リトル・チルドレンは見るべき?見ないべき?Twitter、インスタでの口コミと動画見放題サイトをまとめました。

日常生活に満たされない主婦の等身大の姿を、ケイト・ウィンスレットが大胆な艶技で魅せ、世界中から喝采を浴びた衝撃のドラマ。共演に変わらぬ美貌で人妻役を熱演するジェニファー・コネリー(『ブラッド・ダイヤモンド』)。二大女優に翻弄される夫役にはパトリック・ウィルソン(『オペラ座の怪人』)。そして「がんばれベアーズ!」の名子役として一世を風靡したジャッキー・アール・ヘイリーが本作で完全復活、強烈な存在感を残す。監督は、アカデミー賞5部門にノミネートされた『イン・ザ・ベッドルーム』の名匠トッド・フィールド。郊外の住宅街に住む平凡な主婦サラは、司法試験を目指す子持ちの主夫ブラッドと知り合う。二人は惹かれ合い、次第に気持ちが抑えきれなくなってゆく。その頃、二人が住む街では子供に悪戯をして服役していたロニーが釈放され、問題となっていた。ブラッドの友人の元警察官ラリーはロニーを糾弾するビラを貼り、街の人々も次第に常軌を逸した行動をとり始める。やがて街に、大きな事件が起こり--。


この動画が見れる動画見放題サービス

  • dtv
    dtv見放題
    動画の評価
    最終チェック日:2019/10/13
    dtvとは、映画・ドラマ・アニメ約12万作品が月額500円(税込み)の動画見放題サービスです。今なら31日間無料おためしあり。

  • dtv
    amazonプライム動画
    プライム会員特典
    動画の評価
    最終チェック日:2019/02/05

口コミ

意外にも深い映画だった
ただの不倫ものでなく、表面的に恵まれていても、日常生活の中では心が満たされず、間違いを犯してしまう人間の本質(わかっていてもやめられない)を見事に描いていて、「そうだよなー」て登場人物のすべてに共感できる。何か大事件が起こる訳でもないが最後まで緊張感を保っていて飽きさせない。本筋とは違いますが、性犯罪者のお母さんの奮闘ぶりに心打たれました。一見の価値はあり。
2018/4/17
単なる不倫映画と見るなかれ
この映画は見方によって評価が分かれるかもしれません。単なる不倫映画と思ってみると、それ以外のいくつものストーリーを描いた時間が無駄に長いと思われてくるでしょう。映画では全編をとおして性犯罪、現実逃避、精神疾患、戦争、愚かな投資家、失業、等々、アメリカ社会の抱える問題が見る者にぶっつけられています。思いがけず不倫に走った二人のストーリーはその一つです。社会は時としてプールでの性犯罪者への対応のように恐怖からバッシングを引き起こしますが、対照的に、性犯罪者の母親が倒れたときには母親に寄り添い味方しもします。このような社会の中で登場人物達はそれぞれの置かれた環境こそ違うものの、共通して、なんとなく充たされない思いにとらわれ、自分のなすべきことを見失い流されることになります。登場人物一人一人はそれぞれ破滅的な結果を引き起こす瀬戸際まで行ってしまいます。しかし、この映画のラストは不倫の二人も、性犯罪者も少年を殺し辞職した元警官にもなんらかの救いの光が降り注がれ、見る者をほっとさせることでしょう。私には性犯罪者の母親の次の言葉が印象に残りました。「あなたは奇跡なのよ。人間はみな奇跡。なぜだかわかる?なぜなら人間は毎日やるべきことをやる。そして誰もがみんなわかっているの。私たちが大切にするもの、私たちが愛する人々は一瞬で消えてしまうかもしれないと。それを知りながら私たちは生きていく。動物にはできないことよ。」
2018/1/8
変態オトコに対する攻撃が半端ではない。
ケイトウィンスレットが、満ち足りない生活をしている。
夫は、ブランド戦略の仕事をしていて、
立派な屋敷に住んでいるが、ネットの中のオンナに
惚れてしまっていた。
子供たちの遊び場に、母親たちと群れていても
なぜかつまらないし、子供も、離れて遊んでいる。
子供もむれるのが好きではないらしい。

そんなところに 弁護士をめざすオトコ主夫の
子守りとであって、なぜか 始めてなのに
キスをしてしまう。
そこから、ウィンスレットは恋に落ちていくのだ。
『ボヴァリー夫人』の読書会に参加して
独特の解釈をする。心境のおおきな変化がある。

