白ゆき姫殺人事件を見逃してしまったあなた!やらせなしの口コミと動画見放題サイトをまとめました。

『告白』で第6回本屋大賞を受賞、「告白」「北のカナリアたち」など映像化が相次ぐ湊かなえの同名ミステリーを映画化。美人OL惨殺事件に絡み、被害者と同僚の女に疑惑の目が向けられ、インターネットやマスコミなどを介し彼女にまつわる噂が一人歩きしていく。監督は「ジェネラル・ルージュの凱旋」「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋。疑惑の目を向けられる地味なOLを「永遠の0」「八日目の蝉」の井上真央が、事件を追う男を「シャニダールの花」「クローズZERO II」の綾野剛が演じている。ほか、テレビドラマ『主に泣いてます』の菜々緒、「転校生-さよなら あなた-」の蓮佛美沙子、「くちづけ」の貫地谷しほりらが出演。


この動画が見れる動画見放題サービス

  • dtv
    dtv見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2018/11/13
    dtvとは、映画・ドラマ・アニメ約12万作品が月額500円(税込み)の動画見放題サービスです。今なら31日間無料おためしあり。

  • dtv
    U-NEXT見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2018/10/23
    U-NEXTとは、動画見放題8万本、動画レンタル(ポイント作品)4万本、書籍・漫画・ラノベ・雑誌など…多彩なコンテンツを楽しめるサイトです。今なら31日間無料体験あり。

  • dtv
    FODプレミアム
    最終チェック日:2018/10/23
    FODプレミアムとは、一部の対象のドラマ・映画・バラエティー・アニメ・雑誌やマンガが月額888円(税込み)が見放題のサービスです。今なら1ヶ月間無料あり。

  • dtv
    amazonプライム動画
    プライム会員特典
    動画の評価
    最終チェック日:2018/10/23

口コミ

レビューってあてになんないっすね
小一時間が限界でした。。。
俳優は豪華ですが
ただただ退屈…。
何を観させられてるんだろうと。
2018/8/24
ダラダラと進展もなくダラダラと邦画らしいツマラナさ
何も目新しさもなく進展もなくダラダラと同じ風景だけを見させられる苦痛感
2018/8/20
ちょっと評価が高くないですかね?
まぁリアルな感じですがそれが面白いとは限らないという感想ですね。
これは映画にする程のないようではないでしょう、意外性が無さすぎる本当に普通です。
評価を軽く見てから視聴したのでさぞかし後半は面白くなるのだろうと期待したのですが・・・何も驚く所がない
2018/8/20
面白い作品です。
日本映画には期待しませんでしたが、久しぶりにいい意味で期待を裏切られました。最後まで楽しめる映画です。井上真央はいい女優さんとあらためて思いました、これから彼女こう言ういい作品に出続けるといいです。
2018/8/15
虚無が止まらない!!
仕事を辞めて引き篭もっていたある日、これではいかん!!と思い立ち映画館で見ました。とても興味深く、社会復帰が遅れるほどです。無職の人は見ない方がいいですね。
2018/8/5
どちらかに徹底して描き切った映像が見たかったが。
前半の、綾野剛記者とワイドショーを中心とした偽善報道ぶり、及びツイッターでの皆の勝手なやり取りが腐っていて面白かった。
”あいつが犯人だ、そうに違いねぇ、それならあいつには何言ってもいいんだ、極悪人め、シケーだシケーだ、ネットでさらしてやろーぜ!”
他人事に尾ひれはひれ付けて勝手な想像垂れ流し、人を罵り正義面するのは多くが好んでやることだ。
中盤ちょっとダレて、なおかつ真犯人の動機もこの映画だけだと薄いように感じた。そういう意味では容疑者に辛い心情を語らせるより、綾野記者らを中心としたゲス路線を前面に押し出しまくり、その末に彼らが破滅していく様にもっともっとフォーカスして描き切った映像が見たかった。それはもう、正義を盾にした拝金記者(及び社会全体の世相)が犯すクライムリンチムービーになるのだけど。
あるいは、容疑者の辛い心情をつづるならそっちを中心に視点を置くのも良いかも知れないが、結果的に両方取ろうとして少し中途半端になってるような感じがした。
終盤またゲス路線が戻ってきて、ツイッターとワイドショーが綾野を軽ーく切り捨て、『全く酷ぇ話だよなぁ』ってロクな反省もしないところはゲスにゲスを重ねてきていて良かった。自分らも加害者かもって顧みる視点が抜け落ちてて笑える。
映画とか表現の存在意義の一面には、最低な現実を非道にえぐり出して訴え、問題提起するという部分があると思うので、ゲスならゲスで筋通すのは表現として良いと思う。

ただ、商業映画ってやっぱ美男美女ばっか出てくるんだよな。『地味で特徴がない女』が井上真央というのは、仕方ないかも知れないがリアリティに欠ける。懸命に地味にしているが無理がある。
まぁまぁおもしろかった。
2018/7/5
悲しすぎる・・・
救われない、切なすぎ、鑑賞後はつらすぎて、たまらない感じです

