きいろいゾウは見るべき?見ないべき?SNSの口コミと視聴可能な動画配信サービスまとめ。

お互いの秘密を知らずに、出会ってすぐに結婚したツマとムコのドラマチックラブストーリー。宮﨑あおい、向井理ほか、世代を超えたさまざまな愛情を豪華俳優陣が見せる。木々や動物たちの声が聴こえる妻利愛子(ツマ)と過去の傷を背負ったまま暮らす無辜歩(ムコ)。ある満月の夜に2人は出会い、すぐに結婚する。お互いに秘密を抱えていたが、穏やかで幸せな日々を過ごしていた。だが、ムコ宛に1通の手紙が届き…。監督は「余命1ヶ月の花嫁」の廣木隆一。原作は西加奈子の同名小説。 舞台となる家屋に対するこだわりの強さこそ廣木隆一ならでは!ファンタジックな世界観に対する映像処理も完璧だ!


この動画が見れる動画見放題サービス

  • dtv
    U-NEXT見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2018/10/15
    U-NEXTとは、動画見放題8万本、動画レンタル(ポイント作品)4万本、書籍・漫画・ラノベ・雑誌など…多彩なコンテンツを楽しめるサイトです。今なら31日間無料体験あり。

  • dtv
    FODプレミアム
    最終チェック日:2018/10/15
    FODプレミアムとは、一部の対象のドラマ・映画・バラエティー・アニメ・雑誌やマンガが月額888円(税込み)が見放題のサービスです。今なら1ヶ月間無料あり。

  • dtv
    amazonプライム動画
    プライム会員特典
    動画の評価
    最終チェック日:2018/10/15

口コミ

例のごとく
アクターが、宮﨑あおい、向井理である必要はない独特の世界観のある映画です。
引き込まれるというよりは、一緒にこんな暮らしを想像してみたら楽しいかもしれません。
退廃でもなく、純愛でもなく、人間模様というわけでもなく、
メルヘンのB面といった感じだろうか(笑)
2017/8/12
仲良し夫婦ものと見れなくもない
仲良し夫婦ものなのだが、いろいろあって仲がややこしくなり、でも頑張って仲良く、という感じだな
2017/6/12
やっぱりひとりぼっちでは生きていけない
他人どうしが一緒に暮らしていくなかの日常生活を切り取った映画でした(^-^)
2回観て途中でつらくなって3度目でやっと最後まで観ることができました。
私も動物や植物と交流できる時とできない時があるので‥そんな自分を受け入れてくれる人を大切にしたいと思います。
黙ってそばにいるだけでホッとする人が「運命の人」だとやっと気がついた‥だから、その人のそばにいれることがどんなに貴重で幸せかを深く実感させられる映画でした。
相手を思う気持ちを忘れないでいたら、どんな苦難も乗り越えられると思いました。
2017/5/21
まったくもってつまらない
話の内容が全部浅くてつまらない。
今時なオシャレな感じとか、美味しそうなご飯の映像とか
ほのぼの系かと思いきや、
宮崎あおいの何とも知れないメルヘンな妄想世界
向井理のミステリアスな過去
そして現在見て見ぬふりしてるもの
すべてが中途半端でだからなんなんだ?という気持ちになりました。
2017/5/1
終わり、よければ、それでよし。
最後で、泣かされたっていうか

別に、悲しいってわけでもなく

感、極まったって感じかなー

ま、評価は分かれてる様ですが

それも、感覚。ひと、それぞれですからね。
2017/3/23
自然あふれる中で、神懸かりのヨメと生活する。
自然があふれる田舎で、
イヌやソテツと会話ができる妻利愛子/ツマ/宮崎あおい。
その能力が きいろいゾウに会うことで えられたそうな。 
小説家で、介護施設の職員をしている無辜歩/ムコ/向井理。
やさしく、ツマを うけとめる。二人は 一瞬にして 恋に落ち,結婚した。
しかし、ムコには、背中に トリの入れ墨があり、過去に 好きだった ヒトがいたのだ。
それを、ソテツと話をしながら じっとまつ ツマ。