オトコ主夫は、弁護士試験がプレッシャーになっている。
そこで、変態オトコを 監視している元警察官から、
誘われて、
警官のアメフトのグループにはいることになる。
元警察官は、スーパー強盗の少年を殺してしまった過去がある。

この変態オトコとお母さんの関係が 不思議だ。
精神を病んでいるオンナと デートするが、
そのシーンが なんとも言えないほどの ホラーなのだ。

オトコ主夫とウィンスレットは駆け落ちするが。
2018/1/8
大人の階段のぼる
タイトルのとおり、大人になりきれていない男女の情事の話なのだが、
不倫の果ての逃避行とか、殺傷事件ではないストーリーがよかった。
二人がした最後の選択は、
「人って年をとれば自動的に成人するのではなく、自分が何者か、
どんな役を求められているかを認識し、何かを選び何かを捨てることで
成熟していくんだろうなぁ」と思わされた。
何を選択すべきか考える時に、自分がやりたい事よりも自分が守りたいものを
優先できるようになってこそ、精神的な成人と呼べるのかもしれない。

主人公たちの他に、近所の性犯罪者の男をめぐる騒動があったりして、
何か起きそうな期待と静かな緊張が物語の背景に流れている。
そのため、最後まで飽きさせない。
不倫の話だけだったら薄っぺらい仕上がりになっていたことだろう。
2017/11/13
映画というか小説
 映画というより小説を読んでいるような感じでした。人間は完璧ではないし生き物なので、抑えられない衝動というものがあると思うんです。衝動をなくすことはできないので、どういうふうに制御や折り合いをつけるかが大事なのではないでしょうか。この映画の主な登場人物は、それぞれ問題がある人たちでしたが、一線をこえて初めて、それぞれがそれぞれのきっかけで、どうあるべきか気づかれたようです。
2017/11/2
大人ぶったって、みんな子供じみた心を持っている
もうすっかり、澄ました大人だと思って過ごしている人生の中で、ふと、子供の様に自分の欲望に夢中になりたい時が誰にでもあるでしょう。そんな極々ありふれた日常の中で起こる1つの街の物語。
虫も殺したことがないと言うような本当に真っ当な人生を送ってきた人には、この映画は理解出来ないだろうが、人間には衝動的過ちというものが長い人生の中で一度くらいあるはずだ。
そんな過ちは間違っていると自覚しながらも抑えきれない、心に秘めて隠し持っている登場人物たちが最後に下す決断…とても緩やかにストーリーが進んでいくので前半は退屈かもしれないが、「あぁ、やっぱりそうだよな」と納得させられるラストが良かった。
2017/8/4
登場人物全員頭悪すぎ、アホすぎる
子供の教育もまともにしない・できないくせに自分の欲(不倫相手と一緒にいたいとか)ばかり優先する自己中不倫バカ女(サラ)と、司法試験に毎年落ちてるくせに妻の期待は無視して勉強全くしないバカな不倫ヒモ男(ブラッド)のくだらないお遊び映画。
基本的にサラもブラッドも不満を口にするだけで自分が変わろうと全く努力しない・子供は2人とも二の次・自分の欲望最優先・ブラッドなんか遊んでばかり、終いにはサラとの駆け落ちの日にそこらの子供達に誘われてスケボーやって怪我して救急車で運ばれる、、開いた口が塞がらないというか…アホすぎる。もうただのクズとクズの、つまり大きな赤ちゃんと大きな赤ちゃんのダメ物語です。見る価値なし。
2017/8/2
アダルトチルドレン達が主人公の物語
前半部分は、「ちょっとこの退屈な展開はどうなんだろう?」と思いながら観てましたが、
ラストの展開を覆して、自分的にはスッキリした気分で見終わることができました。
「伏線投げっぱなし」でもなく、「驚愕の事実が発覚」でもなく、こういうさりげない展開からの収束での締め方もあるんですね。
ラストで二人が逃避行してたら☆2つでしたが、この終わり方はけっこう好きだったので☆4つです。
2017/7/18
ホッとした
ラストどうなることかと思ったけど終わり方にホッとしました
締め方も良かったと思います
2017/6/10
子供がいないならまだしも…
不倫は、ゴールがない。しかもこの二人は、収入ゼロ。ドラマやなんか、フィクションは、罪ないかな。それにしてもケイトさん、こんな役多い。
2017/3/22
