宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟は見ないべき?動画見放題配信サービスまとめ。

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟は見ないべき?動画見放題配信サービスまとめ。
動画の評価総合


この動画が見れる動画見放題サービス

  • dtv
    dtv見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2019/12/04
    dtvとは、映画・ドラマ・アニメ約12万作品が月額500円(税込み)の動画見放題サービスです。今なら31日間無料おためしあり。

  • dtv
    dアニメ見放題
    最終チェック日:2018/11/25
    dアニメとは、NTT DOCOMOが提供するアニメに特化した月額400円(税込み)の見放題のサービスです。今なら31日間無料おためしあり。

  • dtv
    amazonプライム動画
    プライム会員特典
    動画の評価
    最終チェック日:2018/11/25

口コミ

あまりいじらないで欲しい
リメイクするなら多少のメカ設定を変えるくらいなら良いけど、これだけいじられたら意味不明なものになる。止めてくれないか
2018/11/23
楽しめる作品でした。
正直、余り期待しないで流し見る感じでと思っていましたが、なかなか楽しめました。初代テレビシリーズから何度も繰り返し見ている熱烈ファンの皆様は「焼き直しで残念・・・」的に言及していますが思いの他、星が多い評価にびっくり(笑)
時代は変わり、初代テレビシリーズから40年以上経過して、戦闘シーンや登場人物がイケメン揃い、特に女性クルーの多さにワクワクしました(笑) ガトランティス語もガミラスとの共闘も冒頭の二分間で29万光年位、航海が進むのもスピンオフ作品としては上出来と思いました。
2018/11/7
人を思う気持ち
とてもとても素敵でした

はかなさ尊さ豊かさ 本質が
伝わり涙が止まりませんでした
ありがとうございます。
2018/11/6
雑魚はあくまでも雑魚
雑魚キャラの攻撃はなんの緊迫感もない
リメイクを重ねてもお子ちゃま向け戦闘シーン
2018/10/31
こんな結末、認められるかよ!!
正直、ヤマトは新旧ともにほぼ興味ないんですけど(ファンの皆様ごめんなさい)
2199だけはなんとなく観てて、ドメルとの戦闘だけは面白いと思っていました。
この作品も正直ストーリー的にはどうかと思うのですが、こんな結末、認められるかよ!!
と騒いでいた人が、認めなかった甲斐があったのか生きてて嬉しく思いました。
2018/10/27
満足感あり
期待せずに観させてもらいましたが、がっかり感なしで済みました。子供のころに夢中になって観ていたようには行きませんが、脇役たちの造形に深みがあって、楽しめました。かつての主役たちの方が平面的でした。SF的にも、未知との遭遇的なものもあり、その中での和解のドラマが組み込まれているのもよかったです。
2018/10/27
着いた星は惑星ファンタム!?
初代ヤマト関係なしで見ればまあ見れる
作品名変えて出せば
結構評判良くなったのでは?
最近のリメイク作品はそんなのが多い気がする

でも、最後のメガルーダー撃破の後
ネレディアが”ヤマトは?”と叫ぶときのBGMは
出発のテーマ(初代ヤマト第3話でガミラス超大型ミサイル撃破の後流れるBGM)を
使って見せ場を作って欲しかったな
2018/10/26
サイドストーリー的な感じ
いまテレビ版のヤマトが始まったので何かないかなと探してたらこの映画を発見。
ネタバレになるのであまり書きませんが、ストーリーはイスカンダルから地球に帰る途中で起きた話です。
テレビ版で出てきてたキャラがちらほら出てきますので多少は話が繋がってるのかなって感じです。
サクッと見れて面白かったです。
2018/10/23
少女キャラ多すぎ!
やっぱ波動砲が一度もないのはね。てか、少女キャラ多すぎ・・・アニメオタクを意識し過ぎなのでは??
少女アニメチックで緊迫感を無くさせている!やっぱ松本零士デザインじゃないとね。
2018/10/20
なんで船型なんだ
面白かったが、序盤は丁寧に進んでいったけど、後半は走り過ぎで、え? ガトランティスはそのテストに不合格で仲間はずれなんだあ(ちょいネタバレ)。そうなんだとなんとなく。  ヤマトシリーズの宇宙船は船型なんだけど、なんでよ
2018/10/12
「作品」と言う意味で良作
宇宙戦艦ヤマト2199に込めたメッセージのだめ押し的集大成として良作だと思います。
宇宙戦艦ヤマト2199の本編はは1974に作られた宇宙戦艦ヤマトのリメイクとして作られたため、大枠は元の作品と同じです。しかしながら込められたメッセージは現代に適したものになっています。
そのメッセージを引き継いで、本作はその定着を狙ったストーリー立てがされていたと感じますし、この点大きく評価されるべきものと思います。
アニメーションが単なる使い捨てのエンターテイメントで終わるか、表現手段として次のステップに移行できるか、少し嗜好の面で古い感じは否めませんが、その分岐点において次のステップに移行を始めた作品の一つだと評価します。
できれば、他のアニメーションにもビジネスが成り立てば良いだけの使い捨てではなく何かを伝えるため、たとえば有りたい未来を願っての表現手段した作品が増える事を望みます。
2018/9/9
ヤマトつかってスタートレック
ヤマトを使ってTNG「ホテルロイヤルの謎」みたいなの作りたかったんかな

これは完全なサイドストリー(番外編)やね

十分面白かったし、内容も軽めでよいですね。 

ヤマト的な何かを求めてる人には消化不良かも
2018/9/6
スタートレック(TNG)ファンは楽しめるのでは?
他の方も触れていますが、スタートレック(TNG)のファンなら途中で気付く展開になっています。

TNGの世界では食糧危機が解決されているため、基本的に生きるための争いは発生しません。
ましてピカード艦長のように「Q」(限りなく神に近い存在)の存在とその力を知ってしまったらなおさらでしょう。

ヤマト2では無敵のような敵に対峙して絶望的なラストを迎え「奇跡」が起こるのでしょうが、その「奇跡」の存在を敵将が知ってしまったら同じ行いを出来たでしょうか?