宮崎あおいでしかできない演技かもしれないと思い
納得するが,神懸かりの嫁さんは もらいたくないな。
2017/3/19
大好き
私はつまらない映画は嫌いだけどこれは嫌いじゃないです。無駄とも思いません
宮崎あおいちゃんと向井理さんがやってて良かった!田舎に住みたくなったし昔見た時は小学生だったのでどういう意味だろう…とかもあったんですけど今は見ていて楽しかったです。一番好きな映画です。
2017/3/2
ゆったりほっこり☆
とてもゆったりした映画でほっこりしました。
泣いたり、笑ったり、怒ったり、すねたり。
奇跡は日常。日常が奇跡。
本当にそうだなあ。と考えさせられました。
私も旦那にイライラしたりするけど、そんなことさえも近くにいられるからこそ生まれるものなのだと。
私はこの映画好きです。また忘れたころにもう一度見たい。
2017/2/5
うーん…
根本的な内容はよかったけれど、なんの意味があってファンタジーチックなところを混ぜているのか理解できませんでした。
木がしゃべるとかどういうこと?!
最後は木も犬もしゃべらなくなったけど…空想好きな妻が現実的になったってこと?
うーん…何度か見たらそこを理解できるのかな?
全く見る気しないけど。
あおいさんが可愛いから最後まで観たけど、一回でお腹いっぱい。
感動場面はありませんでした。
2017/1/20
良かったです
序盤ではただの仲良し夫婦の話?と思ったのですが
「ただの仲良し夫婦」なんてどこにもいないのかもしれないですね。
淡々と続くストーリーかと思いきや、思いのほかいろんな夫婦の深い愛情を感じさせられ、ジーンとしました。
ムコさんの秘密は衝撃でしたが、忘れられない人がいても、ずっとそばにいてくれる人の方が
いつのまにか大切になってたりするんですよね。
ご近所の子供や夫婦とのお付き合いもストーリーを彩り、
宮崎あおいさんの服装やタイルのテーブルなんかもかわいらしく、楽しんで観ました。
また繰り返し観たい映画です。
2017/1/20
涙が出た
淡々と続く物語。

派手な演出も、かっこいい主人公も、セレブな生活もない、ただ淡々と続く生活。

でも、最後に涙が出た。

夫婦ってこんなもんかもしれない。互いにわかっているようでわかっていない。相手が見えない。理解できない。

人間は落ち込むこともあるし、楽しいこともある。孤独で泣きたくなることもある。

み~んな悩んで、落ち込んで、寂しくて、だれかにそばにいてほしくて。でも、言えなかったり抱え込んだり。

淡々と続く物語の中に、いろんな気持ちが感じ取れて、私はすごく深い、いい映画だったと思った。
2016/11/23
夫婦のものがたり
原作を読んだことがあるはずなんだけど
あまり覚えてなかったみたいで、
すんなりと違和感なく見れました。

一番の感想は向井理の顔が小さくて手足が長くて
人間としての比率がおかしいのではないだろうかと
はだかになるたび
椅子に座るたび
思った。

宮崎あおいの拗ねている顔が憎たらしくて好き。

見初めこそ、変な関西弁(なぜこの二人だけが関西弁なのか)が気になってしまったけど
だんだんと、二人だけが関西弁ということはオリジナルな二人だけの言葉なんだと
気にならなくなりました。

妻の暴力のこと他の方のレビューに書いてあって
いつ来るの?と、怖かったけど
長くて怖かったです

夫婦って
わかりあえてるようで
わからなくて
きくのがこわかったり
いつでも聞けると思って肝腎なことをきかなかったり
でも言いたいし聞きたいし
でも言えなくて聞けなくて
泣く!みたいな。

あぁ新婚の頃に車であんな感じあった。
めんどくさー
とか思いながら
でもこういうこと乗り越えて夫婦になっていくのかな

そして見終わって思うこと
夫婦同じ寝床で寝るべき
良いなぁ~っておもった。
2018/2/13
ヒトのどうしようも愛らしさ
作品を見て、ヒトのどうしようもない弱さを感じました。でも、互いに支え合うことで生きていける。立ち直っていける。
日本の映画らしい、心情描写が丁寧に表現されていて良かったです。そして、それを表現する、向井理さん、宮崎あおいさん、緒川たまきさん、リリーフランキー、柄本明さんの演技が素晴らしかったです。おすすめです。
原作はまだ読んだことがないので、読んでみようと思いました。
2016/12/5
ちょっと一息ついて、肩の力を抜いて観てください。
なんて優しい世界なんだろうって思いました。
暖かい国で旅をしているみたいな気持ちになります。