井上さん、貫地谷さんが素敵すぎるので、さらにつらさが助長されます

狂言回しに徹しきった綾野さんも、最後までみたら、素晴らしくてすごかったです
2018/6/26
よくできてますが
いい作成だと思います。ネットの怖さ、冤罪の悲惨さを考えさせられます。ストーリーはしっかりしてますが、ちょっと長いかな。
2018/6/10
核は事件解決にあるのでは無い。
豪華なキャスト、何処と無く醸し出されるミステリアスな雰囲気に惹かれ、今回鑑賞させてもらった。

本作品の大きな特徴として、不特定多数の人間のSNSへの書き込みが中心となっていることが挙げられる。
実際にSNSでの呟きが画面上に映し出され、加えて音声も付けられていた。
これは物語の進行にリズムが生まれる新たな手法のように感じられた。

内容としては、ここでは詳しく書かないが、職場の上司に妬みや恨みをもった後に真犯人とされる女がある出来事をきっかけにその上司を殺人。そして、井上真央演じる城野美姫が、とあるTV製作会社の男による事実とは異なるSNSへの書き込みによって犯人に仕立て上げられてしまうというもの。
一見良くあるストーリーだが、多くの豪華キャストを用いたことで、役柄一人ひとりの個性が滲み出て、他作品との差別化に成功していると言ってもいいだろう。
また、真犯人を演じた蓮佛美沙子をあえて早い段階で登場させたことは、真実が分かった時により意外性を感じさせた。
これはあくまで自分の趣向だが、染谷将太はやはり良い役者であると本作品で改めて感じた。
彼がそこにいるだけで、作品の雰囲気が一変する。この作品での出演シーンはそれほど多くはないが、それでも尚そのように自分は感じた。

おそらくこの作品を鑑賞した者は、真犯人が判明する場面が呆気ないなどの意見を述べたくなるであろうが、この作品の核は事件解決にあるのではなく、何気ないSNSへの書き込みで、関係の無い人間が事件に巻き込まれる可能性があるということに存在していると思われる。
その意味ではSNSやネットが普及した現代で、我々のメディアリテラシーを試されているのだ。
是非とも、ネットやSNSを多用する人間には観て頂きたい。
2018/6/1
期待以上
ストーリーの充実が際立つ一本でした。
ネット社会、いじめの構図ありきたりであるが考えさせられる映画です。
井上さんが「地味な人」を演じておられますが、充分美しく目立つのですが。。。
2018/5/22
良い意味で予想を裏切らない展開
井上真央ほど可愛い人が、仕草や表情だけでこんなに薄倖で地味な女を表現できるとは。それだけでも見る価値あり。
ストーリーでは同じシーンが何度も別の人視点で流れますが、やはりその映像は話し手の都合に良いねじ曲がった真実だったり妄想が含まれてたり。「告白」もそんな作りだった気がしますがそういう面白さがあります。ラストは結構あっさりしてますが、内容としては無責任な発言が横行するネットとマスメディアを風刺するようなもので、ありがちなテーマながら楽しんで見れました。
2018/4/14
主人公に微妙に感情移入できなかった
殺人事件とタイトルにありますが、
いわゆる犯人捜しのような作品ではなく、そこに至る動機や背景を映画にした作品です。

ただ、最後まで気になった点は、「主人公(井上真央)が美人じゃない設定で
いじめられるようなシーンでも、画面からは「かわいいオーラ」が出ているので、
そこに違和感が出た」ということでしょうか。(*'з`)

個人的には、ラストシーンは順番を入れ替えてほしかったが
とても楽しめた映画でした(*'з`)
2016/12/25
現代版『藪の中』
誰もが自己正当化による嘘をつき、何が真実だったのか読む側にはわからないまま。
むしろ、唯一の真実などなく一人ひとりがその人なりの真実を持つのでは?  
と読者に思わせる芥川龍之介の名作短編『藪の中』を現代版にポップにした感じ。
『藪の中』程の両義性は無く、ちゃんと正誤善悪が区別され、真犯人が捕まるのでスッキリは出来ます。
2017/10/29
城野美姫が美人です…。
井上真央の演技は素晴らしかったが、井上真央の美しさが隠しきれてないのが残念。
被害者より城野美姫の方が美人だからキャストミス。菜々緒はまぁ演技ができるというよりアレが素なんだろうな。はまり役ではありました。ネットやマスコミの無責任さに腹が立つ映画でした。
2017/10/27
現代社会で起こりうる事件
SNSが高度に発達した現在社会において、
自分自身が加害者にも被害者にもなりえてしまう。

情報を気軽に発信や受信できる情報社会の
一種の弊害をうまく表現した作品。

ただ、ミステリーとしては計画性のある犯罪にもかかわらず、
少し未確定要素が多かった印象。
トリックにもうひとひねりが欲しかった。
2017/10/18
音楽もいい
原作が読みたくなる!文章の方がより深く細かくかいてあるんだろうなと思います。

