SSSS.GRIDMANのやらせなしの口コミと視聴可能な動画見放題サイトまとめ。

SSSS.GRIDMANのやらせなしの口コミと視聴可能な動画見放題サイトまとめ。
動画の評価総合

1993年に放送されていた特撮ヒーロー番組『電光超人グリッドマン』が25年を経てアニメ化。特撮的なカットやサイバー感あふれる演出を盛り込み、原作の魅力を再現している。ツツジ台に住む高校1年生・響裕太は、ある日目覚めると記憶を失っていた。自分の状況に困惑する彼は、古いパソコンに映っていたハイパーエージェント“グリッドマン”と出会い、なぜ記憶を失ったのかを探しつつ、街に現れる怪獣との戦いに身を投じていく。


この動画が見れる動画見放題サービス

  • dtv
    FODプレミアム
    最終チェック日:2020/06/19
    FODプレミアムとは、一部の対象のドラマ・映画・バラエティー・アニメ・雑誌やマンガが月額888円(税込み)が見放題のサービスです。今なら1ヶ月間無料あり。

  • dtv
    dアニメ見放題
    最終チェック日:2020/06/19
    dアニメとは、NTT DOCOMOが提供するアニメに特化した月額400円(税込み)の見放題のサービスです。今なら31日間無料おためしあり。

口コミ

見ていて気持ちが良い
作画やCGにかなり力が入っていることがひと目で分かります。
ストーリーも怪獣から地球を守るという王道と見せかけて何かウラがあるような演出が興味を惹いてやみません(3話現在)
2018/10/22
斬新!!
何気なく見たら驚いた!
女子受けしそうな今風の自然な演技のアニメにやや無理くり過ぎるロボットヒーローvs怪獣アニメが合体してるw
円谷プロやるなー(;・ω・)これは進化系ロボットアニメだ…。是非2話までは一気見して欲しいところ。
面白い♪これに低評価を付けた人が信じがたい…こういう発想や製作人の閃きを評価しないでどうするのだ!
2018/10/21
今期で一押しかも
特に見るものもないなと思い時間潰し位で見ようと思っていたら
世界観に引き込まれました。
昔っぽいところもあり、でも今風のアニメ。

是非見てみてください。

挿入歌もアニメにあってます。
2018/10/21
懐かしい雰囲気、あまりないテイスト
なんだ、これは!(面白い)というのが第1話を見ての感想で3話まで一気にみました。
面白いです。
昔のヒーローものを現代のキレイなアニメにした、そんな作品ですね。
現在ではあまりない雰囲気、展開のアニメです。
敵味方の構図もすぐに判明するのもよいですね。
ウォッチリストに追加!
2018/10/21
小中学生のアニメかな
3話まで見ました。
軽快なストーリーは良いのではないでしょうか。ただ・・・中身がありません。
2018/10/21
シナリオがひどい
納得のいかないシーンが多くて面白くありません。
とりあえず1話だけ見ました。

何故主人公の友人は、ジャンクパソコンに飲み込まれた主人公がロボットの中に入ってると一瞬で理解できたのか?
パソコンの中にロボットと少年の姿が見えたからと言って、理解が早すぎないか?
主人公がグリッドマンという単語を繰り返し発言していたからと言って、何故ロボット=グリッドマンだと思ったのか?怪獣の名前がグリッドマンである可能性は考えなかったのか?
むしろパソコンの中の映像は主人公とロボットが向き合っている映像だったため、現実世界の巨大ロボットと向き合っている怪獣こそが主人公であるという可能性だって残されている。何故その点について検討しなかったのか。すぐ理解してもらえた方がシナリオ上都合がいいからだろう。

主人公の友人は「モンスターの首がほころんでいてもろい」と指摘したが、その割にその事実がデザインに反映されてない。ただ色が違うだけ。怪獣番組のお約束と言うやつか?
ヒロインが「私、やってみるよ」と言いながらジャンクパソコンのキーボードをたたき始めたが、あれは何をやっていたのか?ただメッセージを打ち込んでいたのか?どうやって送信したのか?グリッドマンはどうやって受信したのか?説明不足。
ご都合主義が目立ち、完全に置いて行かれました。人間関係もわからず興味をそそられる謎もなく戦闘シーンやロボットデザインも特別かっこよくはありませんでした。戦闘シーンの派手さとBGMで見せ場を作っているように見えますが全然盛り上がりません。