映画を観た人にだけ、私のレビューを観て欲しいです。

みなさんが怖いと行っている暴力シーン
私はとても沁みました。

どちらかというと、会話がなくなってしまう描写の方が怖くて
行動に気持ちが表れ始めた時むしろ私はホッとしました。

怒っているツマの気持ちを受け止めているムコさんも
ムコのことでいっぱいになるツマもすごいです。
私はなるべく自分が傷つかないように、
核心に触れないように生きているので、
向き合ったこと、勇気があるなと思いながら観ていました。

夫婦になっていくふたりの時間の優しさが
丁寧に描かれていると思います。
私もゆっくり生きて生きたくなりました。
2018/6/23
大満足です。
西加奈子原作向井理と宮崎あおい主演のこの映画が好きでこの夫婦の有り様やほっこりなインテリアを何度も繰り返し観たかったので購入しました。中古でしたが、美品でしかもお安く手に入り大満足です。
2016/3/29
ゆったりとした風景に人生が凝縮
田舎の風景の中で時はゆっくり流れていますが、内容は濃かった。
一つ屋根の下に暮らしても家族は互いに分からないものです。
互いに理解し合うにも時間がかかります。
近所の老夫婦は未だに食事の好みが理解出来ていない。
でも互いを認め合い一緒に暮らしており、一人になると相手の存在を求める。
人は互いに依存して生きている。
依存する場所に都会も田舎も関係ない。
当たり前の事を改めて考えさせてくれる映画でした。
2016/9/17
ラブリーエンジェル
主人と一緒に見ていましたがとにかく私たちのようだと主人が言って泣いてくれました。何でもない穏やかな夫婦の日常が実は宝石のようなものなのかも知れません~。あおいちゃんの演技もなかなかのもの向井さんも頑張っておられたし、向井さんの存在自体カッコいい~♪
う~ん。フェロモル ~♪♪♪
素朴でよかったです。
2015/9/25
何か独特の世界観…
何か独特の世界観で、見ていてこう来たかっていう感じでした。まずまず良かったです。
2014/1/19
満足
自分が収集しています。いろいろ検索・確認し選びました。品質・価格に満足です。
2014/3/12
他の作品は好きですが
西加奈子さんの他の作品は大好きです。通天閣、漁港の肉子ちゃん、さくらetc
対照的にこの作品についてはとても苦手でした。

西さんの、普通の人の普通の日常における小さな感情の表現が好きですが、
この作品においては狙い過ぎな天然キャラ、超常現象のような出来事、その辺が私には受け入れられませんでした。
2018/2/4
西さんの小説自体駄目かもしれません
まあまあ面白かったのですが、意味が分かりづらい上に気持ち悪い表現が含まれていました。私には向いていない本を買ってしまったかもしれません。
2017/11/25
西加奈子
西さんの何気ない作品はおじさんでも楽しめます。必ず1カ所引きつける部分が出てくるのが好きです。
2017/10/27
また君に恋してる。
売れない作家と動植物の声が聞こえるフシギちゃんが出会った瞬間、恋に落ちた(Fall in love)。 二人は、ツインソウルだから。

何気ない日常が、実は幸せなことだって、得難いものだって、二人の関係がぎくしゃくしてはじめて気づく。

過去のモヤモヤを清算したとき、お互いがかけがえのない存在であることを、再認識する。

また、貴方に恋してもいいですか?
2017/6/18
文学的には◎、物語を楽しみたい読者としては×
表現、文章は面白いし作者独特でとても良い。が、ストーリーとしてはつまらない。

文章のところどころに独特の表現があり、詩的ですごくいいなと思うものや惹かれるものがたくさんあった。しかしストーリーがつまらない、核部分のきいろいゾウの絵本の話や主人公が植物や生き物の声が聞こえるなど、そこを掘り下げれば面白くなるのに…と思う設定があるのに、そこに進展はなく、日常物語のようになっていて面白いと思えなかった。もちろん日常もの、何も起こらない物語で面白いものはあるのですが、この本に限っては一区切りになるまでだらだらと続くためか、面白くなく読むのにものすごく時間がかかった。

