天空の蜂は見ないべき?やらせなしの口コミと動画見放題配信サービスまとめ。

『容疑者Xの献身』で第134回直木賞を受賞、現代を代表するミステリー作家・東野圭吾が1995年に発表した同名小説を、「20世紀少年」シリーズなどのヒットメーカー、堤幸彦監督が映画化。全長34メートル・総重量25トンものヘリコプターが子供を乗せたままハイジャックされ原子力発電所上空で静止、全ての原発破棄が要求されるという史上最悪のテロに立ち向かう男たちを描く。ヘリに取り残された子供の父である超巨大ヘリの設計士を「るろうに剣心」シリーズの江口洋介が、原子力発電所の設計士を「おくりびと」の本木雅弘が、事件解決の鍵を握る女性を「TRICK」シリーズの仲間由紀恵が、ヘリを奪った謎の男を「そこのみにて光輝く」の綾野剛が演じる。


この動画が見れる動画見放題サービス

  • dtv
    dtv見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2019/05/21
    dtvとは、映画・ドラマ・アニメ約12万作品が月額500円(税込み)の動画見放題サービスです。今なら31日間無料おためしあり。

  • dtv
    U-NEXT見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2018/09/25
    U-NEXTとは、動画見放題8万本、動画レンタル(ポイント作品)4万本、書籍・漫画・ラノベ・雑誌など…多彩なコンテンツを楽しめるサイトです。今なら31日間無料体験あり。

  • dtv
    FODプレミアム
    最終チェック日:2018/09/25
    FODプレミアムとは、一部の対象のドラマ・映画・バラエティー・アニメ・雑誌やマンガが月額888円(税込み)が見放題のサービスです。今なら1ヶ月間無料あり。

  • dtv
    amazonプライム動画
    プライム会員特典
    動画の評価
    最終チェック日:2018/09/25

口コミ

未来を見据えた原作に敬服しました
とても考えさせられる映画で、特に智弘くんのシーンはつらかったです。
高彦くん救出の際の自衛隊員のシーンは手に汗握りました。
大部分が1995年の話で、昔の事を描いていると思ったらそうではなかった事に驚きました。
原作が1995年に書かれていて、その時点で今に問い掛けるテーマだったのですね。
未来を見据えた原作に敬服しました。
2018/9/20
いまいち説得性がないというか共感できない。
そもそもテロ行為で原発反対を訴えても、より堅固な原発を目指す口実になるだけ。
1)他人をヘリから落とす余裕があれば、自分も降りるだろう。
2)ロープを投入したなら人が行かなくても体に結び付ける指示で脱出できるのでは?
3)ヘリを原子炉を止めると同時に爆破すればよかったのでは?
2018/9/5
原作小説のみでいい
オリジナル要素や、突然叫びだすキャスト、不自然な驚き方など、映像化に際して残念な要素が目立ちます。
原作小説が良かったとか、原発に対する問題提起ができたとか、そういう事の前に、単純に映像としての表現がいまいちだと感じました。
原作小説を読むだけで十分です。文字を読んで、頭の中で映像化したほうがよっぽど面白いと思います。
2018/8/18
ねみ。
大好きなえいが
夏になると見たくなります。
映画館での迫力は忘れられません。
2018/7/9
タカヒコぉ〜早く降りr....あーあ行っちゃった。
序盤のタカヒコの「早く降りろぉ〜」のシーン。
めっちゃイライラする。
子供だからしかないけど。
2018/6/9
震災、原発、自衛隊、労災、いじめ
この国の問題を書き出したような2時間16分。一気見しました。
2018/3/29
リアル感に欠ける
ストーリー自体は面白い。だが、豪華俳優陣を配していながら、その俳優たちに「学芸会」もどきの過剰な演技をさせているのがとても残念。全体的に安っぽい仕上がりになってしまった。原作を損なわないよう、違う監督のリメイクを望みたいところです。
2018/3/25
考えさせられるストーリー
原作・予備知識なしで鑑賞しました。