1話の最後で主人公と友人が学校の様子に驚いて見上げているシーンがありますが、ヒロインは彼らに近づいてから改めて学校の方を見て、驚いた反応をします。このキャラクターは登校中どこを見ていたのか?遠くから見たら学校の外観はすぐわかることなのに改めて驚いた態度を取っているのが不自然です。違和感を覚えます。
主人公の友人は学校を見て「昨日、確かに燃えてたよな」と言いますが、正確には怪獣の火の玉が飛んで行った方向を見て、ヒロインが「学校の方だ」と言うシーンと、グリッドマンに乗っていた主人公が「学校が燃えてる」という発言をしただけで、実際には学校が燃えている様子を見たのは主人公だけです。そのほかの二人は学校が燃えた様子を確認していませんでした。ジャンクパソコンには赤く染まる校舎が映されていましたが、学校そのものが燃えているのか周辺が燃えているのかは判別しかねる画像でした。
怪獣の火の玉が学校から外れた場所に落ちた可能性もあるのにどうして3人は綺麗な校舎を見て驚いているのか?それはスタッフがストーリー上そういう展開にしたかったからでしょう、ミステリアスな展開を作って視聴者を引き付け、次の話も見てほしいからでしょう。しかし見せ方があまりにも雑すぎます。(たとえば、燃えて倒壊する校舎から逃げ出した主人公たち3人組が、その数時間後に綺麗に復元されている校舎を見て驚くならわかります。)そもそも本当に燃えている学校を見たならば、休校になるかどうかなど朝電話で確認してから登校するはずですし、学校に普通に登校してからその様子に改めて驚くのは違和感があります。脚本家(もしくは監督)の都合で物語やキャラクターが動かされているのがわかり、視聴者としては没入感がありません。

シナリオも演出も残念で面白くありません。ロボットと怪獣が戦っているだけで喜ぶタイプの人には面白いのでしょうが、そうでない方にとっては見るところがないのでは。深夜アニメで話題になっていたので大人も楽しめるのかと思い見てみましたが、内容が稚拙です。

全体的に幼稚で、小学生向けアニメのようだと思いました。第一話を見た後に調べてみたところ、このアニメは以前放送された子供向け作品のリメイク版のようですね。私が気になったシーンは、ファンの間ではお約束の当然の展開だったのかもしれませんが、せっかく作り直すのならば新規ファンが見ても面白い内容にしてほしかったです。たとえリメイク版の本作品が「深夜アニメとはいえ大人向けには作っておらず、子供向けなのだ」と言われても、整合性の無いシーンが目立つのでやはり視聴者をばかにしすぎではないかと思ってしまいます。

ただ、これだけ辛辣な感想になってしまったのは、この作品が面白いとネットで話題になっていたために自分の中でハードルが上がりすぎていたのが理由だと思います。
2018/10/21
期待
2話まで見た時点では期待しか無い。ここまで随所に張られた伏線がどの様に影響してくるのかを想像するだけで、あらゆる可能性に期待が膨らむ。この作品に対する相当な気合が感じられるのもその期待に拍車をかける。
2018/10/21
すごいとしかいえない
すごい…すごすぎる…いったいなんだ、これは…
なんてすごいふとももだ。
2018/10/20
「あ、これ特撮だわ。」
主人公がいきなり記憶喪失で登場してミステリアスな始まり方をする本作。

どうも舞台は現代日本っぽい。街に無造作に直立停止しているシンゴジラ(?)みたいな怪物は主人公にしか"視え"ていない。古いPCの画面からこちらに話しかけてくるアイアンマン(?)の声や姿も主人公にしか"視え"ていないようだ。もしかして『本当は(に)主人公自身が犯人だった』系のミステリー…?……などと、何の前情報もナシに見始めた私は思いました。とにかく次が予測できないので、どんどん引き込まれていきましたが────