文章的、文学的には◎、物語としての面白さ的には×な作品。
2017/5/20
西作品
アメトークで紹介された本です(たぶん)
西加奈子を推す芸人さんは多いです。
代表作と思って手に取って読みました。
が、あまり面白くなかったです。
私は文学に合わないと思いました。
2016/12/4
妻の感じる日常
妻の感じる日常の描写と、夫が毎日つける日記での描写が対比されて日が進むので、夫婦で微妙に感じ方が違うなぁて、興味深く読みました。また、いろいろな小物を出してきて、面白くさせてると関心しました。例えば、どんじゃらってコトバは30年ぶりに聞きました。黄色いゾウとの繋がりが終止分からなかったのは、反省。
2016/11/18
不思議な世界
変わった人々が繰り広げる、人間模様。
その中で、本当の愛を見つける夫婦を応援したい。
愛すべき人々が、それぞれの人生をがんばって生きています。
2016/9/19
尊敬
こんな素敵な文章が書きたい。
そう心底思わされた作品。
どうしてこんな物語が浮かび上がるのか?
2016/7/21
既婚にオススメ。
前半は夫婦やその周りを取り巻く人の日常が長々と書かれていて、ほのぼのすると同時に少々飽きる部分もありました。
かなり後半に夫婦を取り巻く空気が変わり、一気に面白くなりました!
夫婦や家族のあやうさや幸せさ、言葉では言い表せない感情が優しく表現されてると思います。
結婚経験がある方が読むとかなりスッと入っていける部分があるのではないかと思います。
2016/7/19
大丈夫と呼びかける声
ゆっくり、そろそろと、物語は進む。特別なことなど何もない田舎暮らし。
当たり前の毎日。ありきたりの毎日。ありのままの毎日。
じわじわと近づく、不快な予感。変化の予兆。
後半になると、ぐったりするほど冗長に感じていたはずの前半の生活が、むしろ壊れてほしくない、そのまま出来事を起さないまま終わらせてほしい気持ちで読んだ。
大人のふりをしながら、初めての恋や初めての死、身がすくむような自信のなさや身をよじりたくなる恥ずかしさ、孤独や不安、子どものままの幼稚な自分を抱えて、大事なことには蓋をしながら、日々を送る。

最後の一行。大きな文字で書かれた、その一行。
こう言い切れることは、存外、素敵に感じた。嫌味でも、説教でもなく、改めて、こういうのもいいなあ、と。
それがそこにあるから、安心して眠れる。そのことに、出会えること。
誰かがいてくれる日常。自分が誰かの日常のなかにある、幸せ。
きっと、この先の日常は、もっと幸せだろう。
2006/11/2
一風変わった夫婦の優しい話
背中に色鮮やかな鳥の入れ墨を持ち、過去を背負ったムコさんと、動物や虫や花の言葉が分かるツマさん。このちょっと変わった夫婦の日常が綴られた話は、最初から最後まで非常に穏やかに流れている。

序盤から中判にかけては、この一風変わった夫婦の、やはり一風変わった、だけど暖かい日常を描いている。良くある田舎の生活を描いているようでいて、なんだか皆が憧れる夫婦の形がそこにある。

後半は、ムコさんの過去と、そしてそれに向き合う夫婦の話となるが、重たいテーマでありながら、やはり終始、穏やかな感じで話は進んで行く。まるで、何かの童話のようにどこか幻想的に、そしてすごくリアルな日常として書かれている。

この夫婦の形は非常に理想的なようにも見えるが、現実にはこんな夫婦はいないだろうと穿った見方もしてしまう。この辺は読む人の価値観に大きく左右されるような気がする。たぶん、好き嫌いがかなりはっきりでる話ではないだろうか。また、終始、穏やかな感じで進んで行く話を、ちょっと物足りないと感じてしまうかもしれない。
2013/2/27
そこにあることが当たり前ではないことが大切
背中に飛べない鳥の入れ墨がある、売れていない作家の夫、無辜歩(むこ・あゆむ)ことムコさんと、

