ヒトラー 最期の12日間は見ないべき?Twitter、インスタでの口コミと視聴可能な動画見放題サイトまとめ。

独裁者アドルフ・ヒトラー率いるナチス党の最期の12日間の様子を描いた実話ドラマ。監督は「es」のオリヴァー・ヒルシュビーゲル。製作・脚本は「バイオハザード」シリーズ(製作のみ)のベルント・アイヒンガー。撮影は「es」のライナー・クラウスマン。出演は「クライシス・オブ・アメリカ」のブルーノ・ガンツ、「トンネル」のアレクサンドラ・マリア・ララ、「名もなきアフリカの地で」のユリアーネ・ケーラー、「バイオハザードIIアポカリプス」のトーマス・クレッチマンほか。2004年バンビ賞、2005年ドイツ・アカデミー賞最優秀男優賞、最優秀製作賞、観客賞など受賞。


この動画が見れる動画見放題サービス

  • dtv
    dtv見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2018/11/16
    dtvとは、映画・ドラマ・アニメ約12万作品が月額500円(税込み)の動画見放題サービスです。今なら31日間無料おためしあり。

  • dtv
    U-NEXT見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2018/09/09
    U-NEXTとは、動画見放題8万本、動画レンタル(ポイント作品)4万本、書籍・漫画・ラノベ・雑誌など…多彩なコンテンツを楽しめるサイトです。今なら31日間無料体験あり。

  • dtv
    FODプレミアム
    最終チェック日:2018/09/09
    FODプレミアムとは、一部の対象のドラマ・映画・バラエティー・アニメ・雑誌やマンガが月額888円(税込み)が見放題のサービスです。今なら1ヶ月間無料あり。

Twitter

映画評価
ヒトラー最期の12日間☆3.8
フローズン・タイム☆4.0
悪の教典☆4.0
あそういえば、編集しながらヒトラー最期の12日間観たんですけど
笑って見れたの例のシーンくらいであとはもう見るの辛かった
面白くなかったとかじゃなくて、ただただ観るのが辛かった(:3_ヽ)_
戦争映画は精神マッハで削れるから僕には合いませんわ...
この映画のことですかね?

この映画は「ヒトラー〜最期の12日間〜」という作品で、本来こんなネタになる話じゃないんですよね^_^;
パソコン壊れて暇なので今更「ヒトラー最期の12日間」を観ました
良い映画で、面白いんですが、悲惨です
事実だけど嘘だろ?と思ってしまう
人の命をベットして陣地を取り合う戦争はとにかくクソだし、色々と考えさせられる映画
犠牲者の冥福を祈る
【119】代表作に『ブラジルから来た少年』や『春にして君を想う』などがあり、2000年には『ベニスで恋して』でダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞を受賞したドイツ映画の俳優で、日本では特に『ヒトラー 〜最期の12日間〜』でのアドルフ・ヒトラー役で有名なのは誰?
嘘字幕で有名な総統閣下の『ヒトラー~最期の12日間~』とペニーワイズの『IT』視聴なうです。どちらも嘘字幕と違って重い、暗い……。
エミネムさんの『8mile』は視聴済み。あれは本当に良い映画。
まじか、
ヒトラー最期の12日間って映画借りたはいいものの日本語字幕しかない…
吹き替え無しか!!

よかろう、たまには外国の言葉を聞きながら映画を見るのもまた一興
楽しもうではないか。
(十中八九途中で寝る!!)
おっぱいぷるんぷるん!!とか
チクショウメーー!!
というセリフで有名なヒトラーの映画
ヒトラー最期の12日間を今からゲオで借りてきます(°▽°)
本日の映画はヒトラー 〜最期の12日間〜でした
明るくパーっとした映画を見ようと思ったらいつの間にか「ヒトラー~最期の12日間~」を見始めている
@kazuyahkd2
カズヤさん、今度はネトウヨBAN祭りじゃなくて
ヒトラー最期の12日間という映画があって、そこには空耳があるのでそれを引用して動画投稿をしようとする総統閣下シリーズ投稿者がいるんですけどその人たちが次々BANされています。どうすればいいのでしょうか。

Instagram

9
トランプ米政権は21日、ナチスの強制収容所で看守として働いていた、ニューヨークに住むジャキーブ・パリー氏(95)を国外退去処分にしたと発表した。ドイツが受け入れることで合意したというニュースが流れる中、「おいおい、もう95歳だぜ!」ってな哀れみな感情も湧きつつ、、、。 あれ?もう1回観てみようか。
で観たDVD鑑賞 ヒトラー 〜最期の12日間〜 。
実在した秘書の証言を元に多少デフォルメされている部分はあるでしょうが、ヒトラーという人物の人間性と演じる俳優さんを通して滲み出てくる心情は何度観ても圧巻です。

音声は絶対ドイツ語な。
そして実在した主要人物のそっくりさんだらけ。重い映画ですが、いい映画だとオレは思う。

多くのドイツ人にとってタブーとされてきたアドルフ・ヒトラーに焦点を当てて作られた映画である。
第二次大戦終了間際、連合国の圧倒的な物量の前にもはや敗北を待つだけとなったナチス、そしてその総統であるヒトラーの姿を、極度に擁護するわけでも批判するでもなく、真実の姿としてありありと描き出す。もちろんタイトルどおり、ヒトラーが自殺する12日前からの物語である。
#DerUntergang#ヒトラー 〜最期の12日間〜
関連する商品
口コミ投稿数ランキング
リンク