結論を言うと、これ、アニメに落とし込んだ"特撮"でした。
『グリッドマン』の「マン」は『ウルトラマン』の「マン」です。

調べたら原作が93年初出の特撮で、これを元に完全新作を作ったと。元々ガイナックスは特撮好き集団でしたし、収まるところに収まったのでしょうか。ご安心ください。巨大怪獣に巨大ヒーローが立ち向かう特撮ではありふれた様子も、アニメのアプローチで映される新鮮さたるや迫力満点で、特撮(特にウルトラマン系)自体はずいぶん前に見なくなった私でも、ミステリー要素もあって先読みする余裕が完全に無く、魅せられました。いわゆる「特撮?うーん、じゃあ見るのどうしよう…」っていう心配が全くいらない、そんなストーリー仕立てになっていると思いました。
2018/10/20
トリガー最高!!!
特撮をアニメ化…って、と思いましたが、台詞回しや演出に引き込まれました!面白すぎる!!!
2018/10/20
平成の終わりに、平成初期のヒーローが帰ってきた
 25年の時を経て、グリッドマンがアニメに姿を変えて帰ってきました。初めて情報が出た時からまだかまだかと待ちわびていましたが、1話の出来は期待以上。次週放送がすでに楽しみです。
 多少の設定変更はありながらも少年少女とグリッドマンが敵に立ち向かうという構図はそのままに、アニメキャラとしてリメイクされた主人公三人組はみな魅力的で、謎の人物も登場しており1話だけではまだまだ分からない部分が多々ありそうです。スペシャルドックやカニばさみポーズに六花宅の店の名前など、特撮版を見た人がくすりとくるネタの数々も視聴を楽しませてくれます。今回の悪役は〇ーンデジファー様ではないようですが、果たしてフロッピーディスク何枚分の容量なのでしょうか。
 グリッドマンが寄せ集めの手作りパソコンの中にいること、そしてその中に吸い込まれて合体・変身するという設定は、スマートフォンやアイパッドなどが普及した現代の目で見てしまえば確かに陳腐かもしれません。もしかしたら裕太のスマートフォンにグリッドマンが宿るという案もあったのではないでしょうか。しかし“ジャンクコンピューターの中に、異次元からの使者がやってくる”……これこそがグリッドマンなのです。その当時革新的だった部分をそのまま現代で生かしてくれた制作陣には感謝の念が絶えません。
 平成の初期に“早すぎた”と言われた名作が、平成の終わりに熱意を持ったスタッフによってアニメと融合し復活する。そこに私は何とも言えない感慨深さを感じますし、このアニメを見て初めてグリッドマンを知る人も特撮版を見ていた人も双方が満足して「見てよかった」と思えるような作品になってほしいと思います。
2018/10/9
製作スタッフのグリッドマン愛をものすごく感じられる作品※ロボットものではありません
まだ1話の段階ですがアニメとしてはかなり珍しい雰囲気があって人を選ぶかもしれません。原作が特撮なのですがアニメでは過去にできなかった怪獣の見せ方や戦闘シーンを再現してるのでそこはすごくよかったなと思いました。音楽の使い方もいいですね、特撮オマージュがあり冒頭は異質さと普通ではない世界観と主人公の記憶喪失という設定をBGMを多用しないことでうまくいかされていると思いました、伴い戦闘シーンでは壮大なBGMと挿入曲が流れたりそこはトリガーらしさといいますか熱い演出がうまいなと思ました。個人的にはジャンクがダメージを受けているときのセリフや効果音が原作を彷彿とさせて感動しました(笑) 怪獣の鳴き声や建物が崩れていく音グリッドマンの戦闘エフェクトなどもぜひ注目してほしいです。怪獣の動きや造形も中に人がいるような着ぐるみ感があってすごく好きでした。アニメーター見本市の「電光超人グリッドマン boys invent great hero」スタッフさんたちなので最初から期待大でしたがそれを大きく上回るスタートで最高でした「牙狼 炎の刻印」がいい例でアニメ化しても原作要素をいれつつ ¨アニメだからできる見せ方¨ をしているのがアニメ化の良さだと思います。特撮もアニメも両方愛せる人が増えてほしいものです。