どこか頼りなげで、ふわふわしていてつかみ所がなくて、

その上、犬の声や周りの草花の声や木々の囁きや夜の大気の声まで聞こえてしまう妻、妻利愛子(つまり・あいこ)ことツマさんとの夫婦の心の繋がりを、

ほつれたり、一旦はほどいてみたり、またきちんと今度はしっかりと強く結び直してゆく風景が広がる。

淡々とした田舎の時間の流れを軸に、ツマさん目線の日常、ムコさんの日記形式の独白、

「きいろいゾウ」というお月様とその月のきいろい粉を全身に浴びた空を飛べるゾウと、ちょっと身体の弱い女の子の童話、

その3つがゆるやかに絡み合って心の繋がりや、愛情の姿形のシルエットをぼんやりとでもしっかりと映し出してゆく。

近所に住むアレチさんの愛情、登校拒否の小学生大地君の恋情、洋子ちゃんの直情、

漫才コンビつよしよわしの友情、カンユさんという名の犬の母情、

コソクというにわとり、くも、むかで、よる、大気、でっかい満月

それぞれが心の珠に灯している想いが少しずつあったかく、厚みを持って丸みを持って読む人を包み込む。

ぬるめの薬湯にじっくりと浸っているような雰囲気で、ずーっと内側の深いところが気持ちよく、ほぐされて表情も心情も柔和になる。
2006/6/8
GOOD
映画の上映前に原作を知りたかったので購入を決めました。映画が楽しみです。
2013/2/4
相手の幸せと自分の幸せの間でもがく、夫婦の物語
出会ってすぐに結婚し、都会の喧騒から離れ田舎でのんびり。贅沢はできないけれど、美味しい食事を夫婦で毎日とる。
他人が見れば、どうみても幸せそうな二人なのに、ツマの不安はどんどん増殖していく。それが、抑えられない。
ツマの不安定な心にムコさんは気づいているのに、どうしたらいいかわからない。そして自分には自分の、大きな問題がある。
若い夫婦が、自分のことと相手のこととの狭間で、もがいていく。
女の心、男の心が、交互に描かれ、それぞれの想いや視点の違いがおもしろい。
私は女性なので、「お願い、ムコさん。ツマの気持ちに気づいて!」と思いながら、読み進めていきましたが
男性は、どう感じて読むのでしょうか?
相手を想う気持ちと、自分を大切に想う気持ちは、イコールであってほしいと願ってしまいます。
物語の始まりの二人が、あまりにも幸せそうだったので、「どうぞ、ハッピーエンドで終わりますように」と思いながら読みました。
映画は、二人の話を中心にまとめられていましたが、彼らを取り巻く周りの人たちもとてもキュートなので
原作を読むと、より楽しいです。
2013/3/5
面白かったです。
人の心の難しい部分がとても良く見えました。
大人になるたびにわかってるから、言えないことが増えたりわがままを言えなくなって、行き詰まったり。
西さんのまた、違う本も読んで見たくなりました。
2013/3/17
よかった。
不思議な感じの空気感がとてもイイ。
こんな夫婦になれたらいいいいなぁと思えた。
2013/3/15
よかったです
とうちゃくもはやくて、ほうそうもよくて、きれいなほんでした。
2014/2/10

Twitter

映画「ボクの妻と結婚してください。」と「ツレがうつになりまして。」で泣いた。宮崎あおい繋がりで観た「きいろいゾウ」はまあまあ良かったが、「ソラニン」と「世界から猫が消えたなら」はダレた。結婚系の作品が観れるようになった。
ここ最近、リリーフランキーさんが出てくる映画ばかり観ている。
「二重生活」「万引き家族」「きいろいゾウ」「SCOOP!」
今日の映画はきいろいゾウです
あーきいろいゾウ映画観て冒頭でやめて返却した気がするなあ
さらっと読めるのがいい舞台は短い??
きいろいゾウはめちゃくちゃ人気じゃないかなあ???多分映画化されたはず??←適当言うてるかも
円卓ってやつ映画化されてるけど、芦田愛菜ちゃんのやつで見たことないかな!?