日本のエネルギー・原発の在り方を見てる人に問いかける内容でした。
原発があるから良い、悪いではなくどう存在するべきなのか、そして存在することによってどのような人々がどういった境遇になるのか、何が生まれるのか・・・
多少の演出の過多はありますが、実際に十分に起こり得る内容だと思います。
エネルギーとの共存を今一度、見つめ直してみる良い機会になるかもしれません。
※※※ただ、物語中盤以降に微グロシーンが数回あるので心臓の弱い方やご家族で見る際は注意が必要と思われます。※※※
とあるシーンは本当にゾッとしました・・・

宇宙戦隊キュウレンジャーに出演した田口翔大くんの熱演、大変すばらしかったです!
キュウレン出演のだいぶ前になりますが、役を見事に演じ切り存在感抜群でした。
ナイトの松田さんやビーストの永瀬さんをはじめとする特撮出演俳優の方々が多数出演されており、JAEの方々も携わってます。
アクションやCGを使った豪快なシーンもあるので特撮が好きな人も楽しめると思います。
2018/2/27
かなりメッセージ性の強い作品です
原発について考えさせられる作品でしょう。
作品の内容自体は間の取り方に日本っぽさが見られます。これが僕にはテンポが悪いなと思ってしまいました。アクションシーンはちょっと迫力に欠けます。
後半ちょっとグロいシーンとかあるので、苦手な人は見ないほうがいいかもしれませんね。

話の方は終始緊迫感のある流れで良かったと思います。
2018/1/8
すごくよかった。深く考えさせられる
評価がよくなかったので、期待せずに見たら、面白くて最後まで集中して見れました。
原作の力が大きいと思います。
役者の演技について書かれている方がいますが、気になるのは江口だけ。深みのない感じが、時々、映画の世界から引き戻されてしまいます。
映画のスケールや、役者の演技よりも、最後に明かされる結末と、本編が伝えたいことの深さに鳥肌が止まりませんでした。
本を読んでみたい!と思いました
2018/1/8
良い~!
話の内容もシリアスで真剣さが伝わるお話でした、子役の田口翔大君も名演技で可愛かった~(^-^)
2017/8/18
超おすすめ
レンタルで借りて4回見たけど、また見たくて買ってしまいました。

ドキドキハラハラしっぱなしだし、原発の安全神話や、社会の様々な分断についてもしっかり描かれているので、何度見ても泣けます。買う価値ありです。原作も読もうと思ってます。
2017/2/22
豪華版の意味が解らない
映画館で見て、必ずDVDは買うと決めていましたが、作品自体は映画館ほどの迫力はないものの満足ですが、豪華版の意味が解らない。
Blu-rayとDVDが全く同じものだし、本編の特典映像ぐらいは変化がないと2枚つけてるのは何故?
メイキングもあると信じ購入したものの、一切メイキング無しって…それは無いでしょ
○○版など購入する人は、きっとメイキングが見たくてって方だと思います。
完成披露試写なども、見たことあるものばかり…

これなら通常版で良かったかも
2016/2/9
邦画は苦手ですが・・・。
原作も前知識も無しでの鑑賞です。

原発の是非を問う背景の中に、「家族愛」とか「勇気」とかいろいろなファクターが詰め込まれている作品です。

基本、邦画って「時代劇」以外はあんまり好きな方じゃない私ですが、全体としては結構楽しめた映画でした。
時代背景が20年ほど昔の設定って云うのが良かったのかもしれません。

家庭を顧みなかった「仕事人間」の父親が、我が子の危機に際して親心に目覚めるシーンには身につまされる思いでしたし、その子供を命がけで救出する自衛隊員の行動の描き方には感動をいただきました。

ただ、その後がいけません。
緊迫した状況の描き方に、「手に汗握る」感がない。
似たようなシチュエーションの映画に織田裕二主演の「ホワイトアウト」がありますが、あちらのほうが遥かにハラハラドキドキしました。
「伝えたい事が違う」と、作り手側に云われたらそれまでなのですが、娯楽としての映画としては減点せざるを得ません。

