仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦は見ないべき?SNSの口コミと動画見放題配信サービスまとめ。

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦は見ないべき?SNSの口コミと動画見放題配信サービスまとめ。
動画の評価総合

東映が生んだ2大ヒーローシリーズ、仮面ライダーとスーパー戦隊歴代の戦士約240人が集結。過去の戦士に変身可能な仮面ライダーディケイドと海賊戦隊ゴーカイジャーを中心に大バトルが展開する。出演は「メサイア」の井上正大、『海賊戦隊ゴーカイジャー』の小澤亮太、「ハードライフ 紫の青春・恋と喧嘩と特攻服」の秋山莉奈。


この動画が見れる動画見放題サービス

  • dtv
    dtv見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2019/09/16
    dtvとは、映画・ドラマ・アニメ約12万作品が月額500円(税込み)の動画見放題サービスです。今なら31日間無料おためしあり。

口コミ

小さい子供は喜ぶかな
大人がからみたらストーリーはめちゃくちゃかもしれないが、観るのは子供達。
いっぱい仮面ライダーとスーパー戦隊が出てくるだけで面白がって観ていました。
3才と5才の息子達はまた観たいと言ってました。
2018/8/20
ディケイドの旅は終わらない
鳴滝がまったく謎の存在のまま。つまりはディケイドの物語は完結していない。そもそもディケイドの物語という物が存在しないのだから、完結する事もないのか。ゴーカイジャーはディケイドが戦隊の世界に干渉したから生まれたような存在で、今回の大戦勃発は、やはりディケイドなのかと勝手に妄想。ディケイドは全ての世界に干渉できる存在で、干渉された世界はディケイド色に染まる。やはりディケイドは存在してはいけないのかもしれない。
2018/7/20
子供だけ楽しめるよ!!
ライダーも戦隊も知らない自分が観てもシナリオ酷い。伏線無しの1時間後のビックリ箱オープン。
ブラックだけ知ってたから「ノブヒコ!」の台詞に感動したかな?
はぁ・・・・・、大人は観ちゃ駄目。 親子で観るなら良いかな?
2018/5/11
敵を欺く前に、まず味方から
ってやりすぎだろ!
伏線も一切なく散々ボコボコにしておいて「実は嘘でしたー!」って悪質なドッキリのような展開
ひどい脚本です
2017/11/28
オチは
士くんが振り向いてくれない世界なんていらないっ!…私が全て壊してやるわ!
2017/10/20
最初から協力しろよ
戦隊、ライダーどっちのファンも不快になる作品としか言いようが
戦闘シーン、全員集合のお祭り感は予算かかってるだけあって最高だが両陣営のファンが得しないシナリオで全部台無し
2つのヒーローが潰し合い。でもハイ、嘘でしたーで共闘を始めてラスボスがディエンドってやるくらいなら
2つの悪の陣営が手を組んだからライダー、戦隊も手を組んで戦隊とライダーが夢の共闘!ってシンプルなシナリオで良かったんじゃないかなぁ
2017/10/16
星のつけようがない
戦隊もの大好きな人間に言わせたら「なんじゃこりゃあ!?」だよ!?何でライダーと戦隊を倒す必要があるのかもわからないし。頑張って最後まで観たけど、海東の壊れっぷりには泣きたくなりました。幾ら敵を欺くにはまず味方から、とは言えね。ゴーカイレッドの「お前達を一度も仲間だと思った事はない」←セリフ不明確。を言われた仲間の身にもなりなさいよ!夢の果てまでついてくって言ったブルーのショックは計り知れないよ!見ている私もショックだったよ!ラストのディエンドのキレっぷりは、私の気持ちを代弁してくれてるみたいだった・笑。ゴーカイジャー大好きな私にとって、この作品は星のつけようがないものです。作った人・・・どうしてこんなの作ったんですか・・・。
2017/8/29
想像以上にひどい
出演する役者に合わせたシナリオがひどい。
出ないヒーローは踏み台扱い。
そのヒーローにもファンがいることをすっかり忘れている。

