ネイビーシールズ:チーム6を見逃してしまったあなた!動画見放題サイトをまとめました。

ネイビーシールズ:チーム6を見逃してしまったあなた!動画見放題サイトをまとめました。
動画の評価総合

アメリカ同時多発テロの首謀者オサマ・ビンラディン暗殺のためにCIAが計画した“ジェロニモ作戦”。その実態を、実行部隊であるネイビーシールズの精鋭チーム6=DEVGRU(=デブグルー)を中心に描いた戦争アクション。出演は「バーレスク」のカム・ジガンディ。監督は「ブルークラッシュ」のジョン・ストックウェル。


この動画が見れる動画見放題サービス

  • dtv
    dtv見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2020/07/03
    dtvとは、映画・ドラマ・アニメ約12万作品が月額500円(税込み)の動画見放題サービスです。今なら31日間無料おためしあり。

  • dtv
    U-NEXT見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2018/09/29
    U-NEXTとは、動画見放題8万本、動画レンタル(ポイント作品)4万本、書籍・漫画・ラノベ・雑誌など…多彩なコンテンツを楽しめるサイトです。今なら31日間無料体験あり。

  • dtv
    amazonプライム動画
    プライム会員特典
    動画の評価
    最終チェック日:2018/09/29

口コミ

based on true story, well done
a very good summary of things that happened regarding Osama Bin Laden's death. Character development was short and sweet, and the action was saved best for last. Highly recommended.
2018/8/25
Wrong Rating
This is not PG12. Like come on, they show a full-naked woman.
2018/7/16
ゼロ・ダーク・サーティより奥が深い
ゼロ・ダーク・サーティは映画館で鑑賞したがこっちの作品のほうが目線がリアリティでとても面白かった。
キャストも自分が好きなプリズン・ブレイクに出ている俳優さんが二人も出ていてそれだけで興奮した!

どっちの作品もジェロニモことウサーマ・ビン・ラーディンの殺害にいたる経緯を描いた映画であったが2作品鑑賞したほうが他方向から実話のすごさがわかって感動した。
2018/4/18
アクションに期待するな アクションはない そしてストーリーもつまらない
ネイビーシールズ のほうをお勧めする

ネイビーシールズチーム6 はお勧めしない
2018/3/25
無理やり感が半端ない
無理なストーリー仕立てが見苦しい。誰が主人公というか、主要人物なのかわからない。期待しない方が良い。
2018/1/19
ビンラーディンの潜伏場所を特定して殺害したミッションを描いた作品
ドキュメンタリーではなく脚色した映画なのだが、まだ記憶に新しいアメリカによるビンラーディン殺害の話しなので、あの時の模様を詳しく見れるドキュメンタリー映画としても楽しめる。
ただ、そうして見るとチームリーダーが(勝手に?)寝取られ男にされていたりして気の毒ではある。
現地の医師が懲役33年って事だけど、アメリカが頼んだのに守ってあげなかったのかな?これも気の毒過ぎる。酷いアメリカ。

アメリカは世界中でいくつもの戦闘行為を行っているので映画にする材料=コンテンツが豊富にあるなっと思ってしまった。日本も日本にしか無い歴史があるのだから、そうしたコンテンツを作品に仕立て上げて世界に通じる映画を作って欲しい。
2017/10/2
アメリカ万歳映画
アメリカが正義と言わんばかり
やりたい放題やってるからテロの標的になる
アメリカに正義があるというならあっちにも正義があると認めなくてはならない
テロリストが悪というならアメリカだって悪だよ
最後の協力者の待遇を見てそう思ったね
パキスタンの領地でやりたい放題やって正義を振りかざすのがアメリカなりの正義なんだな
残された妻子はどうなるのかね~生きていけないだろうに後始末しないもんな
目の前で旦那や親を殺されて恨まないとでも思ってるのか
2017/8/23
一見の価値あり。
ゼロダークサーティ、よりはショボいですが、見る価値あり。プリズンブレイクの俳優たちが、真剣に取り組んでいるのも好感が持てました。
エポックメイキングな事件に様々な、解釈が加えられるのは良いと思う。日本でもこういう作品が商業ベースになって欲しいです。
2017/8/20
エンドロールが本編
夫婦関係や職場恋愛などの描写が邪魔をして内容が希薄に感じられました
ゼロ・ダーク・サーティの補完として観るとちょうどい良いです

エンドクレジットがドキュメンタリー調になっているので最後の5分が見所。
2017/8/20
意図による
(観る前に読まないほうがよいレビュー)