ネットと社会、ニュースとか現実にも絶対起こってそうな内容でなんかリアル。
美人役が菜々緒ってのも結構はまり役でした。
あと、不安をあおるような音楽でより話に引き込まれてしまいます。
2017/12/14
主人公・犯人も含めて
登場人物が軒並み美人だったり(笑)他もディテールがいろいろ気になるところがあり、
完全に感情移入するところまでは至りませんでした。他の方も書いていらっしゃいましたが
チケットのくだりと芹澤事件はもっとうまいやり方があったんじゃないかと思います。
ただし、飽きることはなく普通に楽しめたのと、最後のロウソクのシーンはグッときたので
☆3つで。ダンカンの「ごめんな」は、信じてあげられずごめんな、でしょうか?
2017/2/11
リアルな感じで面白い
登場人物が一人ひとり個性があり、ストーリーも現実的で面白い。
SNSやマスコミの対応など、まさに現代の世の中的な感じ。

余談ですが、菜々緒は美人の先輩で嫌われ役が多いのかな・・・。
2016/10/11
マスコミの報道の在り方と無責任なネット社会
素直に面白かった。
ただただ残念なのが井上真央が演技が上手すぎて可愛く見えないところ

↑に書いたようにマスコミの報道って本当にこのまんまで腹がたってきたので
★4つとした( '∀` )。他の方も書いてたけど現代社会の悪辣さを風刺した映画かな
最後の演出がちょっとなあ・・・って思ったけど。まあいいか
2018/5/8
下世話な人々の描写がリアル
化粧品会社の美人OLが惨殺され、事件のショックもつかの間、同僚たちの間では誰が犯人かとの噂話で持ち切りになる。犯人は誰なのか、全編、週刊誌記者のインタビューに取材対象者が口語で答える形式で、進んでいく。同じ事実も見る人が違えば180度違う意味を持つ、ということが物語の柱にされている。全体的に、同様の形式である浅田次郎の「珍妃の井戸」が優っていると思う。
しかし、週刊誌の取材に対して嬉々として勝手な憶測を語る人々の描写は大変リアル。出来事が衝撃的であるほど、「やっぱりね」と自分の理解の範疇に収めたがる人っているよね・・とげんなりした。
犯人の動機、被害者の人柄は、あまり意外性がなく、残念だった。
2017/10/12
「小説」として実験的、長編作品ではない(後半は資料)
昔流行った、懐かしのゲームブックのような体裁を少し持つ小説。
小説自体の分量が、書籍のうちの2/3ほどなので、内容的には長編より薄くなっている。
後半に掲載されている資料やSNS画面(を模したページ)などと行ったり来たりしながら読み進める、実験的な作品となっているので、それを楽しめるかどうかも大きなポイントである。
綾辻行人の「十角館の殺人」以降多用されてきた「HN」の人物と実際の人物の符合を考え合わせながら読む一面も。
映画版は小説からアレンジされている面も大きく、綾野剛の役(ジャーナリスト)がかなり立ってきていた。
2017年現在、湊かなえ唯一の電子化作品(マンガを除く)となっている点も興味深い。
2017/10/4
無責任な、人間のもつ心の闇
こうした、
無責任な人の噂、それを真に受けたり、面白がったりする私達人間の本質をついた作品でした。
こうしたネットやゴシップ記事は極力見ないようにしていますが、まれに行き当たってしまうこともあり、嫌な気持ちになります。
そうしたなかで、一人の人への多くの人の見方。というものは、本当に千差万別であることは救いでもあり、この物語の面白さだと思いました。

この作品を通して作者が言いたかったことは、今の時代に生きる私達への大事なメッセージではないかと思いました。

考えさせられる一冊でした。
2017/9/22
他人の印象と自分の思い出
関連資料はPaperwhiteでは読みにくかったです。
SNSの投稿画面や新聞の切り抜きはPCで見たほうがよさそうです。
 
人の悪意というものが巧みに表現されている。それが作者の得意とするところ。
ていねいに読み進めても良いですが、感情移入せずたんたんと読んでいくことが、
この作者の作品を楽しむためのコツだと思っています。
 
 
(ネタバレですみません)
過去の自分に対するイメージと他人から見た自分。こうも違ってくるか。
ちょっとした嫉妬や自己顕示欲から生じる小さな悪意が人間関係を狂わしていき、
つもりつもって他人の人生を破滅に導こうとしていきます。

偶然なのか、必然なのか。きっかけは何か。
 
SNS投稿画面で最初に氏名を書き込む人物が登場すると
「ああ、こいつが犯人で、濡れ衣を着せようとしているんだな」とわかってしまいます。
そのあとは「人の悪意」のフルコースをこころゆくまで堪能、、、となる。
作者ご自身もそれを望まれていると思いながら読み進めたところ、
最後に主要人物の一人がささやかな抵抗を試みるところで、
少々あらっぽい着地を試みたなといった感想を持ちました。
ここは登場人物全員を徹底的にどす黒く塗りつぶす結末か、本作のように若干の救いを残すか、
作者も少なからず悩まれたのではないかと邪推を楽しみました。
 
取材内容が雑誌や新聞の記事になる流れはなかなか面白く、
現実世界でも普通に起こりうる悲劇だと考えてしまいました。
嫉妬も自己顕示欲も、生まれながらの悪意ですら誰しも持ち合わせているはずですから。
 