私は日本の特撮の構成力を素晴らしいと思っているのだが、この作品はそれがなっていない。
カメラワークってのを放棄し、モブと化したヒーローをただ撮影してどうする。

あまり時間の無駄だと思うことはないのだが、これは無駄だと感じた。
役者が出演している作品以外のファンにはメリットを感じない作品。
2017/7/24
たくさん出るので甥っ子は喜んでますが
スーツアクターの体型は注意してほしかった。
純粋な園児の横で観てるおじさんとしてはだらしない体型のヒーローは残念に感じられるのです。
2017/3/20
90分のゴミ
他の方が書いた通り、特撮ファンほど不快な作りの映画(?)です。

冒頭のフォーゼ&メテオのやり取りも『原作見たことあんの?』って感じだし、ラストのディエンドは何あれ?
2017/2/14
最高に豪華なヒーローの茶番劇
他の方のレビュー通りまあつまらないです。観てて不快な程です。これを観るくらいならスーパー戦隊199ヒーローの方をオススメします。そちらは出来がいいです。
2016/4/24
非常に不快である
別作品に昭和ライダーVS平成ライダーというのがあるんですが、展開がほぼ同じです。
ディケイド、ゴーカイジャーのレッドが怪人たちの親玉になってライダーとヒーローを虐殺していくというものであります。

※ネタバレ

最終的に全ライダーとヒーローは生きていて、レッドとディケイドが結託して怪人を騙していた。
みたいな感じで後は、数の暴力で圧殺
ちなみに一番気に食わなかったのが、ゴーバスターズが仮面ライダーカブトのクロックアップを「ただ、速く動いているだけだ!」といってあっさりと攻撃をあてるという暴挙に出るところですね。
タキオン粒子を視認できないといけない高次元の筈なんですけどね・・・・、まあコピーディケイドだから性能劣化したんだろうね
2016/8/10
スーパーヒーローが好きな人ほど不快になる、近年の特撮映画で最低最悪の作品
この作品の三年ほど前に仮面ライダーディケイドの劇場版としてオールライダーVS大ショッカーという作品がありました。
ざっくりと解説すると、実は悪の組織大ショッカーの大首領だったディケイドが、他の仮面ライダーをほぼ全滅に追い込んだ後、自分が騙されたことを知り、なんか復活した仮面ライダーたちと一緒に大ショッカーを倒すという映画です。当時は仮面ライダーが全員集合する機会がほぼなく、脚本は酷いものでしたが、その絵面だけはまあ評価できなくもないといった作品でした。
それでそれなりの売上を上げたから、調子に乗ったのでしょうね。スーパー戦隊も巻き込んで、絵面とインパクトだけ、特撮好きを舐めてるのかという最悪の脚本と演出の作品を出してしまいました。そう、コレです。

その名の通り、スーパーヒーローが戦隊とライダーに分かれて戦います。正直ネタバレしようがしまいがまったく面白く無い映画なのでバラしますが、これは戦隊側のリーダーであるゴーカイレッドと、ライダー側のリーダーであるディケイドが共謀し、敵の作戦を砕くための作戦です。
その作戦とやらのためだけに、戦隊もライダーもどんどん死にます(一応、死んだという体で異空間に匿われてる感じですが)。私の好きな戦隊も、ライダーも、容赦なく殺し合います。
それぞれのリーダーの元で復活を遂げた悪の組織には目も向けず、ヒーロー同士で潰し合いです。
はっきり言いましょう。こんな話を考えた阿呆は辞めちまえ。

ヒーローが好きであれば好きであるほど、人間の自由や正義も関係なく、ただ潰し合うだけの絵面には不快感を覚えるはずです。劇場で見た時、もう途中で抜けだしてやろうかと何度思ったことか。
後の平成対昭和ライダーでも思いましたが、なぜ東映は同じヒーロー同士をとにかく争わせたくなるのか。一時的な誤解や、敵に弱みを握られたり、操られたりという理由で、小規模な戦いを本編のワンシーンに収めるぐらいならば、カタルシスもあって丁度いいでしょう。
ですが、本編の半分以上の時間を、ヒーローがどんどんいなくなる、潰し合いのシーンに当てるのはただただ悲しく、失望させられるだけです。少なくともこんな話を見たいファンはほとんどいないでしょう。スタッフのマイノリティで変態的な自慰行為をまざまざと見せつけられている気分です。

それと、超電王のエピソードイエローなどで仮面ライダーディエンドを好きになった方は決して見ないほうが良いでしょう。ディケイドの後半でも少し怪しい彼でしたが、今回はブッチギリでイカれています。いや、終盤まではまだ良いのですが、終盤が最悪です。それまでの話を全否定する展開、ギャグみたいなオチ。ディエンドが嫌いなのか、ディエンドを知らないのか。エピソードイエローであれほど格好良かった彼は、ここにはいません。