わりに読みやすいと思ってるけど、サラバは上下巻とかでめちゃくちゃ分厚かった記憶で読むに至らん。←
映画「きいろいゾウ」。原作とはまた違った魅力。
気分転換に映画見たり、マンガ読んだりしてみてはどうでしょー。

Amazonプライムで見ましたけど、
「ビリギャル」「きいろいゾウ」は衝撃でした。
実写の「銀魂」もありますよw
???な映画「きいろいゾウ」宮崎あおいは可愛い!向井理はムカつくぐらいイケメン(笑)個人的にはソテツがお気に入りです♪さすがに豆腐にミロは・・・。気になったらゲオorツタヤへ。。
あ、そうだったんですか!(知らんかった)きいろいゾウとかきいろいトラとか映画タイアップあると嬉しいですよね~!

Instagram

160
*
宮崎あおい
2008年
NHK スタジオパークからこんにちは

今日で大河ドラマ「真田丸」が最終回だそうで、
大河ドラマ繋がりのあおいちゃんを。 「篤姫」最終回前に出演した「スタジオパークからこんにちは」にて、
エンディング、視聴者からのメッセージに感極まるあおいちゃんです。
当時ももらい泣きしてしまいました。 * *

また大河ドラマであおいちゃんを観たいですね。 * *

#宮崎あおい
#aoimiyazaki
#スタジオパークからこんにちは
#NHK
#スタジオパーク
#篤姫
#バースデーカード
#映画怒り
#怒り
#世界から猫が消えたなら
#せか猫
#ソラニン
#ただ君を愛してる
#少年メリケンサック
#NANA
#オカンの嫁入り
#バケモノの子
#きいろいゾウ
57
台風一家

昨夜は今回の台風は凄いといういろんな意見にビビりながら、
雨の音が凄くて紛らわしかねての、映画鑑賞会でした。

そして朝はこの景色。
久々の太陽の眩しさに起こされました。

見てた映画は
西加奈子さんの「きいろいゾウ」
日常が奇跡なんだ。
て言葉が妙に響いて。

今の時間も今生きてることも
当たり前に生きてるけど、
当たり前ではないのかも。

朝日を浴びながら、
この平和な時間に感謝しつつ。

同じ日本で不安や生活に
追われている方々のこと思い
穏やかでいられますように。

いつ、どうなってもいいように
心を鎮める時間が必要な
時代になってきたのかなー。

#台風一家#朝日#虹#西加奈子#きいろいゾウ#ありがたい毎日#一日一日#出来ることを#ベランダからの景色
49
*
「きいろいゾウ」
大好きな映画の原作。
なんで読んでなかったんだろう。
映画も本も大好き。
ぜひ。
#きいろいゾウ
#西加奈子
#空を飛ぶのは
#鳥にまかせて
48
#読書記録
#きいろいゾウ
#西加奈子