 
2017/8/10
小説というより、もっと広い意味でのエンタメに挑戦しようとした作品
小説のアイディアとしては感心した。挑戦的な作風。ここまでくると小説というより、もっと広い範囲での娯楽商品といった方が適切か。
いろいろな人の語りを通して多面的にある出来事や人間を見る、というやり方は個人的にはとても好きだ。それは人間を深く掘り下げられたり意外な真実を発見できるからだが、そういう意味では物足りなかった。もっとも、おそらくこの形式で著者が表現したかったのはそういったことではなく、マスコミや噂の怖さだとか「事実」がどのように作られていくかという点だろう。そこに関しては少々オーバー気味に書かれている気もするが面白かった。

総合的に、斬新なアイディアをとりあえず作品化してみよう、というだけの作品だという印象を受けた。もったいない。
2017/6/26
最後が残念
作者特有の語り口調でストーリーが始まり、引き込まれるように
一区切りまで読み終えることができたのですが、肝心な最後が
ブログ?形式なアレはひどい。よみづらい。

新聞記事はまだ良いのですが、あの形式は読むのに疲れるし
急に冷めます。また犯人の殺人動機が曖昧で薄い感じがしました。
もっと納得できる動機であればスッキリしたかと思います。
詰めが甘い感じがしました。とても残念。
2017/6/9
これがどんでん返しか…
場面に相手が居ても会話形式ではなく一方の人間の喋りのみで進行します。我々読者に分からせるために「え?〜じゃないかって?」のように相手の質問を繰り返してからその答えを喋らせたりしていますが、そんな話し方は普通、電話で話していてこちら側にだけいる第三者に同時に内容を伝えようとする時にしか、しないでしょう。
小説の冒頭の「掴み」として、風変わりな体裁にしているのかなと思っていたら、次の章でもその次の章でも延々とこの語り口が続くので流石にイライラしてきました。
作者はしてやったりと思っているのかもしれませんが、かなりイタいです。
たまたま思いついた実験的な語り口を試すためにお金を払わされたようで、不愉快でした。
今までにない斬新な語り口!とか絶賛されるとでも思っているのかな?
最後までこの形式なのかと不安になって他の方のレビューに目を通すと、結末はどんでん返しがあるようなことが書いてあったので辛抱して読み続けました。
するとまだまだページは半分以上もあるのに、大したどんでん返しでもなく、ストンと終わってしまいました。
ページの大半は作中の雑誌記事などの参考資料で占められていただけでした。
あまりにつまらなくて呆気にとられたことがまさにどんでん返しのようでした。
2017/5/29
読み終えてから、秀逸!と感じた作品
読んでいる最中は特に もしろい、夢中に・・・・というわけでもなく、いろいろな人の証言などをたんたんと読んでいる感じ。
しかし、最後の最後で予想外の犯人に。
そこで初めて、この本が何を伝えたかったのか、の全容を把握できました。
いかにネットの情報が不確かか、思い込みや誤った情報からの安易な発言が 真実を遠ざけてしまうか・・・考えさせられました。
2017/5/17
面白かった
映画化にもなっただけに内容はかなり面白かったです。
というから、現代社会において誰にでもありえる(起こる?)事件なのではないかと・・。
2017/4/18
先見の・・・
私これ好きだ、きゃっきゃして読んでしまった、とくにこの最初の子、情報通って言うのか、お気楽組って言うのか、他人事みたいにペラペラペラペラ。顔も想像できたし、テレビにでてる、誰とかちゃんみたいな、話し上手の・・・・ってか、なんか誘導してるし・・・わたしがいつも見ているワイドショーのそれまた裏幕、当事者、(内部者)だし、詳しいわけだし・・・そこそこ小器用で、職場で、飲み会で、居て楽しいような子・・・それでそのあと、なんど話を焼き直されて誰かれ話しされても、飽きなかった・・・なんて私だ。
この後まだ、どんでん返しされても、まだ着いていく・・・みたいな、これほんとなのかなって・・・・、きょうニュースでやってる事件の顛末ももっと信じらんない。どんどん信じらんない・・・・・。もの書く人ってやっぱすごい・・・。
2017/4/17
登場人物に引き込まれ、一気に読めた
殺人事件の真相が、関係者の証言を元に明らかになっていくのだが、
その工程、登場人物に引き込まれ、一気に読めた。
2017/3/19
読み応えがない
全編口語調ですらすら読める反面、小説を読んでいる充実感がない。
2015/7/11
う〜ん・・・
期待外れでした。湊さんの作品としては、最後のオチがちょっと頂けない作品と思いました。
2014/9/25
気書き方が面白い
人物像が浮き上がってきて別な楽しみ方で読みました。少しわかりにくい点もありました
2016/9/15
面白かったです
登場人物ごとの視点で話が進んで行くので、分かりやすく読みやすかったです。
2015/8/9
映画化の影響で購入
湊かなえ作品は文庫化されるとすぐに購入していました。今回は映画化されることもあってぜひ読みたいと思い購入。
残念ながら映画は結局見る機会がつくれなかったのですが、原作だけでも読めて良かったです。
読みやすいので2日で読み切りました。中2の息子もあっという間に読み終えてしまいました。
忙しい身にはちょうどいい一冊でした。
2014/5/21
犯罪の容疑者になるというのはこういうことなんだろうな
まさしく悪意と集団心理
そしてそれを煽るマスコミ・・・
犯罪の容疑者になるというのはこういうことなんだろうなと
ミステリーといえばミステリーなんだろうけど
人間の俗悪さがなんとも気持ち悪くリアルに描かれてました
2016/1/25
白雪姫殺人事件読後の感想
白雪姫殺人事件は読んで大変に面白い作品です。人にすすめたくなる本ですね。
2018/8/2
Kindleで読みました。
ペーパーホワイトで。
本の内容はともかく、巻末の資料、写真が多くて、KindlePWではちょっと読みづらかったです。
読むなら紙の本のほうが読みやすいかも。
2014/4/21
今の時代って感じ・・・
Twitterとかを使っての経過が新しいやり方だと思った。
最後に参考として出すのではなく、その時のつぶやきで本文中に出てきた方が面白かったかも・・・
2014/5/7