好きな役者ばかりの出演ですし、テーマも現実味があって好きです。
でも、見終わったときの「高揚感」や「満足感」があまりなかった作品でした。
2017/2/17
過剰演出が目立ちます
喜怒哀楽を分かりやすく視聴者に伝えるためかと思われますが、役者が過剰に感情を露わに演技をしており、陳腐な三文芝居を見せられている気分です。
2017/12/10
プラマイで星3つ
映画上映の頃、宣伝を観て面白いのかな~って思っていて、
それがPrimeになっていたので何となく見てみた。
原作は読んでいないが、惜しいなって思いました。
恐らく原作はいい、キャスティングもいい、設定~ん?、演出~ん?
シリアスなサスペンスなのに、えぇっーってところが満載でのめり込めない。
もうちょっと、それっぽく描いてくれないと、これだけ揃えているのにねぇ?
もったいない。
TVの2時間ドラマならまぁまぁだけど、それにしちゃ予算使い過ぎだろうし。
2017/2/18
期待通りの内容
原作は読んだことありませんが、読みたくなりました。

TVコマーシャルのロードショー予告で気になってた作品です。
邦画は、予告編の編集が大変良すぎるあまり本編を観てガッカリパターンが多いですよね。

しかし、本作品は最初から最後までドキドキさせられました。
途中、邦画特有のグダグダ感はありますが、心を休めるのに丁度良かったです。

何を観るか迷ってる方は、とりあえずクリックしてみてください。オススメですよ。
2017/7/19
間違いなくこれは気軽に勧められる作品。
1995年に発売された原作らしいので、東日本大震災の事を知らない時期に書かれた内容だと思って見ると多少驚かされます。緊張感がひたすら続くような、中盤で一旦終わりなのかと錯覚する場面はあるものの終始腹筋入りっぱなしだったんじゃないかと思うほど内容に引き込まれます。あっ、でも小さい子供がいる従兄弟のカミさんは寝ちゃったって言ってました(笑)。仕方ない。
2016/6/4
原作はとても面白い!
3.11の頃に読んだ記憶があり、大変感動したので、映画を楽しみにしていた。
けれど、原作を読んだ感動が、なかなか伝わりづらい映画だった。
ジュラシック・パークは、原作が断然面白い。が、映画は映画なりに面白かった。何度でも見たい、と思わせる。
こちらのほうは、映画は力作だとは思うのだが、小説とは絞る焦点が違うのか?
音楽だけをとれば、ゴジラ映画のようで、確かに日本映画だ、という感はある。
いくつかの付せんを、小説のほうはうまく繋げていっていたけれど、こちらは、少し繋がりが悪いのだろうか?
焦点がぼやけてしまった感じがした。
2017/2/8
原発を忘れてはいけない。
自衛隊に納入予定だったヘリコプターが乗っ取られた。
高速増殖炉の上空でホバリングし、全国の原発を止めるよう政府に要求する話。
2018/5/28
面白かった
非現実的な部分は多少あるが、小説なので面白く一気に読み終えた。
2017/12/16
原発への一撃・・・
原発は必要なのか。不要なのか。