※原作の特撮作品「電光超人グリッドマン」のアニメ化なので、一部「実写のほうがいい、アニメにする意味がない」とか言うちょっと老外的なファンもいますし「ウルトラマンじゃないか」という的外れな意見もありますが、そもそも原作おじさんファンがニヤニヤしているよりもアニメ作品を見る人・初見向けであって個人の意見(逆張り込み)はきれいに無視しておきましょう。
2018/10/7
昔のパソコンってすげーな!!
↑の一言にとてもとても「電光超人グリッドマン」への愛を感じましたw
敢えてBGMを一切使わない、青春群像ドラマのような導入に「え?これがグリッドマン?」と思うかもしれませんが、その戸惑いも含めた視聴者としての気持ちが記憶喪失の主人公やその友達の気持ちとシンクロし、これからこの作品の謎を一緒に探っていこうという想いに繋がりました。
怪獣の出現によって初めて重厚なBGMが流れ、今までの日常が破壊されることを視覚と聴覚で納得させられる演出、さらにCGで造形されているのに敢えて着ぐるみの怪獣を意識した姿の怪獣による破壊描写。中学生の日常を描いたアニメがここから一気に巨大怪獣特撮へと変貌を遂げ、そこにグリッドマンが現れることで巨大ヒーロー対怪獣特撮へと発展する流れに、「こういうのをアニメで作りたかったんだ」という強い意欲を感じました。
現代アニメ的な登場キャラクターの新鮮さと、ディテールアップこそされたものの昔のままの存在感で語りかけてくるグリッドマン、そしてジャンクのミスマッチさも面白く、これから彼らがどんな物語を紡いでいくのか本当に楽しみです。単純なリメイクではなく、93年の「電光超人グリッドマン」の更にその先へ連れて行ってくれそうなワクワク感。1クールと短い期間ですが、全力で最後まで楽しんでいこうと思います!
2018/10/7
面白い!
ここに書いてる方は恐らくリメイク前?に視聴してた方が多いですが、あくまでも初見とのしての意見としてです。
個人的にはこの様なジャンルのロボットアニメにしては珍しい雰囲気を醸し出してて新鮮味が有りとても良かったです。特に生活感が溢れる背景など細かい部分も素晴らしいです。学校での生活や雰囲気が特に高校卒業した大学1年からすれば少し懐かしくも感じました。
キャラクターデザインは現在風で新規でも入りやすい様になっている為、ロボットに興味がない人でもヒロインなどが可愛い為観れると思います。声優も有名な方がいるのでそれを目当てで観るのも良いかもしれません。
所々ウルトラマンのネタが少し出てきてくれたのが嬉しかったです。
原作を視聴していない為そこは比べれないので申し訳ございません
2018/10/11
1話、最高でした。
アニメとして見ると、異質な作品かもしれません。特撮をアニメでやるとこういう感じか、で終わると思います。
ですが、電光超人グリッドマンに少しでも触れていると魅力が何倍にも膨らみます。
各所に散りばめられたオマージュも憎いですし、何より緑川光さんの声が昔と今をダイレクトに繋げてくれています。
グリッドマン、カッコいいーーーー!!
今なら電光超人グリッドマンもプライムで見れますので是非!
2018/10/7
見て、こんな実験をいっぱいしていますよ!
OAと併せ2回めの視聴の第一話。開始18分まで音楽ナシ、環境音だけで延々繋ぐ演出に引き込まれます。この静寂感は映像にも貫かれていて、前半の日常は静止画に近いカットも多く、キャラクターの動きも思い切って省いているようです。その分、後半の街の破壊のインパクトが引き立っています。物語のプロローグならではの冒険です。

特撮の前作は思い入れ無いながらも視聴経験ありといったところで、怪獣特撮とVR設定というあたりしか憶えがありません。

どうやら実写でもアニメでもないリアリティを追求しようとしているようです。例えば、

・パソコンのCRTディスプレイ上をゆっくり移動する暗い帯(肉眼では判らないがビデオに撮ると映る)
・15'40"頃:怪獣が今にも火を噴こうとする数秒前、逆光の口元に羽ばたく鳥たちのシルエット
・3'10"頃:リサイクルショップの壁を背景に2人が左右に立ち会話する固定カメラのシンプルな構図のシーン。会話はスムーズに流れていますがキャラクターがピキピキ動いたり画面がわずかにブレたり露出が変わったりする箇所があります。連続した実写映像の冗長な部分を雑なカット編集で摘んだ効果をアニメで擬似的に再現しています。

外国の人はどういうわけか電線が多い風景にエキゾチックな日本らしさ・日本らしい映像美を感じるようです。その方面からも偏愛される作品になりそうな気がします。
2018/10/10
グリッドマンが帰ってきた
今度はグリッドマンがアニメの世界を舞台に戦うということで期待していましたが、1話から恰好良かったです。
グリッドマン・怪獣双方とも特撮では描き切れない部分を丁寧に描写して迫力ある覚醒を見せてくれたので最後まで期待してます。

帰ってきたとはいえ、色合いが違うなど元のグリッドマンとの差異も目立ち、変更が感じられない魔王と比べると今後に繋がってきそうで楽しみ。現実世界が電脳世界同様に修復されているところにも謎が残る。
全話見終わった後でここら辺に注目するとまた違って見えるかもしれません。
2018/10/7
ウルトラマンかと
ウルトラマンオマージュかと思いましたが、昔やってた特撮なんですね。会社的にむしろ本家。
かなりいい出来だと思います。開始してから10分くらいは中々意味が分からない感じですが・・・。

