでしょうけど。
セルメダルを落として現代に帰ってきたとき、その時代には子供ナオキと父親ナオキが同一時間に存在していたのだろうか……。
また、1人歩いていた子供ナオキが何故40年前の記憶を持っていたのか……。

タイムパラドクスざます(+_+)

でも、泣けた~(T△T)
2017/6/8
話は良くできています(*^_^*)
どうも近年の劇場版は1号と2号を倒しにかかる風潮がありますね(+_+)

「また電王かよ」感が強いですが、この話は近年で最も優れた話であると思います。

しかし、私の理解力不足なのでしょうけど。
セルメダルを落として現代に帰ってきたとき、その時代には子供ナオキと父親ナオキが同一時間に存在していたのだろうか……。
また、1人歩いていた子供ナオキが何故40年前の記憶を持っていたのか……。

タイムパラドクスざます(+_+)

でも、泣けた~(T△T)
2017/6/8
歴代仮面ライダー大集合
昭和の仮面ライダーが全員出演しているので、楽しめた。しかし、それぞれの配役が変身するのではないので、少し寂しい気がする。
中には、もう亡くなっている方もいるので、仕方がないと思う。
2014/9/16
強引な伏線回収の昭和感
文字通り、全てのライダーが登場するものの、見せ場を絞った事で話は余り散らからず。
NEW電王(と、イマジンたち)やオーズが主役ではあるが、「仮面ライダー」世代にとってはダブルライダーがメイン。
本郷、一文字の声のダブルライダーが登場すると負ける気が微塵もしないし、敵として登場すれば、えもいわれぬ絶望感が漂う。
他のライダー達とは違う。彼らは絶対的すぎる。
諸悪の根源はショッカーであるが、オーズ&デンライナー陣営とショッカーによる、ダブルライダーの奪い合いになってくる。
そして最後は、ライダーを信じる人々の心が、彼らを正義の側に繋ぎとめた、らしい。
終盤の怒涛のご都合主義ラッシュも、ダブルライダーがいるせいで、昭和番組のノリをそのまま持ってきただけに見えてくるのだから恐ろしい。
2016/3/6
エージは最高の主人公です
細けえこたいいんだよ!かっこいいだろ!すごいんだよ!歌は気にするな!
2015/12/12
最初の、春オールライダー映画
公開時に、放送していたオーズと、NES電王が話の中心になっています。
世界が、ショッカーによって支配されるという、絶望感がただよっていて、今までの様々な組織が出てくる会議もあり、懐かしく思えます。
オールライダーがでるのは、話の最後のほうなので、ストーリーに深くかかわっていなくて残念でした。
しかし、登場シーンで、一人一人のライダーの名前が呼ばれるのが迫力があり、戦っている敵も意味があって感心しました。
そして、サプライズとして、あの懐かしいヒーローが出てきたときは驚きました。
子供も楽しめて、大人たちも楽しめる作品になってるとおもします。
2015/11/22
関連する商品
口コミ投稿数ランキング
リンク