沈黙 サイレンスは見るべき?見ないべき?やらせなしの口コミと動画見放題サイトをまとめました。

信仰を追究した遠藤周作の代表作を、マーティン・スコセッシ監督が構想28年を経て映画化。師がキリシタン弾圧に屈したとの報を受けた司祭ロドリゴは長崎に潜入。幕府の厳しい取締りや裏切りに直面し囚われの身となり、信仰か信者たちの命か選択を迫られる。司祭ロドリゴ役の「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールド、棄教した宣教師フェレイラ役の「96時間」のリーアム・ニーソンに加え、窪塚洋介や浅野忠信らが参加。


この動画が見れる動画見放題サービス

  • dtv
    dtv見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2019/10/05
    dtvとは、映画・ドラマ・アニメ約12万作品が月額500円(税込み)の動画見放題サービスです。今なら31日間無料おためしあり。

口コミ

美しい・・・
沈黙の意味が身に染みた。遠藤周作の唱えた「同伴者」の考えは宗教を超えて美しいものだと思う。
海の色が最初は鉄色、それから灰緑、灰青、そして物語のクライマックスでは透明な碧緑と、どんどん苦しくなる状況と逆に描かれていたのが興味深かった。弱者への神の無言の祝福のようだった。
虫の声と波の音と・・無駄な音楽がないのも良かった。
2018/11/12
神が何を言えるだろうか
神が何を言えるだろうか。
苦しむ人々にかける言葉を持っているだろうか。
あるとすれば人の言葉。
血の通った人の言葉。
沈黙。
それこそが神の言葉。
されど、人の言葉はその沈黙の中から発せられる。
2018/11/11
難しい映画
観る人の宗教観によって評価はかなり変わるのではないかと思う。
日本の宗教観についてもある程度まっとうな捉え方が描かれているし
踏み絵ができないがために殉教するという、ある種のキリスト教の不条理さも描かれている。(キリスト教徒は怒るかもしれないが、絵を踏むくらいで破壊される信仰心ってどうなのと思う部分もある)

この映画のすばらしいところは、宣教師たちがキリスト教を日本に根付かせることに失敗したという結論でもなく、日本がキリスト教の弾圧に成功したとか、キリスト教が敗北したとかイージーな構図におさまるわけでもなく
当時の日本人キリシタンが信じていたものは、日本にあるうちに変化してしまったキリスト教(のようなもの)だという非常にリアリスティックな見方を提示しているところだと思う。

宣教師たちは自らの神のために殉教する日本人に感動し、キリスト教は真理だと確信する。
無辜の日本人は宣教師たちに鼓舞され、自らの神のために殉教する。
はたして両者の信じる神は同じなのか。

基本的に人間の愚かさを反射的に浮き彫りにしている映画だと思う。
擦れた見方をすれば、宣教師たちはひどく独善的だし、日本人はひどく蒙昧な描かれ方をしている。

また、宗教にまつわるストーリー上の出来事を描きながら、史実よりも宗教観に焦点を当て、宗教というものをそもそもどう捉えますかという点について、巧妙に観客に問いかけているように考えられた。