Twitter

今まで借りて観た映画は
「22年目の告白」「MONSTERZ」「白ゆき姫殺人事件」「人狼ゲームシリーズ」「コナンシリーズ」「哭声(韓国)」「名もなき復讐(韓国)」「私が殺人犯です(韓国)」「超能力者(韓国)」「ミュージアム」「予告者」「秘密」「プラチナデータ」「白夜行」「新感染(韓国)」
などなど
いいかよく聞け。人の記憶ってのは捏造される。人は自分の都合のいいようにしか記憶を語らねえ。大切なことを見逃すな。/湊かなえ(映画:白ゆき姫殺人事件)
最近見た映画メモ

復習するは我にあり
疑惑
64-ロクヨン-
白ゆき姫殺人事件
理由
血と骨
愛の渦
三度目の殺人
長い長い殺人
女殺油地獄
ザ・ガールズ
失恋殺人
花鳥籠

下から4つはハズレ
今日は映画2本
白ゆき姫殺人事件
麒麟の翼
白ゆき姫殺人事件映画見たけど面白かったー!原作時間できたら読も
映画の「白ゆき姫殺人事件」のDVD観賞中。
綾野剛、相変わらずかっこいいですね。
#白ゆき姫殺人事件
#綾野剛
映画、白ゆき姫殺人事件のようなツイッターがテレビ画面に出る演出が凝ってて秀逸

#フェイクニュース
フェイクニュース気になる展開で終わった…
ネット怖いなといいつつ、こうやってネットを利用してしまっている…
映画の白ゆき姫殺人事件を見た時もネットこわってなったのに
白雪姫と打ったら白ゆき姫殺人事件って予測変換が出てきたんですけど、あれリビングで家族で見てたら 突然デデドン!(絶望)のSE(ほんとに映画で流れる)で、シリアスなシーンなのにぼくだけ大爆笑してしまい心配されたことを思い出す
アニメ映画だと今敏監督作品、邦画は白ゆき姫殺人事件。あとは空気人形や東京ゴミ女みたいな静かな雰囲気の映画も好き。
そうでしたか!それは失礼しました
湊かなえさんは読んだことないです!
告白や白ゆき姫殺人事件を映画で観て、原作読みたいなぁと思ってました
映画のイメージが強いので、人間の暗い部分を描くのが上手い作家さんという印象です。
映画観賞『白ゆき姫殺人事件』
殺人事件にツイッターとかSNSを絡めたお話
こうしたツールを活用した話はもう結構あると思うんですが 湊かなえ原作の作品らしくそれを使って露悪的な表現をしてあります そこまでではないけれど
わりと現実で似たような誤報とか捏造の流布はあるようですね
白ゆき姫殺人事件観たけどすごい映画で怖いわ〜
#白ゆき姫殺人事件
#告白
今日は帰ってきて湊かなえ(さん)の作品を2つ観ました!(^O^)
2作品とも話の進み方がとても面白かった
白ゆき姫殺人事件は事件の取材映像とともに進んでいき、告白は常に語り手がいて、変わりながら進んでいく形。
どちらもただのサスペンス映画ではなくてハラハラしました
タイトルからして面白そうやな。
告白は映画見た。小説はどうやったかなぁ…
往復書簡は読んだけどまた買う予定
白ゆき姫殺人事件は映画見たから小説買う予定。笑
後で本棚見てみるか…笑
ネット社会は素晴らしいけど
すごく怖い世界だよなって
思わせてくれる
白ゆき姫殺人事件っていう小説は
映画化もされてるぐらい面白い作品で
ほんとに面白いから見て読んで
ちなみに僕はなんの役でも出演していません
三度目の殺人おもしろかったな次は白ゆき姫殺人事件でも見るかなBO4届くまで映画三昧や
★ギャグ強め
SPEC
トリック
富豪刑事
★シリアス強め
MOZU
遺留捜査
アンフェア
ケイゾク
ペテロの葬列
白ゆき姫殺人事件(映画)
そして誰もいなくなった(スペシャルドラマ)
★ホラー
呪怨(リメイク版より初期派)
リング
仄暗い水の底から
着信アリ
黒い家
サイレン
残穢