原発に大型ヘリコプターを落とされるかも知れない、
という危険な状況の中で、原発の必要性を問う。

前半は、危機的状況が続きスリリングな展開だった。
後半は、謎解きと人間模様に焦点が当たっていたが、
掘り下げが浅く各個人に感情移入できなかった。

特に、犯人の動機は理解できなくもないが、
非常に短絡的および自己中心的であり、
どちらにせよ目的は達成できなかったと思う。
2017/10/13
20年以上前にここまで書けるとは
東日本大震災が起こる遙か前の1998年に原発のリスクについて問題提起したという点で著者の先見の明というかアンテナの立ち方は素晴らしいの一言。当時はあまり話題にならなかったようですが、良い作品は必ず注目されるタイミングが来るものです。
2017/8/26
先が読めすぎ
たまにドキドキしたが、難易度が低く、先が読めすぎるため、☆2.
2017/8/5
読むのがしんどい。
うんちくが長い。そのせいで、湯原とか赤嶺とか登場人物の言動や行動にイライラしてしまう。特に赤嶺の阿呆女。さっさとフライアウェイしろ。しかもこの阿呆女、キーパーソンでも何でもないし。本当にイラつく小説。ゴミ箱に叩きつけてやる。
2017/5/14
臨場感すごい!
最初は色々技術的な言葉がいっぱい出てきて、文系の私は読み進むのに苦労しましたが、後半はハラハラドキドキ臨場感すごく、一気に読みました。何が善で何が悪かという単純な問題ではなく、考えさせられました。子供達にも、原発の仕組みや、成り立ち、などをしっかり学校で教えるべきだと思いました。大人も単純に反対と声高に叫ぶだけだけではなく、しっかり学ぶべきだと痛切に感じました。
2017/2/16
おいおい、ツッコミ待ちか?
まあ、筆勢はあるから、最後まで読んだが。つまんない事実誤認やご都合主義の連続で苦笑。防衛庁立ち合いによる新型ヘリの領収飛行日なのに、なぜか、ガードマン一人いない格納庫。出身地には決して配属されないはずの現職警察官が、地元に住んで地元愛で燃えている。ヘリ内に居た子供を救出した後も、原発の上空に居るという理由だけでミサイルすら使えない自衛隊。この作者は横から打撃を受けた飛行体が真下に落ちると思ってるのだろうか?おいおい、ツッコミ待ちかと思う記述の連続。ただ、原発の潜在的な危険を正面から取り上げた事だけは評価に値する。この人の本は初めて読んだが、もう読むことはないだろう。一応、最後まで読めたから星二つ。
2017/2/13
ラブ&ピース。
必要と解りながらも、知りながらも、見て見ない振りを決め込む。 必要とは思うが、できたら身近には嫌。 原発ありきの、言動。

金は入る、雇用も産まれる、誘致もしている、だからと言って、立地県だけがリスクを負う、果たしてそれでいいのか? 仕事がないから人が去る、よって過疎化進む、この悪循環を絶ちたいという地元の意思と、電力会社の思惑の合致の結果、原発デパートの出来上がり。

真剣に考えてみるべき課題ではないのか? 少なからず、恩恵を受けている立場として。
2016/12/3
原作派
映画化もされていますが、私は原作の方が好きです。読む価値あり。
2016/10/8
映画で細部を表現できるのか。
2015年に映画化されるようです。