スタートレック(TNG)の世界では、争いが起こらな過ぎて物語が作りづらいので、その後の世界観に修正が入っています。よくアメリカでこの物語が出来たなと多様性に驚きましたが、基本的には好戦的なんですよね。
ただ、最近のピカード艦長復活のニュースを見ると、世界中で求められている物語なんだな~と再確認。

ヤマトシリーズのその後の世界観は、イメージにある敵の殲滅ではなく、同盟国を増やしていく方向です。しばらくお休みしていた分遅れていますし、スタートレックやマクロス、ガンダムとのクロスオーバー的な部分も多くみられます。ただ一人の「SF」ファンとしては、終着駅は一緒だと思っていますので、パクリとは捉えず楽しもうと思っています。
2018/9/15
時代という奴だ~良い意味で
イスカンダルへの航海も観たが今回のヤマトは女性乗組員の多さに時代を感じる。
男女同権がここにも . . . (;^_^A
波動砲の扱いも難しくなってるが、現代の「核」に擬(なぞら)えるのは複雑にしすぎじゃないかな?
この後のガトランティス戦でヤマトを終わりにするつもりだったら意図がなんとなく解るんだがね。

で今作はリメイクとは異なり一応オリジナルストーリー。
旧テレビ版でグダグダ続けたヤマトとは段違いに練られた物語でテーマは異星間での相互理解、そして宇宙平和への道筋ってところ。ガミラス側のキャラは女性指揮官が魅力的すぎて他がどうでもよくなってしまった . . .
古代進は旧作から延々と成長してる雰囲気、青臭さはそのままだが経験値は50歳代くらいかなw
2018/9/18
ガトランティスがクリンゴン化しているw
オリジナル版にはなかった1と2をつなぐ新作ストーリーといった感じで楽しめました。こういう翻案は大歓迎です。地球とガミラスが共同戦線を張ることになる理由も丁寧に描かれています。面白かったのはガトランティスの軍人たちがスタートレックのクリンゴン人化している事。思わずクスッとなりました。この作品があることで2202にスムーズに繋がりますので、未見の方は必見です。
2018/9/11
TV版26話の中のくそ話をなぜまた使う?
TV版であった、人の心が読めるって種族に再びたぶらかされたっていうエピソード(個人的にはくそ話)がこの作品の大半を占めます。TV版でこのエピソードは失敗だったという認識はないみたいです。というか、製作側にこの系統の話を支持ずる勢力なり監督の意向なりがあるように感じます。スパイスとして少しエピソードを入れるのは構わないが、全体がほぼこれ、というのは違うと思う。もっとフォーカスを充てるべきテーマがあったのではないでしょうか。

あと気になった点はガトランティスがスタートレックのクリンゴンと80%くらい同じ設定に変貌しているということ。まあ、好きだし、キャラクター的にこれくらい濃いのが必要だったというのは理解できるのでOKです(訴えられなければいいけど...)。
2018/9/30
ジジイ生きてたんかい!!
2199は第6章までは楽しく見れて劇場にまで行った口ですが、イスカンダルの水着大会やデスラーの女々しい
恥ずかしいまでの腑抜けぶりに呆れて続編は一切みていませんでした。
今回ようやくプライム無料で観る気になり、5年ぶりに2199の作品を見ることになったのですが、
もうね、ずっと死んでたと思ってた味のあるジジイどもやバーガーまで生きていたという下りだけで爆笑ですわ。
いや、ありがとう。面白かったわ。
まあストーリーは・・・こんなもんでしょ。そんなに深く入り込んで見る作品じゃない。
低評価してる連中は何で見てるのか不思議。普通3章辺りで切るでしょ。
観つづけて粘着して酷評しているのが不思議でしょうがない。
2018/9/26
面白い試みながら脚本の練りがもう一歩
ヤマト2199の新鮮な驚きをそのままに、ちょっと変わった切り口で描かれたスピンオフ。
昔の映画の小ネタがいろいろ入れてあったりして、なんとも憎らしい演出ですが、
主軸は本編でも一度描かれたエピソードが元で、またそれでやるの?とちょっと思ってしまいました。
脚本もやや詰めが足りてない印象です。
ガトランティスの描写や戦闘シーンは相変わらずいい出来です。
2018/9/7
あれ?帰らないの?
「追憶の航海」を観た後にイスカンダルからの復路(完結)が描かれていると思い観ましたが…。

確かに復路ではあるが、なんと言うか途中の1イベント(外伝?)的な作品なんですね。
まぁ、それなりに悪くはないんですが途中のホテルのくだりは、なんと言うか間延びした感じがして、私は所謂オタクではないので単純な娯楽というか、ハッキリ(単純な)した勧善懲悪(善:ヤマト 悪:ガトランティス)と言うか艦隊戦が観たかったので、肩透かしな印象を受けました。
しかも地球に帰らないし。
いや、悪くはないんですよ。多分、求めているものが違うだけで。
2018/10/3
そつない仕上がり
本作品の本編となる「ヤマト2199」は、いろいろとそつがあった旧作を巧みな設定とストーリー展開で矛盾なく仕上げ、リメイクに成功した傑作です。本作品もそつなく仕上げてありました。おもしろかったです。不満なところは、主人公補正が健在で(これは本編にもいえますが)、ヤマトに敵の攻撃が当たらなさすぎるところですね。
2018/9/10
関連する商品
口コミ投稿数ランキング
リンク