Instagram

72
湊かなえの本
映画化、ドラマ化でも、話題作❗
#湊かなえ#告白#Nのために#白ゆき姫殺人事件#夜行観覧車#松たか子
#松雪泰子#吉永小百合
71
.
.
今日の映画は『白ゆき姫殺人事件』
椎名林檎の「ありあまる富」が合う映画だった
.
.
#film #filmphotography
#filmcamera #filmphoto
#instagood #i_gjapan
#ig_japan #igersjp #igers_japan #reco_ig #instagramjapan
#team_jp #hueart_life
#pentaxme #Spain #Barcelona
#スペイン #バルセロナ #風景
#白ゆき姫殺人事件 #椎名林檎 #ありあまる富
#フィルム #フィルム写真
#フィルムのある生活
#生活とフィルム
69
Twitter、ワイドショー、こわい。

でもいろんな意見や報道に
振り回されてるんだよなー。

想像してたよりガツンとくるもの
はなかったけどもう1回観たり、
原作読むとまた変わってくるだろうな。

映画を観終わると観た人の感想を
いろんなサイトで見るけど、その時が一番楽しい。

ぼーっと観てる私と違ってみんなの視点のすごさでさらに映画が面白くなる。

ほぅ。芹沢ブラザーズの雅也役の人は
さだまさしの息子なのか。

#白ゆき姫殺人事件 #湊かなえ #映画#映画鑑賞#邦画#Amazonプライム#amazonprime#井上真央#綾野剛#菜々緒#貫地谷しほり#蓮佛美沙子#金子ノブアキ#染谷将太#小野恵令奈#谷村美月
48
湊かなえさんの白ゆき姫殺人事件読了。ストーリーはいいが本編と資料を並行して読まなくてはいけないのが面倒くさい。#湊かなえ #白ゆき姫殺人事件 #読書 #読書感想 #read #book #映画化 #ストーリー面白いが読みにくい
38
#。
#白ゆき姫殺人事件
『美人な三木典子(菜々緒)を殺したのは誰?地味な同期の城野美姫(井上真央)なのか?』というお話。同級生や同僚、家族が城野美姫について勝手にあれやこれや話し出してマスコミやTwitterやネットの情報におどらされる人々。
おっ!という展開でなかなかおもしろかった。
#SPLIT #スプリット
『23の人格を持った人間が誘拐犯。はたして誘拐された女子高生3人は逃げることができるのか?そして24人目の人格は存在するのか?』
こんなマカヴォイさん観たくなかった(笑)やっぱり私のなかではナルニアのタムナスさん。。最後のシーンはシャイニングを彷彿とさせてドキドキして良かったけれど、うーん、もっと恐ろしいと良かった?あれだけの人格があるのに映画にすると時間が短くて描ききれていないような印象…
ちなみに私は、アンブレイカブル観ていないので観ていたらもっとおもしろかったのかな?
#whatsyournumber #運命の元カレ
安定のラブコメ。主演はアンナファリス。お相手はキャプテンアメリカことクリスエヴァンス。クリスエヴァンス、脱いで脱いで脱ぎまくります(笑)
『独身のアリー(アンナファリス)は、20人以上の男性と肉体関係をもった女性は未婚の可能性が高いと書いてある雑誌を読み、自分と肉体関係をもった男性が何人いるか数えたところ19人だったため、次に肉体関係をもつ人と結婚すると宣言するがあっけなく20人目を迎えてしまい、これ以上人数が増えると結婚できない!と焦り、人数を増やさないため元カレの中から結婚相手を探すことにするが…』というお話。アンナファリスはクリスプラットの元嫁さんですが、クリスプラットが元カレ役で出演していておもしろい。その他、ザカリークイント、マーティンフリーマン、トーマスレノン、アンソニーマッキー等ちょい役が豪華。
#駆込み女と駆出し男
『江戸時代。駆け込み寺である東慶寺には、それぞれいろいろな問題を抱えた離縁したい女性たちが集まってきて、、』というお話。
少し難しいところもありましたが、ほどよいコメディで、内容はこういうことあったんだろうなぁ、こういう人いたんだろうなぁ、と考えさせられるお話。
なかには暗くなりそうなストーリーもまざっていますが、大泉洋さんの陽気さで明るく仕上がっていて、観やすくなっています。
#映画部 #映画 #洋画 #洋画好き #邦画 #movie #cinema #ilovemovie
34
♡今月の読書♡
.
.
#22年目の告白 / #浜口倫太郎
映画化されたものを小説版に書き下ろしたものらしい。
退屈しない展開で、大好きな藤原竜也が悪の主役かと思ってたら、まさかの結末。
本の方が映画よりも細かい描写が多くて、内容も少し変えてあり、好きでした。
.
#白ゆき姫殺人事件 / #湊かなえ
日の出化粧品の美人社員・三木典子が何者かに惨殺される事件が起こり、典子と同期入社で地味な存在の女性・城野美姫に疑惑の目が向けられる。
週刊誌は美姫の同僚や同級生、家族を取材し、関係者たちの口からは美姫に関する内容の証言が飛び交い、噂が噂を呼び、何が真実なのか。
あちこち資料参照で頁をめくらないといけないのが少し手間だったけど、まぁこんな結末かな?
.
#さよなら僕らのスツールハウス / #岡崎琢磨
偶然同じ時期にシェアハウスで暮らすことになった人たちの間で起こった日常の謎な出来事が描かれている。
ほのぼのとするものもあれば、霊のトリックのようなものもあり、様々。
5つの短編話になってるけど、最後にスツールハウスの主と呼ばれる鶴屋素子の事情が明らかにされたときには、腑に落ちることがいくつもあった。
.
#聖女の救済 / #東野圭吾
資産家の男が自宅で毒殺された。
毒物混入方法は不明、男から一方的に離婚を切り出されていた妻には鉄壁のアリバイがあった。
絶対に不可能に思える犯行をガリレオ、湯川がいつものパターンで解決するが、今日はここまでと本を閉じようと思っても次々新たな展開になり、閉じれず面白く読めた。
.
#ユートピア / #湊かなえ
かつて殺人事件が起きた地域を活性化させようと、3人の女性が絡み合う。もうだいぶ終わりに近づいてるのにまだ伏線回収しきれてないと思っていると最後の1ページで、オチとなる。
ただ、その最後で全てスッキリには到底ならず、事件の概要や登場人物のその後などそこからの広がりは特になく、モヤモヤ。
女性のドロドロは今回もありました。
.
#悪いものが、きませんように / #芦沢央
不妊に悩みながら仕事を続けている紗英、専業主婦で子持ちの奈津子。
2人は仲良しだが立場の違いからお互い相手に言えない思いがあり、それぞれが母親との確執も抱えている。
そんな思いで読んでいたら、すっかり騙された。
ラストを知った上でもう一度読み返すと、主観が変わって面白かった。
.
.
台風で中止になった小学校の運動会、落ち着かないから明日開催されてほしいなぁ。。。
33
スタバで暇つぶし
*
*
#starbucks#スタバ#キャラメルマキアート#アメリカンスコーン#チョコ#難波#こんな時間からw#息子氏が観たい映画#梅田と難波でしか#上映してないってゆー#こんな時は読書#白ゆき姫殺人事件#湊かなえ#たまには1人の時間も大切#ゆっくりしよー
28
とりあえずApple pencilの描き味を試してみる。
たまたま続きをみてたDVDのチャプター画面を参照に。
うーむ。目が疲れること意外はわりと悪くない。
それとなにか物言いたげなりんごになってしまった。
にしても。たくさん書いて上達せねばなぁ。。
#applepencil
#ipad
#procreate
#お絵描き
#落書き
#白ゆき姫殺人事件
#映画鑑賞
27
かなり前に読み終わった「白ゆき姫殺人事件」もう1回読んでみた。湊かなえサン惹き込まれる。
女ってこわいな(ಠ .̫.̫ ಠ)
Amazonプライムで映画みよっと。