原発ホワイトアウトは原発というより政府に注目した小説ですが、この小説は主に原発に携わる労働者の視点から描かれています。

取材に3年かけて作った作品というだけあり、細部にわたりリアルに表現されています。

最後には犯人に感情移入してしまいます。

この小説を読むのは福島を経験したわれわれ日本人の義務であると感じます。
2014/6/19
映画をみて原作が読みたくなった。
20年前の作品とは思えない、現代にも通じる問題提起の色合いが強い印象だった。
大筋では映画の内容と同じだが、細かなところで設定が変わっている。映画の方が
よりドラマティックな筋立てでハラハラ、ドキドキ感が強かったが、原作はどちらかというと
二人の刑事が犯人像に迫っていくところを静かに描写してあった。残された時間が刻一刻と
迫っていく設定の割にはスピード感が感じられず、中だるみを感じる人もいるかも。
2015/12/2
いま話題の放射能のことが・・・
いまテレビで放送されているシ-ベルトやメルトダウンなどの用語が次々と出てきます。それとともに今の原発の問題もミステリーの中にちりばめられています。ひとつひとつ明かされる事実を元に謎が解き明かされていく展開は見事です。
2011/5/20
恐ろしいほど・・・・
今の問題な気がしました。
怖かったです。
○○のゼロよりも私はこちら派かな・・・って比べる次元が違うかな^^;
2014/9/19
さすが東野圭吾!
読めば読むほど一筋縄ではいかない原発問題。そこにサスペンスやアクションが加わり、オープンエンドで「知らないふりしてはいけないよ。あなたはどう思う?」と突きつけられた感じです。今だからこそ更に重いテーマですが、とても考えさせられる一冊。
2014/12/29
今読んでも新しい傑作
巷の評判が高いので図書館から借りだして読み始めたが、次の人が待っていて、あと百頁で、まできたのだが、やむなく買って読了した。その後映画も観た。
映画もなかなかよく作られていた。傑作、といって良いだろう。但し、映画は原作を読んでからみたほうが良い。どちらかひとつとすれば、やはり原作だ。
2015/11/17
原発事故前に書かれたとは
素晴らしい着眼点でした。引きずり込まれて読み進みました。恐ろしいと思いました、事故が。
2013/10/3
ようやく映画に。
まさにフクシマを予測したようなお話。原因は別にして、危機対応の無さや責任者不在には背筋が寒くなります。
2015/9/10
「東日本大震災と、その後の福島第一原発の事故」を予言!?
上下巻ですが、2冊同時に買って、その日に一気に読み終えました!
原作は相当分厚く、ちょっと買って読むのをためらっていたのですが、マンガだと、一気に読み
終えることが出来ます。

恐らく、原作を相当端折っているとは思いますが、マンガ版でも十分に東野圭吾さんワールドを
感じることが出来たと思います。

まさに「東日本大震災と、その後の福島第一原発の事故」を、予言していたように思える本です。
細部までリアリティのあるシナリオに、感動しました。

なお、色んな本のマンガ版が出ており、中には少し絵が雑な方もいますが、このマンガの作画を
された猫田ゆかりさんの絵は、主人公の人物達の絵も丁寧で、自衛隊ヘリなども精緻に描かれ
ていて、私は好きです。

「原作を読みたいけど、分厚くてためらっている方」に、とてもオススメです。
2015/10/3

Twitter

C-2輸送機の内側見てる時、「こういうのどっかで見たなー。何だったかなー」と考えてたら、思い出した、多分、天空の蜂(映画)だ!
天空の蜂を観てみた。日本映画にしては良かったなぁ。
関連の映画みてみたらアンフェア
映画も全部観られるのか。ストロベリーナイトも。天空の蜂も。MOZUも。……幅広い
現代のエネルギー問題と家族の絆を紐付けただけの映画だった(天空の蜂
なかなか読み終わらなかった『天空の蜂』、読了。次はAmazonプライムで映画観る!
朝ドラではないですが、映画『天空の蜂』では、震災はあったけど原発事故は起きなかったパラレルワールドでしたね。
今日の映画【天空の蜂】原作は東野圭吾。どいつもこいつもしかめっ面で台詞っぽい台詞をいい、悲しそうな場面では悲しそうな、感動的っぽい場面では感動的っぽい音楽が垂れ流れ、事件解決に全く協力し合わずポエムばっかり言い合っていてうんざりする。3.11があった日本で今更原発問題を提起されてもね
『人魚の眠る家』試写。水の事故で意識不明となり眠り続ける娘を持つ母親を篠原涼子さんが熱演。自分ならどうするかと考えずにはいられない。家族や医師、科学者の視点など多方面から描いている。東野圭吾さん原作・堤幸彦監督による映画は『天空の蜂』に続いて私の心に深く刺さった。
天空の蜂の映画を観たけど、これたぶん本で読んだらもっと重厚でガツンとくるやつだ。惜しいことした。映画もとても素晴らしかったけど、2時間じゃ厳しそうな重み。
フォロー外から失礼します。「天空の蜂」映画化されていたので読後に観たんですが、東野映画の中でも私的に1、2を争うくらい良かったです❗映像もオススメです( ・∇・)
Netflixとかの良く無い所は、月額制だから「あー、このクソ映画も見れちゃうのか……ホントにクソだったよなこの映画……」って思いながらうっかり再生したりするところ。
※天空の蜂、おまえの事だよ
※初視聴の素直な感想は「映画館に行かなくて良かった」だからなお前