原作の方は全く知らないので、再現度については何も言えませんが・・・。純粋に面白いです。
昔の特撮とは時代が違うので設定ちょいちょい変えられてそうですが、原作ファン様方はどうなのでしょう?
初見勢には純粋に面白い特撮アニメ、という感じで見れる物だと思いますよ。
2018/10/12
期待の持てる1話だった
一話のみを見た段階での感想です
序盤は結構ゆったりした進行でしたが退屈せずに見れるラインをキープしていたと思います
何というか大げさすぎないキャラクターのリアクション等がいい味というかリアリティを出していると思います

後半のグリッドマンパートはお約束というか王道一直線でこういうので良いんだよこういうので、という感じです
アニメだからといって奇をてらいすぎてるわけではなく
所謂勇者パースなども使っていてアニメならではの一面もあって非常にいい塩梅ではないでしょうか
信号をよけたり、空いてる空間に首を放り投げたりと街を守る意思が行動に見え隠れしてるのも好きです
昔の作品へのリスペクトを感じさせつつ新しい事への挑戦的な意欲も感じ取る事のできた非常に良い1話だったと思います
この感じをキープしつつ盛り上がって欲しいです
2018/10/11
特撮表現をアニメで上手く表現できている
着地時に割れた地面の欠片が舞い上がる演出や中に人が入っていそうな怪獣の動き、建物の壊れ方、巨大な物体特有の落下速度がゆっくりに見える現象等々
アニメを見ているのに「あ、これ平成ウルトラマン系の作品だ」と思わせてくれる特撮を意識した丁寧な描写が嬉しい
あと単純に女の子が可愛い
アカネチャンゲスカワイイヤッター!!
追加武装もかっこいい
こっちは逆にアニメらしいパースの効いた表現でメリハリがあり単なる特撮の代替とは別の一面を見せているように感じる
アカネちゃんのゲスっぷりの裏に何があるのかも気になるし
最終回まで目が離せない作品になりそう
2018/10/9

Twitter

秋期のアニメ公式フォロワー数期間増加ランキング(1日間)は 1位=SSSS.GRIDMAN 2位=ツルネ ―風舞高校弓道部― です。#SSSS_GRIDMAN #ツルネ
『SSSS.GRIDMAN』6話まで見た。面白いなー

旧グリッドマンの舞台が"桜ヶ丘"、アニメGRIDMANの舞台が"ツツジ台"、
桜のあとに咲くのはツツジだから、なのかなとか
秋期のアニメ公式フォロワー数期間増加ランキング(1日間)は 1位=青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 2位=SSSS.GRIDMAN です。#青ブタ #SSSS_GRIDMAN
SSSS.GRIDMANってアニメあるんですけど、ヒロインめっちゃ可愛いんで見てください!!
秋期のアニメ公式フォロワー数期間増加ランキング(28日間)は 3位=SSSS.GRIDMAN 4位=逆転裁判~その「真実」、異議あり!~Season2 です。#SSSS_GRIDMAN #逆転裁判
池袋ハロウィンの1日目はアニメ
SSSS.GRIDMANの宝多六花ちゃんのコスプレでブラブラしてました!⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝⋆*
沢山撮影して頂きありがとうございました!
秋期のアニメ公式フォロワー数期間増加ランキング(20日間)は 3位=SSSS.GRIDMAN 4位=逆転裁判~その「真実」、異議あり!~Season2 です。#SSSS_GRIDMAN #逆転裁判
秋期のアニメ公式フォロワー数期間増加ランキング(7日間)は 1位=SSSS.GRIDMAN 2位=青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない です。#SSSS_GRIDMAN #青ブタ
『SSSS.GRIDMAN』、マックスグリッドマンvs怪獣の超高速の殴り合い! 着ぐるみ特撮ではこの動きはできない訳ですよ。昔の特撮オマージュが沢山の本作だけど、実は僕、そこよりも「昔の特撮風でありながらもアニメでしかやれないカッコいい絵づくり」の方にグッと来てる(毎度つぶやいてるけど)
色々と話題を呼んでる新条アカネちゃん‥‥、“汗をかかない”という設定らしい‥‥。
アカネちゃんって人外なの?それとも‥‥
#SSSS.GRIDMAN
#グリッドマン
#アニメ
#円谷プロダクション
『SSSS.GRIDMAN』っていう
アニメ知ってますか?
今季のアニメでめちゃくちゃ面白いです!知ってるって人いたらいいねください!
関連する商品
口コミ投稿数ランキング
リンク