基本的人権の意識など微塵もない江戸時代の背景が描かれている様も興味深かった。
非常にまじめな映画で、観る価値があると思う。
キャストの演技も光っていた。
2018/11/11
なにかが脱落してるような
周作先生の沈黙とはちと違う 本と映像、脚本、俳優・・・の条件は当然違うが 根本的な表現が曖昧。本だけでよいのでは
2018/11/11
なかなかの意欲作だが
日本を舞台にしているものの過剰なステレオタイプに片寄らせないように何かしらの考証を重ねていることは目に明らかで意欲作と言える。
司祭らはそもそも英語が母語ではないのでは?という疑問は便宜上無視するとしても、日本人が外国語をあまりに流暢に話すもんでその点はリアリティよりも進行を優先させたことがわかるのでややマイナス。
より言語の壁を感じさせるリアルさを個人的には求めていたし、そこで苦労する司祭の姿を見たかった。
日本が舞台なので当然粗探しをしてしまうが、それを勘案しても引き込む力は中々にあり歴史の勉強にもなったため、芸術的な評価は難しいが新たな切り口の映画としては面白かった。
2018/11/10
人間とは
劇場公開時に観たかった作品。
監督がマーティン・スコセッシであるから尚のこと。
「タクシードライバー」を何十年も前に観た時から、
監督のファンであり、作品の中で描かれる人間性に惹かれ続けている。
そんな監督が、日本の歴史に関わる作品を創ってくれたなんて、と考えただけども、
嬉しい限りのことである。
そんな思いを持ちながら視聴したのであるが、
これほどまで中立的な視点で描ける監督の人間力に、まず驚いた。
淡々とした展開であるが、
現在を生きる我々の中に知らず内組み込まれているなにかに、
じわりじわり近づかされる恐ろしさに近い感覚を、
針で刺される痛みの強弱を常に感じつつ、
最後まで答えを求めさせられているようであった。
自分はいったい誰なのだろうかと、
痛烈に存在理由を突きつけれる作品だと思う。
素晴らしい以上のものに出会える瞬間がそこにはあるのでは。
2018/11/10
内容についてはノーコメントです
歴史の勉強がいかに大切か教えてくれる素晴らしい映画です。
作品のセリフで「an army of two」がとても皮肉に聞こえました。
ところでメキシコの宣教師の映画は作らないんですかね?
2018/11/10
沈黙を守る神
ロドリゴとガルペの二人の神父は、先任の宣教師が日本で布教活動中に棄教したことを
知り、密かに長崎へとやってくる。当時の日本は島原の乱の勃発によって幕府は徳川政権の
維持・強化の一環として農民たちの結束力を恐れ、キリスト教が広がることを快く思わず、
キリシタンの弾圧を一層強化します。

ここで、農民たちが何故キリスト教を心の拠りどころにし、それが急速に広まった状況と
いうものをもう少し詳しく説明されていると、布教拡大の説得力がより強まったのでは
ないかと思います。

この作品を観ながら宗教や信仰というものは一体何だろうって考えさせられました。
そこに「家内安全」や「無病息災」を求めたり、本当に切羽詰まった状況で「神も仏も
無いものか」とか「困った時の神頼み」などと人はそこに救いを見出したりもします。

現実には本当に神が存在すると考えている人はまずいないと思いますが、この宗教と
いう存在、昔から争いの火種になってきたことだけは確かです。
2018/11/9
日本人ではないクリスチャンに見てほしい映画
篠田監督の同名、古い映画は見てがっかりした記憶がある。今回のスコセッシ版は段違いの出来栄え、信仰と救済の関係をヨーロッパのありきたりの状況ではなく、江戸時代の日本という極めて特殊な状況において描いた傑作。とくに、後半に入って主人公の師だった「転びバテレン」が登場してからが圧巻。日本人俳優もいい味を出した名演で感心した。
2018/11/8
ひきこまれた
時代物ってあんまりみないけど、これはけっこうひきこまれました。
2018/11/8
一方通行でなく
重そうな映画と思い鑑賞を先延ばしてきました。

日本人俳優が、カタコトの日本語でなく見事な演技を発揮してます。このような大作で
日本人側から見るとすばらしいコラボと思います。
2017/9/17
世界遺産登録おめでとうございます
日本の歴史とても深いです。単にキリシタン弾圧という見方ではなく潜在的な宗教観、土の中でしっかりと根を育てるという強さを感じました。素晴らしい作品だと思います。
2018/5/6
小説を既読か未読か
で、感想がちがう映画だろうと思いました。
重い重い筋運びだけれど決してきれいと言えない村や村人をどこか詩的に
映す映像は全編とおして続く状況の鬱屈さをやわらかく包んで見えて
そういう表現を堪能できたのがよかったです。
2018/3/20
面白かった!
日本での上映期間が短かったため見れなかったので初アマゾンで購入して見てみました。
ストーリーも面白かったです。実話かな?!分かりませんが当時の時代の大変さが伺えました。
ここでの面白いは興味深いの意味で笑いがあるような映画ではありません。
2017/10/3
とても良かった
信仰とはなにか考えさせられた映画でした。久しぶりに当たりでした。
2017/9/7
転び神父の真実が分かる映画です。
感動し、また遠藤周作の本を読みなおしました。転び神父の真実がわかりました。
2017/8/18
なるほど
二時間半と長いですが、長さを感じさせないです
素晴らしい映画だと思いました

