チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸は見ないべき?動画見放題サイトをまとめました。

チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸は見ないべき?動画見放題サイトをまとめました。
動画の評価総合

海堂尊のベストセラー小説を伊藤淳史主演でドラマ化したシリーズ第3弾。Ai(死亡時画像診断)センターの設立をめぐり新型MRIで起こった殺人事件の真相に、田口&白鳥の“バチスタ”コンビが挑む。


この動画が見れる動画見放題サービス

  • dtv
    dtv見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2019/06/28
    dtvとは、映画・ドラマ・アニメ約12万作品が月額500円(税込み)の動画見放題サービスです。今なら31日間無料おためしあり。

口コミ

面白かったです
医療ミステリーというよりは、普通に殺人ミステリーで警察も大きく関わってきているのが個人的に好みなのかもしれないです
話は判っていても何度見ても面白いです。あとドラマの中のドラマなのですけど、放送時間が勤務時間帯でいいの?というツッコミが(笑)
2017/2/1
いや~、面白かった!
キャスティング、脚本、ドラマの展開、いずれをとっても素晴らしい出来だと思う。
おすすめします!!
2017/1/8
こんなに良く出来てるとは。
元々の小説はバチスタとナイチンゲールのみ読んでいた。アマゾンプライムにドラマがあるのを見かけて、1,2,3と続けてみたけど、
脚本の完成度も演技の質も高い。また問題提起も一筋に貫かれていて、非常にすばらしいドラマ。放映当時の視聴率も12〜3%と低くはなかったようだけど、再度評価されてよいシリーズだと思う。だからこそ関西テレビもプライムで配信することにしたんだとは思うけれども。
2017/1/7
濃い登場人物達が織りなすハラハラ感
 まず、登場人物達が濃いです。
 それぞれの立ち位置、信念、思考がはっきりしていて、かつ、わかりやすいので
すぐドラマにのめり込むことが出来ました。
 そのため、登場人物を観ているだけで「何かやって来そう」とワクワクでき、その
存在感はとても魅力的です。

 衝突を繰り返し、一時はどうなることかと思いましたが、何とかまとまる様子は
見事だとも思えました。

 自分にとっては近年のTVドラマでも5本の指に入るくらい面白い作品でした。
2014/2/19
凸凹コンビ
 今回は警察の方達も出てきて過去の殺人事件も絡んできたりで全体的にシリアスなシーンが多かったように思いますが、そんな中でも相変わらず白鳥・田口の凸凹コンビが面白い。田口先生が言われっぱなしじゃなくてだんだん強くたくましくなってきてるのが回を追うごとに分かります。今回のシリーズではふたりの絆の強さみたいなものがすごく伝わってきました。他のキャラクターも皆それぞれの信念を持っていて魅力的だし、たまちゃんあたりはもし続編があったらまた出てほしいです。癒し系刑事。

 そしてなにより特典映像が充実しているのが嬉しい。
 未公開シーン集は、「なんでカットしちゃったのもったいない!」って思えるようなシーンも収録されています。本編でちょっと結局あの人のあの件についてはどうなったの?ってもやっとしたところがあったんですが、そこがちゃんと入っていたのがよかったです。お誕生日の映像もみなさん和やかな感じでほのぼのしました。大好きなドラマです。
 
2011/12/29
MRI室に容疑者全員集まったときのドキドキ感
Aiセンターを設立することになった東城医大。集められたのは特別愁訴外来の田口(伊藤淳史)、厚生労働省の白鳥(仲村トオル)、スイスから招かれた放射線科の島津先生(安田顕)、法医学教室の笹井先生(小西真奈美)、警察庁の北山審議官(尾美としのり)と宇佐見警視(福士誠治)。
しかしAiセンター設立に反対する者が現れ、更に殺人事件が発生し…。

登場人物たちはそれぞれ違う考え方(生き方)を持っていて、ゆずれないものを胸に全力で突っ走っていく様は、(考え方に共感できるかはさておき)見ていて気持ち良かったです。
全員が暴走して収集がつくのかと思いましたが、最後何とか着地しています。

特典映像はディレクターズカット版の最終話、伊藤淳史さん&仲村トオルさんが出題するバチスタクイズ、宇佐見役・福士誠治さんのバースデイ映像・・・など。
初回ブームアップ番組や制作発表用VTRは、ドラマが早撮りだったためか、よく見るとドラマ後半に登場する場所&シーンが出ていて面白かったです。