買ったときに、向井理さんと宮崎あおいさんの帯がついていたので、そのふたりで読もうとしたんだけど、なんかしっくりこない。

映画を観れば、きっとそのお二人でしっくりくる感じで観られるんだろうな。
観てみたい。

原作に忠実なんだろうか?
43
*
。***
*
#きいろいゾウ
*
この映画が大好きで。
もぅほんっとうに大好きで。
先日久しぶりに見返したら
やっぱり大好きで。
そして
原作が#西加奈子 さんの#小説 だったことを今更知って。
早速買う。
早速読み始める。
大好きすぎる。
ページをめくるのがもったいないと思うほど好きみたい。
#好きが渋滞
1人の時間に
テレビを消して
ゆっくり丁寧に読む。
*
映画を見てから読んでいるから
ツマ=#宮崎あおい ちゃん
ムコさん=#向井理 くん
アレチさん=#柄本明
など。
もぅそれで読み進めてしまう。
この小説が発売された頃なのか、
本の帯に宮崎あおいちゃんが
「いつかこの“ツマ”を演じてみたいです」
ってコメントしていたらしい。
すご。
*
ツマの不思議な力や
きいろいゾウの描写は全く現実的ではなくて
もはやファンタジー?と思わせるようなところもあるけれど
そこも私は好き。
映画にはない、
原作の細かな描写も大好き。
洋子とツマのやりとりとか。
#何回も言う
*
*
#夫婦 には夫婦にしかわからない、
なんていうかな、
内側の
見えない何か
みたいなのがある気がしていて。
毎日共に生活をしていく中で
お互いが歩み寄ったり
正反対に歩いたり。
#匙加減
#いい塩梅
#駆け引き
みたいなことを
なんとなくやっているような。
言いたいことをそのまま口にしない。
でも
言いたいことわかってるよ、
わかってるけど、
わかってないフリしてるだけー。
みたいなことも。
それでも
結局は歩幅を合わせながら
心底では大切に思いながら
生きていく。
*
*
絶対この先も何度も読み返すと思う。
#語るやん
#まだ読み終わってないくせに
*
*
#読書#映画#秋#読書の秋#夫婦の話#好きな小説#このまま一気に読み切りたいけど続きはまた明日
32
あまり興行が良くなかったという話を聞くのですが、私はこの映画が好きです。
まずは、西加奈子さんの原作が好きです。西さんの小説は、私にとっては少し読み辛いところがあるのですが、きいろいゾウは読みやすいです。
宮﨑あおいさんの演技がとても好きです。
まわりの人達もみんな温かくて、カンユさんなども可愛らしいです。
こういうファンタジー要素、私は好きなんですよね。
#きいろいゾウ #西加奈子 #廣木隆一 #宮﨑あおい #向井理 #緒川たまき #リリーフランキー #石川真希 #松原智恵子 #柄本明 #濱田龍臣 #浅見姫香 #大杉漣 #柄本祐 #安藤サクラ #高良健吾 #ゴスペラーズ
28
。きいろいゾウ。
_
2013年公開
_
監督:廣木隆一
脚本:黒沢久子・片岡翔
原作:西加奈子
_
ラブストーリーでありながら人生とは何かを考えさせられたり内容理解が難しい映画も多々あるけど、これは1番難しい。。。
ただ、内容理解をした時に感動と達成感?が一気に込み上げて来る!
_
_
・何回見ても不思議で感動する映画!
・心理描写が素晴らしく脚本が凄いなって思う!
・向井理と宮崎あおいの演技力が光る映画!
_
#きいろいゾウ#不思議な映画#おススメ映画#宮崎あおい#向井理#ラブストーリー#是非観て欲しい#huluで配信中
24
松阪市でお仕事
映画「きいろいゾウ」で使われた旧家
向井理さん、スタッフが絶賛した唐揚げとモロヘイヤ細雪うどん
今日は楽しかった
#ロケ #ロケハン #ランチ #松阪市
#うきさとむら #きいろいゾウ #向井理
#宮崎あおい #ロケ地 #三重県
#ロケハンやのに単独行動で観光気分
#天気がめっちゃ良くてロケハン日和
#実はきいろいゾウ観てない
#小説は読んだ #この家は築150年やって
#中にも入らせて頂きました
#お土産にふところもちを頂いて
22
ちゃんと言葉を声に出して表現しないと、相手には伝わらないんだよやっぱり。

好き嫌いあるだろうけど、わたしはけっこう好きだなぁ。良い意味で家事とかしながら観るのに向いてる映画。。。

#きいろいゾウ#西加奈子#小説#実写化#映画#邦画#向井理#宮崎あおい#かわいい#夫婦#ほのぼの夫婦#映画好き#芸術の秋#秋の夜長#映画鑑賞
#yellowelephant#kanakonishi#novel#movie#film#osamumukai#aoimiyazaki#japanesemovie#manamanasfilm
13
#きいろいゾウ 見ました✨
うーん、、、なんとも言えない、よく分からない映画でした(;´Д`)小説の方が良いのかも。前半のツマの天然っぷりから想像できない後半の狂った姿はちょっと怖かった。なぜツマはそこまで不安なのか、そしてムコの心の闇の深さに理解が及ばず、、、。ツマの特殊能力(?)も必要なのか、なんなのか。謎が多い作品でした。それぞれに悩みを抱えた夫婦のお話。ちなみに #宮崎あおい 主演映画だと #世界から猫が消えたなら もオススメです✨

#向井理 #廣木隆一 監督 #リリーフランキー #柄本明
7
今さっき気づいた。
黄色いゾウのしっぽ、星だった…。
映画『きいろいゾウ』公開されたの何年前だったっけなぁ。
気付くの遅っ!
#きいろいゾウ
3

#きいろいゾウ
#映画
関連する商品
口コミ投稿数ランキング
リンク