#白ゆき姫殺人事件
#湊かなえ
#読書の秋
20
。 NANAO is pretty earnestly.
#thesnowwhitemurdercase #movie
#白ゆき姫殺人事件 #映画
17
白ゆき姫殺人事件
読了日 2018.8.20



映画チラ見して読む気そんなに無かったけど読んだ。頭悪いから一気に読めば良かったんだろうけど、結局話がイマイチわからなかった。

#白ゆき姫殺人事件 #湊かなえ #読書 #読書記録 #図書室で借りた本 #本 #ミステリー
14
“カメ止め”レベルで面白かったのが…
#サマータイムマシーンブルース
これ、大っ好きなヤツ‼️面白すぎて震えたー。。。 人間臭い。無名俳優の演技がリアルすぎて引き込まれる。#恋人たち

あー…ぬあー……。。。
#それでもぼくはやってない

考えさせられました。ハイ。
キリトリ方、編集の怖さ。
#白ゆき姫殺人事件

#映画#。
14

@furotimeさんから悪魔がどーのと
おすすめ映画バトンが届きました。⠀

どんなに善人であろうとも
悪魔は心の中に存在するのだろう。
そんな悪魔的な作品を紹介



1 #白ゆき姫殺人事件
化粧品会社の美人OLが黒こげの状態で発見される所から事件は始まる。
情報を知った記者、赤星は調査を始める。
犯人は誰なのか、、ネットでは意見が飛び交う中、
真相は闇へ闇へと…
この映画で言えるのは、事件が起こる度騒ぎ立てるネットって怖ぇと思いました。
「花より男子」の主演を演じた井上真央の大人な演技に注目です。


2 #葛城事件
念願のマイホームを建て
これから良い家庭を築き上げるつもりが
なにがどうなったか、父親の変貌。
ろくでなしのクソオヤジ。
やがて家庭は崩壊し、息子は犯罪者に…
三浦友和の白熱の演技力に注目です。
洋服の青山のイメージだったけど、
アウトレイジあたりからなんかイメージ変わったね。