というより、スーパー戦隊シリーズと仮面ライダーシリーズが好きな方は見てはいけない映画と断言していいでしょう。一円足りともこんなモノにお金を払ってはいけません。世に言うZ級映画が好きな方は中古かレンタルで見るのが適当でしょう。コレには相応しいです。
春映画に名作なし。それを確立した最低最悪の作品です。もう二度と見たくありません。
2016/4/16
最悪な駄作
ストーリーがゴミ以下。星1以下の評価がつけられないのが残念。ヒーロー同士のゴミみたいな茶番の潰しあいから始まり。「ハイ、嘘でした。」
でやっと戦隊とライダーが共闘。だったら最初の茶番はいらない。ヒーローだったらどんなでかい悪の組織にも正面から立ち向かえってハナシ。
こんな映画観なくてもヒーローは十分語れる。見た目だけ派手で中身が空っぽ。
2017/1/15
仮面ライダーとスーパー戦隊の本格コラボのお祭り映画
当初、話題を呼んだ作品で、全ライダーと全戦隊がコラボするという、奇跡の作品です。
基本的に、お祭り映画なので細かいことは気にしないほうがいいです。
仮面ライダーとスーパー戦隊のコラボときくと、ディケイドのシンケンジャーの世界を思い浮かぶ人が、すごく多いと思いますが、これは、それをはるかに超えていて、パンフレットでも、こんな企画を考える人はいないといわれていて、オールライダーvs大ショッカーだけでも苦労したのに、それをはるかに超える人数を実現しています。
さらに、戦闘シーンは迫力があり、そのキャラクター数に圧巻します!
最後の戦いで、様々な年代で、仮面ライダーとスーパー戦隊が協力してたたかい、昔の記憶がよみがえり、大人でも楽しめると思います。
最後のロボット戦は、敵がまさかの展開でした(笑)
もう一度言いますが、お祭り映画なので気楽に見てください!
2015/11/22
なるほど
最後迄面白いですよ☆
ちっちゃいこはわかりにくいかも?
よ〜できてるストーリーですし、
大人が観たら、『あ!』ってテンションあがる
かつて自分がみてたヒーローでまくりです☆
2015/5/26
嫌いじゃないわ!(ネタバレ有り)
たまにはいいんじゃないですか?こういうのも。ストーリーは確かに星1も付けたくないくらいはちゃめちゃです。士とマーベラスが大ショッカーと大ザンギャックのボスとなって戦隊とライダーをすべて倒そうとするが、それも作戦で、結局は友情を踏みにじられたヤンホモの海東がキレてビックマシンを動かすもやられる、こんな感じです。ですが戦闘シーンは大迫力です。ゴーオンジャーとキバ、ゲキレンジャーと電王、マジレンジャーと響鬼などの同じ時期に放送されたヒーローが共に戦ったり。それでも充分加点できる内容ではないでしょうか?僕は迫力の戦闘シーンが見れたのと鳴滝の「おのれディケイド!」が聞けただけで満足です。
2017/1/4

Twitter

ゼルグ2章か3章がおわったら
1度本編からそれて

冬映画扱いの小説を書こうと思います

名ずけて
仮面ライダー×スーパー戦隊
スーパーヒーロー大戦 Infinity wars

再び 5人1チームの伝説が始まる
(現在ストーリー構築中です)
仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦の初期案では、現行のフォーゼと前作のオーズ、現行のゴーバスターズと前作のゴーカイジャーを前面に出す作品だったとされ、ディケイドはメインに置かれていなかったんですの。
そしてこの映画のラストシーンは、初期案の名残とも言えますわね。
仮面ライダー×スーパー戦隊-スーパーヒーロー大戦見てるけどこの映画から青いホモ達は中がいい同盟が続くんですよね
仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦の初期案では、現行のフォーゼと前作のオーズ、現行のゴーバスターズと前作のゴーカイジャーを前面に出す作品だったとされ、ディケイドはメインに置かれていなかったんですの。
そしてこの映画のラストシーンは、初期案の名残とも言えますわね。
関連する商品
口コミ投稿数ランキング
リンク