観てない人は観るべきだとお勧めしたい映画です。

原作は読んでませんが、いつか読みたいです。
2018/6/17
面白かったです
「神の不在と沈黙」
原作に忠実と言う訳ではありませんが、スコセッシ監督の熱い想いがヒシヒシと感じられる映画です。
2018/10/5
打ちひしがれた信仰心
この映画を観てみたいと思っていたが、
残酷な拷問、処刑シーンが沢山出てきそうで
観るのを避けていましたが、アマゾンでやっと観ることが出来ました。主人公の強い信仰心を時間をかけて減退させていく、この時代の幕府の残酷さがとても印象的でした。良い映画でした。
2018/9/20
久々に感動しました。
感動しました。
信じることの素晴らしさと傲慢さ両方を学べました。何回も観ました。
2018/8/7

Twitter

こんばんは

省吾さんの歌の中でも、目立たない歌の一つですよね
静かな歌だから『SILENCE』ぐらいに思ってましたが…

遠藤周作の小説が映画化されて、『沈黙-サイレンス-』というタイトルになったのを思い出して、この歌のタイトルの意味も静けさじゃなくて沈黙かもしれないなと感じました
『夢』はプレスシート、ポスター、絵コンテ集を集めたぐらい最も好きな黒澤映画の一本。直接顔に狐の特殊メイクを施し再現された狐の嫁入りと幼少の主人公を描いた「日照り雨」と『タクシードライバー』、『沈黙 サイレンス』の映画監督マーティン・スコセッシが画家ゴッホを演じた「鴉」が特に好き。
ライフ・オブ・ブライアン
第七の封印
ホーリー・マウンテン
哭声 コクソン
神様メール
エンゼル・ハート
ブリムストーン
愛のむきだし
マザー!
沈黙 サイレンス

『ホーリー・マウンテン』は果たして宗教映画といっていいのか問題が…。

#宗教映画ベストテン
最近観た映画

パッセンジャー
沈黙 サイレンス
ムーンライト
RAW
イコライザー
イントゥザストーム
ハクソーリッジ
グリーンインフェルノ
スプリット
ナイトクローラー
ルーム
「沈黙サイレンス」を見ようかどうしようか迷ったあげく、何故か「ナイスガイズ!」という映画でライアン ゴズリングの体当たりコメディ観てる。コメディも上手いな
沈黙-サイレンス-/2016

クレイジージャーニーで隠れキリシタンの回をみてから観たいなーと思っていた映画。キチジローが窪塚洋介さんなの驚きました。本当に演技のうまい役者さんですね。浅野忠信さん演じる通詞の台詞が心にささりました。エンドロールの虫と波の音がとてもいい。

#ファンアート
それで思い出したのが、マーティン・スコセッシの「沈黙 -サイレンス-」って映画だ。
あまり話題にならなかったけど、俺、あの映画、すごい好きなんだよね。原作は遠藤周作。
(つづく)
好きな映画監督の五指にマーティン・スコセッシとクリント・イーストウッドが入る自分としては、沈黙-サイレンス-とか硫黄島からの手紙をみるにつけ、日本に生まれてよかったと思う
4ステの「ノートルダムの鐘」
まさかこんなところで聴けるとは…
今まで観に行ったことある唯一のミュージカルで、とても好きな作品。
演奏も演出もとても素敵だった。