3 #紙の月
宮沢りえ演じる銀行員が、既婚者にも関わらず大学生と一夜を共に…。
その大学生に貢ようになり、やがて銀行のお金に着手してしまうのであった。
それはどんどんエスカレートして行き
収集がつかなくなってしまい…⠀


4 #サイレンス (原題HUSH)
耳の聞こえない女性作家が
森で一人で暮らしてる中、
殺人鬼に襲われる、といった作品です。
そんなに期待せず観てたけど
これが思ってた以上に面白かった。
似たような作品で盲目の老人宅に強盗が押し入る映画
#ドントブリーズ もオススメ。
old_blonco好物のただものではないじじいが出てきますw
座頭市のようで面白かったです。


5 #リフレジレイター
かなり昔に観た作品なので
内容はほとんど覚えてないけど、
人喰い冷蔵庫(笑)のお話です。

もう夜に冷蔵庫に行けなくナルゾ…。

クソ映画と言われてるけど、
B級映画好きにはオススメかも?


6 #ミステイクン
野性爆弾くっきー主演の映画。
パラノーマルアクティビティ
っぽく作ってあるんだけど、
くっきーワールド全開なので
賛否両論かもしれないけれど、
自分は楽しめましたよ。




怖いですねー怖いですねー
どうでしたか、自分的には
白ゆき姫殺人事件が超オススメです。
リフレジレイターは別に観なくてもいいと思いますw ⠀


さて、このバトンは @xxzion420xx さんにお渡しします。よろしく。


それでは、さよならさよならさよなら。 ⠀

#秋におすすめの映画2018#バトン
#映画好き
13
映画を観てストレス発散!
最近観たやつまとめ( ´∀`)
映画はほぼ#ミステリー しか観ない!
#三度目の殺人 #怒り #ミュージアム #白ゆき姫殺人事件
13
.
去年読んだ本。
.
#白ゆき姫殺人事件
.
化粧品会社の美人社員が黒焦げの遺体で発見された。
ひょんなことから事件の糸口をつかんだ週刊誌のフリー記者、
赤星は独自に調査を始める。
人々への聞き込みの結果、
浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同僚。
ネット上では憶測が飛び交い、週刊誌の報道は過熱する一方、
匿名とゆう名の皮を被った悪意と集団心理。
噂話の矛先は、いったい誰に刃を向けるのか。
.
絶対犯人じゃないだろうな。って思ってた人が犯人だった。
大どんでん返しで面白かった。
映画にもなってたから、もちろん見た。ネット怖い。
本読んでから映画見たからめっちゃ楽しめたなあ。
.
#白ゆき姫殺人事件#湊かなえ#bookstagram
#本大好き#本日記#本記録#活字中毒#book#読了#本が好き
11

湊かなえさんの作品の筋道を通したテンポの良いどんでん返し感は一度味わうと癖になる。大好きな作家さん。
いつも「どうせ予想を裏切るんでしょ」と裏の裏まで予想していくんだけど、そのさらに裏まで用意してあって、まんまと乗せられてしまう…(それがまた快感)

テレビ番組のディレクターの卵が取材してきた素材を切り貼りしてワイドショーのシナリオが出来上がるまでの過程が分かりやすく示されてて、事件の冤罪報道ってこうやって仕立てられてるんだろうなぁと頷いてしまう。そしてそれのまわりで過熱〜衰退していくSNS住人の様子もしかり。
取材する人間がTwitterで経過を呟く設定はさすがにアホすぎて現実的ではないかな…と思ってしまったけど。

そして井上真央さんの地味女子演技に愕然。いつもの美人さのかけらもないあの地味女子特有の表情とか姿勢とか(駅で階段駆け上がる時のガニ股具合とか)絶妙過ぎて。美人さんが全く可愛く見えないなんて…女優さんて本当に凄いなぁ!

#白ゆき姫殺人事件
#湊かなえ
#井上真央
#真夜中の映画鑑賞
#映画記録
5

(。)白ゆき姫殺人事件

(。。)2014年

(⏰)126分
_________________________________
【監督】
#中村義洋
【脚本】
#林民生
【出演】
#井上真央
#綾野剛
#菜々緒
#蓮佛美沙子
#金子ノブアキ
#貫地谷しほり
#染谷将太
_________________________________
#映画メモ
#白ゆき姫殺人事件
4
★★★☆☆
飛行機の中で観るくらいがちょうどいい映画。思わぬ百合があった。

#白ゆき姫殺人事件
#最近映画をみました
2
原作好きだったから観たんやけど…
微妙。
#映画観賞 #白ゆき姫殺人事件 #湊かなえ
1
#白ゆき姫殺人事件
#映画
0
最近観た映画。
「#白ゆき姫殺人事件 (2014年)」
「#ポテチ (2012年)」
「#ユメ十夜 (2007年)」
「#JamFilmsS (2005年)」
「#JamFilms2 (2003年)」
「#JamFilms (2002年)」
#y_cinema
関連する商品
口コミ投稿数ランキング
リンク