Instagram

376
とある大変な映画の後に間に合ったので、#人魚の眠る家
#篠原涼子 #西島秀俊 #東野圭吾 #堤幸彦 監督で言うと#天空の蜂 以来か?#坂口健太郎 #川栄李奈
101
明日コレを家に引きこもって観るか、ミッションインパッセボーを映画館に観に行くか迷う…
#天空の蜂
#三度目の殺人
#ミッションインパッセボー
#盆休みを持て余す
95
今日はこれ、観て来ました。

#天空の蜂 #堤幸彦 #東野圭吾 #江口洋介 #本木雅弘 #綾野剛 #光石研 #佐藤二朗 #やべきょうすけ #永瀬匡 #松田悟志 #手塚とおる #向井理 #落合モトキ #竹中直人 #石橋蓮司 #國村隼 #柄本明 #カゴシマジロー #岡田浩暉 #藤井尚之 #仲間由紀恵 #松島花 #石橋けい #秦基博 #Q&A #sumaki映画館2015

東野圭吾の原作を読んだのが約20年前、分厚い文庫本に難解な専門用語のオンパレード、当時本格ミステリ作品を連発してた中で異質な社会派サスペンス、とにかく読み切るのに苦労した思い出しかなかった(笑)
それが今や[予言の書]なんて言われてる。確かにタイムリーであり今の時代だからこそ伝わるモノがあります。
ただ映画を観た後にこの原作を初めて読むのはかなりヘビーかな。それぐらい原作は細部に渡り徹底的なリアリズムに終始したハードル高めな作品だし、映画は良くも悪くもエンタメ感を出しているので。
ラス前からの持っていき方は深い余韻を残す感じで良かったけど、ちょっとハリウッドを意識し過ぎな気もした。
それでも所々泣けたのは豪華キャスト皆が素晴らしい演技。役柄的にはモッくんと綾野剛はかなりハマっていたのと手塚とおるさんの異質さと落合モトキのカメレオン俳優ぶりがとにかく印象的。
52
#今日は何の日 ?・・・と、#綾野剛出演 映画。公開日を #遡る旅路。

#エレクトロニックガール(2009年)
#TAJOMARU(2009年/12.13日先行上映)
#天空の蜂(2015年)

懐かしいですねぇぇ⊂((≧▽≦))⊃♥
48
秦 基博「Q&A」

シングルにもなっていて、2015年リリースのアルバム「青の光景」にも収録されている曲です。

映画「天空の蜂」の主題歌にもなりました✨

それまで聴いていた、しっとり系の秦さんの曲とはちょっと印象が違って、新鮮な感じがしていたのですが、聴けば聴くほどハマった曲です。

#秦基博
#天空の蜂
#青の光景
#私の秦基博集
47
かなり昔の作品だけど、映画を観てみたくなりました❗️特に上空1000mのシーンの出来が、気になります‼️
#天空の蜂 #東野圭吾
42
久々のレイトショー。
#検察側の罪人 ✨
*
まだまだ観たい映画、読みたい本がたくさん。
*
明日から新学期✨次は何読もうかな。
*
*
#映画 #映画鑑賞 #レイトショー #久々 #検察側の罪人 #読書 #東野圭吾 #ラプラスの魔女 #魔力の胎動 #天空の蜂 #映画も観てみたい #次は何読もう #読書記録 #読書の秋 #夏も終わり #明日から新学期 #リズム戻るかな
38
天空の蜂.
.
【鑑賞日】2018.08.30.
. 【自己評価】★★★☆☆ 3.2.