5ステは映画の「沈黙-サイレンス-」を思い出して、途中泣きかけた。

他の曲も最初から最後まで聴き入りすぎて一瞬の演奏会でした
「俺は本当の神を恨んだことはない。俺が恨んでいるのは人々が信じる神だ」byマリリン・マンソン

この言葉に同感。この映画に回答が存在しないのはそういう事なのかな?ヒグラシの鳴き声が象徴的にそれを表す。

いやぁ、さすがスコセッシ♪良い映画でした。
#沈黙サイレンス
2018良かった映画

・人生フルーツ
・ハーヴェイミルク
・沈黙〜サイレンス〜
映画見終わった。ただただ、暗い「沈黙-サイレンス」地味に好きな映画でね。隠れキリシタン達の話でね、最終的に宣教師が廃教して日本で人生を送るんだけど。どんどん殺されてくのよ。日本人キリシタンが。
救いは無いんだけど、なんかキリシタン達の生き様が好きなんだ。
「野火」
「ヴィタール」
「悪夢探偵」
「沈黙-サイレンス-」
#塚本晋也監督
お誕生日おめでとうございます。
何時も戦う姿勢を崩さない
それでいて常に礼儀正しく
謙虚な方
最初に好きになった映画監督で、
今でも一番好きな監督。
俳優としても大好きです。
ウルトラQ、蛇姫様等心に残るものも同じ
友人には心温まるミュージカル映画として「ダンサーインザダーク」、あと「アニー・ホール」「沈黙-サイレンス」とか見やすくて面白いと勧めました。
2018年(私が)見たオススメ映画まとめたよ
·新感染
·コクソン
·ミッションインポッシブル フォールアウト
·アベンジャーズ インフィニティウォー
·アントマン
·ヘレディタリー 継承
·リメンバーミー
·若おかみは小学生!
·ダンケルク
·バーフバリ
·カメラを止めるな
·沈黙 サイレンス

見てみてね
観そびれていた映画をレンタルで。『沈黙 -サイレンス-』『聖なる鹿殺し』『パディントン』『バイオハザード(II〜ザ・ファイナル)』。『沈黙 -サイレンス-』はほぼ原作通り。ラストのあれは確か...敬虔なクリスチャンだったスコセッシの気持ちなんだろうな。アカデミー監督賞あげなさいよと思った。
マーティンスコセッシの沈黙 サイレンス、レビューでは冗長で退屈とかあったけど私には台湾の自然とか原風景とかめっちゃ美しいし虫の音も心地良かったし拷問シーンそんなになかったし静かに進んでいくしまた観たい映画
どうしてか知らないがまた沈黙サイレンスを観てしまった。江戸時代の空気感のようなものが、とてもリアルなんだよなこの映画。
2018年
家で見た映画 1〜10
1 沈黙 サイレンス
2 あゝ、荒野
3 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
4 わたしを離さないで
5 ハンガー・ゲーム
6 アバウトタイム 愛おしい時間〜
7 淵に立つ
8 ストレイト・アウタ・コンプトン
9 最高の花婿
10 愚行録
#映画
ところで25日にCSで遠藤周作原作の映画「沈黙-サイレンス-」をやってたので録画視聴したんだけど、よりにもよってクリスマスにその映画を放送するセンス 嫌いじゃない
久しぶりに映画熱が高まって色々とレンタル。
沈黙 -サイレンス-、サクリファイス、ストーカー、勝手にしやがれ、Dollsを借りました。
主演ウィレム・デフォーも今まで演じたもっとも好きな役としてこの映画挙げてた。でも同映画の監督マーティン・スコセッシが最近監督した「沈黙~サイレンス」は米国のレビュー見ると評価はかなりイマイチ。テーマがキリスト教布教の挫折だけに「この映画を見るな」と強弁する敬虔なクリスチャンも多数
映画「沈黙(サイレンス)」の主人公の司祭ロドリゴはポルトガル人だが、その様子をナレーションしているディーター・アルブレヒトはオランダ人という設定。オランダ貿易会社の医師として航海した際に、「背信司祭」が禁制物取締官を担っていることを目撃。
「沈黙・サイレンス」見た。音(無音)の使い方がうまい。
絵もきれいでとても映画的です…が、最近考えてることと違うアプローチしていて、自分はどちらに行きたいのかまだ分からんな。
リーアムニーソンが96時間以内に妻と娘を助ける映画です☺︎