映画としての満足度は(ゼロを観た後なので、というのを差し引いても)高くない。
装備や演出の考証がいまひとつなのは事情があるんだろうと拝察するが歴史的重大事件を描くには無邪気すぎる脚本。
もう少し客観的/批判的なメンバーを交えて練ったほうがよかっただろう。
あと、戦闘シーンには状況外音楽は要らないと思います。
2017/7/16
浮気したシーン必要なのだろうか
突入チーム、CIAチーム、現地民チームがそれぞれ協力し合い
ビンラディン暗殺にどのように絡んでいたのかが描かれています
潜伏場所に突入するシーンはとても緊迫感があって食い入るように見ました

それだけに同僚の奥さんと浮気したり、CIAの局長と部下がデキてたり
「いる?そのシーン」と思うところが結構ありました
2017/6/28
残念な感じ
ストーリー中の奥さんの話はいらなかった。アクションもソコソコ💦
2015/6/8
不要なシーンが多いと言われるけど
私もDEVGRU隊員の私生活シーンはこの映画には不要かなと思ったけど、Wikiを見ていたら1年目の訓練は年間365日、休暇が半日2回のみと記載があった。
こんな状態だと当然私生活も上手く行かず、理解ある奥さんだとしても流石にこたえそう。
常に軍から訃報の連絡が来るかもしれないという精神状態で、誰かにすがりたい気持ちから浮気をしてしまった…と
逆にリアルな部分として描いているのかなと思ってみて勝手に納得してみたよ。
実際はどうなのだろうね。
2016/6/14
緊迫感あふれる作品
他の方が挙げられていらっしゃるように、本作品は「ゼロダークサーティ」と同一のビンラディン殺害(海神の槍)作戦を取り扱っております。

特徴としては現場の隊員視点を重視していることに加えて、CIA分析官や現地工作員の苦労も垣間見え、作戦に費やされた膨大な労力をうかがい知ることができます。
特に、終盤のビンラディンの潜伏先への突入シーンはとても緊迫感に溢れております。

ご参考までに、その終盤での潜伏先への移動シーンにおいて、2機のヘリのうちの1機が墜落した際、局長がつぶやいた「イーグルクロー作戦」は「アルゴ」として映画化されております。
また、スタッフロールでシール・チーム6のメンバー25人がヘリの墜落により亡くなられた旨が表示されますが、おそらくこれは「レッドウィング作戦」のことで「ローン・サバイバー」として映画化されております。

両作品ともに本作品に負けぬほど緊迫感あふれる映画ですので、ご興味のある方は是非ともご覧ください。
2016/4/9
ゼロダークサーティ見た後なので話が分かったが
同じビン・ラディン殺害を描いたゼロダークサーティとの比較になります。
序盤が少し分かりにくい気がしました。
ストーリーが説明不足というか。
見ていたからこそ「今はあの場面か」などと分かって助かりました。
あと銃撃戦も時間が短くあっさり終わりました。

現地の監視スタッフの話が緊迫感がありました。
その他、ゼロダークサーティでは語られていないエピソードがあります。
興味ある方は両方見てもいいかと思います。

総合的な完成度では劣ると思いましたが、イスラム諸国の紛争に
興味ある私は見て良かったです。
2017/5/19
途中のシーンで間延びしていてそこが残念
ビンラディンを米軍のシールズが襲撃する映画です。
どうやってビンラディンを突き止めて、どうやってビンラディンのいるところに攻めたのかと、その時の状況がよくわかりました。
ライフル銃が決定的だったのですね。

それとは別に、隊員の決闘シーンやプライベートのシーンは省いても良かったのではないでしょうか?
そこが間延びした感じでちょっと残念に思いました。

あとはもうちょっと凝縮して、もう少し長い時間を使って描いて欲しかったです。
最後のラストのナレーションは真剣に見ました。シールズがこの後、結局はやられてしまう事実は知りませんでしたので
面白い映画だとは言えないんですよね。ノンフィクションの世界ですからね。
2016/2/19
素晴らしい臨場感
元となった事件はある程度把握していたので展開は分かっていましたが、最初から最後まで夢中で見れました。
特にビンラディン襲撃作戦決行からエンドロールまでずっと緊張しっぱなしでとても楽しめた!
2015/2/6
緊迫感のある特殊部隊の活躍
アメリカの特殊部隊ネイビー・シールズによる、アルカイダのリーダー、オサマ・ビンラディンの殺害作戦を描いた映画。一部実際の映像を使いながら、緊迫感のある映画に仕上がっています。
思いがけぬところで、自爆テロの怖さを淡々と描いているところなど、命がけの作戦を遂行していく彼らの活躍を、手に汗を握りながら見ました。
2015/11/21
関連する商品
口コミ投稿数ランキング
リンク