大型ヘリが奪われ原発上空でホバリング、これを落下させるゾと日本国を脅迫する、なんと面白いテーマだろうと期待した前半部分が思ったよりもダルく感じた。ヘリから少年を救出する辺りに少し盛り上がりをみせたが、それでもストーリーは単なる反原発を掲げるテロなのかと思いきや、後半から真犯人に迫る流れの中、最後の最後に真相(ネタバレするのでこれ以上言えない。)が解り、不満だった話の流れも回収出来たあたりで「やはり東野圭吾なんだ!」とこの作品に⭕。でも江口洋介の演技に少し疲れてしまった。。⤵️ #天空の蜂#江口洋介#本木雅弘#仲間由紀恵#綾野剛#堤幸彦監督#東野圭吾原作#映画#ドラマ#アニメ#アクション#SF#サスペンス#ミステリー#ラブロマンス#ホラー#邦画#洋画#特撮#movie#film#cinema
21
#天空の蜂
#東野圭吾
ずっとミネかと思ってたらハチだった
今度映画観てみよう
20
#天空の蜂
#映画鑑賞
原作 #東野圭吾
#江口洋介
#本木雅弘
#綾野剛
#仲間由紀恵
#國村隼
#光石研
#佐藤二朗
#向井理
監督 #堤幸彦
主題歌 #秦基博
20
#天空の蜂 #천공의벌 #江口洋介 #仲間由紀恵

#演技派俳優 #あやのごうの #出演作品 #日本映画 #日本ドラマ #아야노고출연작 #일본영화 #일본드라마 #japanesemovie #japanesetvdrama

#日本 #一番 #イケメン #俳優 #役者 #綾野剛 #あやのごう #japanese #topclass #actor #ayanogo #일본 #일본배우 #연기파배우 #아야노고
13
いつかの映画。①
「日本のいちばん長い日」のワンシーン。
戦争の爪痕深く、天皇や総理大臣らが終戦を
決断し8月15日を迎えるまでを描いた作品。

血が苦手でVシネや戦争映画は避けてました。
でもやっぱり戦争は忘れてはいけないし、
経験してない以上後世に「伝える」努力は
必要だと思い、特に夏は観る様にしてます。

あまりの美しさにパシャっとしたものの、
見方によっては桜の木に残る花びらが女子供、
そこらじゅうに散った花びらが戦死者、
花びらの上を滑走し踏み潰す車が米軍。
ゾクッと震えたワンシーンでした。

もっくんが天皇陛下役なんですが、
役名を見てなくても天皇とわかるくらい
お芝居が秀逸で見応えがありました。
お国のために戦地に赴く者、
「その時」を今か今かと指示を待つ者、
日本の行く末を案じ、既に終戦に向け動く
日本政府。
終戦宣告を受け、自決で志を貫く者。
戦争の裏舞台を垣間見ているようで複雑な
気持ちでした。若い世代にも見てほしい。



#映画#日本のいちばん長い日#戦争映画#本木雅弘#役所広司#松坂桃李#豪華キャスト#戦争の裏側#後世に遺したい映画#世界が平和になる日は#映画大好き#邦画すき#1日1本見てる(笑)#オススメ#麒麟の翼#カラスの親指#天空の蜂#神様はバリにいる#海よりもまだ深く#東京家族#ミュージアム#クリーピー#ぼくたちと駐在さんの700日間戦争#ぱいかじ南海作戦#littleforest#南極料理人#ほんの一部です#love#japanesemovie#awarmovie
11
「天空の蜂」 東野圭吾

映画を見逃して後悔していた作品。
ようやく読めた!

#天空の蜂#読了#読書記録#読書
5
#天空の蜂
#good #映画 #movie
5
#天空の蜂 #原発 #映画
2
#東野圭吾
#天空の蜂
#講談社
2015年映画化(主演:江口洋介)
1
.
さすが映画化されただけあって最高の一言に尽きる。
.
#天空の蜂
1
‪今までに観てきた映画‬
‪。。。‬
‪『#天空の蜂 』‬
‪『#探検隊の栄光 』‬ ‪#dTV鑑賞 #DVD鑑賞 #映画鑑賞 #癒しの時間 ‬
‪#洋画好き #邦画好き #アニメ好き #海外ドラマ好き #国内ドラマ好き #映画好き ‬
関連する商品
口コミ投稿数ランキング
リンク