Netflixで「沈黙 -サイレンス-」を観よう
読書の気分ではなかったので映画。Netflixで『沈黙 -サイレンス-』観ました。原作を知っているとはいえ……。
沈黙-サイレンス-を観た。
キリキリと胸が締め付けられるような気持ちになる映画だったなぁ..。
予想に反して結構面白かった。歴史や宗教学に興味があるならオススメ。キリスト教が中心テーマなので、仏教や文化的相違点、風俗の描写は殆ど無くて少し残念。ですがとても深みのある映画でした。原作も読んでみる予定。(Netflix) 「沈黙 -サイレンス-」
ジョニー・デップ主演で写真家ユージン・スミスを描く映画「Minamata(水俣)」の監督はアンドリュー・レヴィタス。
ユージンの奥様アイリーン・美緒子・スミスさんの原作をデヴィッド・K・ケスラーが脚色。
スコセッシ「沈黙-サイレンス-」の時のようにロケハンだけで日本撮影無しってのは勘弁を。
今日観た映画「沈黙-サイレンス-」江戸時代にキリシタン弾圧下の長崎に来た司祭のお話。スゴイ映画なんだけど、宗教観が違いすぎて人物の心情とか理解に苦しむお話でした。日本人としてもちょっと複雑な心境になりました。
あと途中からイッセー尾形がダースシディアスに見えて仕方がなかったですw
沈黙 サイレンス
考えの映画
映画「沈黙~サイレンス~」を観ると余計にねぇ… #ijuin
「沈黙-サイレンス-」
下手なホラー映画より怖い

Instagram

15
最近、映画「沈黙 サイレンス」をamazonプライムで観ました。原作の小説より、ハードな描写。苦悩の果てにある絶望。信仰心の尊さ。残酷な歴史の延長上に生きている、わたし。エンドロールを最後まで見て、それでも名残惜しく、予告編をみたら…このコピー 「人間がこんなに哀しいのに 主よ、海があまりに碧いのです」

泣いた。

#遠藤周作 #沈黙 #隠れキリシタン #オススメ映画
10
凄く良かった!
勉強になる!
キャストがいい!

昔、「パッション」っていうイエスキリストの映画を観て衝撃的だったけど(なんなら観終わった後 図書館に聖書借りに行ったw)、この映画も心に刺さる。

私は無宗教派だけど無神論者じゃないから、日本の仏教とかキリスト教とか宗教の在り方には興味がある。
最近は古事記が気になるw

#沈黙#サイレンス#silence#映画#マーティンスコセッシ #隠れキリシタン#潜伏キリシタン#キリスト教
7
そこまでせんなアカンかったんやろか。
そんなに恐ろしいものなんやろか。

#遠藤周作
#沈黙
#サイレンス
#silence
#映画
#切支丹
#難しい
4
沈黙~サイレンス~

窪塚洋介と
片桐はいり
加瀬亮
浅野忠信
小松菜奈
イッセー尾形
他、たくさん
が出ているよ。

見ていて辛い‼
が、
2時間以上あるけど
全然長く感じない‼

私は特に信仰は無いし、
これからも信仰を持つ気はサラサラないけれど、この映画は信仰の有無関係無しに
観て良かった‼‼‼
色々考えさせられた。

涙が止まらないだ(つд;*) 我が家で唯一信仰のある
カトリック信者の主人が観たら
何て言うかしら。
一応勧めておいた!

#沈黙
#サイレンス
#キリシタン
#映画
#窪塚洋介
#片桐はいり
#加瀬亮
#浅野忠信
#小松菜奈
#イッセー尾形
#韓国人
#主人
#カトリック
関連する商品
口コミ投稿数ランキング
リンク