初回特典のフォトブックは、劇中で斑鳩室長(高橋克典)が調査した白鳥についての報告書の一部が掲載されていて、楽しく読みました。
2011/12/11
より捻りを加えた展開
3という事でとにかく捻りに捻った展開で最後までハラハラさせてくれました。
しかし多少捻り過ぎた感じがするせいか中盤からは視聴者を置いてきぼりにする位の怒涛の展開の応酬は流石に痺れたと同時に疲れましたね(笑)
ただ近年ここまで綿密にかつ丁寧に複数の伏線を張り巡らせて、最後の最後まで真犯人を分からせない作品も少ないだけにシリーズ通してこのクオリティーを維持しているのは好感が持てますね。

このシリーズでは終始主人公側と敵対する立場として高橋克典が登場してますが、その存在感も見事でしたね。
とにかく淡々と自分の正義を語り、頑なにそれを曲げない信念の塊の様な斑鳩は高橋克典にしか演じられないとも思いました。
前作の西島といい、バチスタコンビと敵対する立場の人間は異様に存在感があって引き立ちますね〜
2011/10/24
抜群の安定感
面白かったです。シリーズ1から見てますけど
1・2見ていなくても安心して楽しめると思います。

医療ドラマでもあり刑事ドラマでもあり
一粒で二度おいしい
ミステリー好きにはたまらない作品です。
1年に1本ドラマを見るか見ないかの
私の夫もハマっていました。

AiとMRI室と松崎事件とその関係者が
ものすごくうまく絡み合っていて
なおかつ斑鳩(高橋克典)とか宇佐美(福士誠治)とか
島津先生(安田顕)とか
1話目から常にいい感じで
怪しさをぷんぷん醸し出してくれました。

そしてグッチーと白鳥さんが
抜群の安定感でバッサバッサと事件を解決していきます。
白鳥さん頭がよすぎて惚れます。
シリーズ2の登場人物も出てきてくれたのが
ファンにはうれしいですね。

トリックや全体のシナリオが
実によく出来ていると思いました。
シリーズ4も期待したいです。
2011/9/23
シリーズ中これが一番好きです
本放送シリーズ1の時、血が苦手で手術シーンとかまともに見れなかったので途中で見るのを辞めたのですが、たまたま暇な時にここで見かけて気になっていたので全シリーズ通して見ることにしました。
シリーズ中このアリアドネの弾丸が一番お気に入りです
解剖シーンはやはり見るのが苦手なんですが、それ以上に魅力的な役者さんやストーリー性に惹かれていきました
もう新作が出ないのが残念すぎます
原作も読んであるので、いつかカレイドスコープの箱庭も伊藤淳史さん&仲村トオルさんのコンビでドラマ化か映画化してほしいです。(でもあまりにも設定が違っていくので大変なのかな?)
2017/11/14
オススメです!
皆様が書いていらっしゃいますが、キャスト、脚本、演出、すべてが素晴らしいです!!
最終回まで一気に見ずにはいられず、仕事に支障がw
オススメです!!
2017/3/16
面白かったです
1,2のシリーズが面白かったのは覚えていましたが、流石に3作目なのであまり期待してませんでしたが、週末の2日間で一気に見てしまいました。
仲村トオルと伊藤淳史もそれぞれの持ち味を出したキャラで、仲村は説得力があり、かつ無駄のないセリフ。伊藤は他の役者ならちょっと引いてしまうセリフを彼なら許せると思わせるお芝居。
高橋克典があんなに上手いとは思わなかった。彼なしにこのドラマは成り立たないと思うほど際立っていた。
あと最近、あまり見なくなった小西真奈美が、アクセントのある役を自然にしなやかにこなしていた。個人的に彼女は演技してる感をあまり見せないのに、魅せるところは魅せる数少ない女優だと思う。(わざとらしさや鼻の着く演技ばかり目立つ、見るに堪えない演技の女優ばかりの昨今、どうして彼女を使わないのかほんと不思議。)
ストーリも、他の方が書いていたとおり、真犯人が最後までわからないアメリカのドラマをマネた展開で飽きさせない内容。
最後はちょっとネタ切れかなと思ったけど、役者も上手いし、話の展開もよかったし、脚本も隅々までよく練られており、おススメのドラマ。
2017/9/16
おも
1,2と連続で見て一番面白かった。
田口白鳥コンビの信頼が深まったと感じるからかしら。
2017/2/14
もうすでにチームバチスタではなくなっているが・・・
日本ではあまり馴染みはないがアメリカドラマで当たり前のように使われてるクリフハンガー方式のドラマ。この作品も面白いがシーズン2のジェネラル・ルージュには勝ってはいない。
2017/8/24
関連する商品
口コミ投稿数ランキング
リンク