ケイトウィンスレットが好き
主人公主婦がケイトウィンスレッドと気がつくのが遅くてびっくり!あのタイタニックの主人公とは!他にも愛を読む人、など観賞してすごく好きな女優さんだなと思っていたら笑笑
他のレビューにある通り日常起こりうる話です
私自身にも最近ありましたが3ヵ月程で終わりました!私の相手は息子と同い年ぐらいの25才で仕事は主人と同じ職種でしたので旦那様や息子にするような面倒や差し入れをよくしましたし仕事の話でよく冗談など言ってるうちに相手がチューしたいと言ってきたので軽くキスしたらそれからその、あとはこの映画と同じ展開ですね…
彼には同棲してる彼女がいるので1度で普通にもどろうと、したけどもどれず何度かこじつけてやめようとしました、彼の誕生日に物をあげたことでスマホチェックがはいるようになったので彼自身が彼女がいなくなるのは困ると言い出したり、仕事場が変わると会えなくなるし私の自宅も使えなくなる事情から終わりにしましたが気持ちが残るのを確認されてしまうとまた、会うともどる危険性があるので、め~いっぱい嫌な女を演じ幕引き笑笑
彼は同棲した彼女と倦怠期、私は子供2人が成人し家を出た寂しさからと旦那様は嫌いではなく少し話し方に不満がある程度からの偶然一致不倫だったと思いますが大事なものがわかって良かったし私は今でも彼が愛しいし幸せになってほしいです
この作品中、犯罪を犯したもの犯罪から市民や子供を守るものが、逆転した時自分が今しなければならないことを素直にできるか、どうか?ですよね
過去は変えられないけど未来は変えられるがやはり素晴らしいメッセージだったと自身が思える作品で観賞して良かったです!
2018/10/7
日常的にありえそうですが
日常的にありそうですが、数年間過ごした自立している妻にちゃんと話せず、
逃げたところで二人はうまくはいかないと思う。
弱い男。
でも結婚相手よりも愛しく感じる人と出会ってしまうのは運命的に仕方がないこと。
その後どういう道を選ぶかです。
日本はまだまだ離婚に抵抗がある人が多く、
子どものことだけでなく、身内や親せきのことが気になったりする人も多いようです。
でも最近の子供は親より自立心があり理解できる子供も多いと聞きます。
また集団意識に流されず、自分の道を押し殺さず選択できる人のほうが、
精神性が高いとも聞いたことがあります。もちろん相手と話し合い、
自分の意思を理解してもらうことが前提ですが、
その気持ちが妻が自分より有能だからとか、不倫相手のほうが性的に魅力的だとかであれば、
ただの逃げにしかならないのでまた別ですが...
この作品はこちらのほうなので、かっこいいけど、最後はちょっと情けなかったです。
2018/11/4
どこで踏みとどまって、またどのように踏み出せるのか・・・誰にでもあるテーマ。
どこで踏みとどまって、またどのように踏み出せるのか・・・誰にでもあるテーマ。
不倫だったり、元受刑者、問題を起こした元警察官。
などの登場人物がでてきはしますが、大なり小なり誰にでも起こりうる感情を、経験や年齢を重ね結末を予測し、決断、行動出来るのが大人なのでしょうね。
でも大人でもなかなか難しいんだよね。最後に向って救いのヒカリが微かに見え、これからのそれぞれの生き方に思い巡らし、余韻の残る興味深い映画でした。
2017/1/13
please be a good boy.
不倫の話しは何も残らなかった。
それで終わると思ったが、最後のメイの48歳の息子に宛てた手紙。
Please be a good boy.
これに心が動いた。
性的犯罪者、とりわけ幼児へのそれは許されざる犯罪。
そんな息子を持った親であっても、メイは近所の人とうまくやっていたのだろう
倒れた時など心配してかけよる住民がいた。
想像できないほどの苦労があったんだろうなぁ。
そして、子を持つ親の気持ちが痛いほど伝わりました。
この親子の話しで十分です。
2019/1/27
大人の童話
読みきかせをしているようなナレーションと共に、大人のあやまちや人生を考えるきっかけを提起しています。
まるっきり大人向けの群像劇で、ちょっとテレビドラマっぽさもありますがまずまず面白い作品でした。
ケイト・ウィンスレットはどの作品に出ていてもいいですね。
他の作品になりますが「おとなのけんか」も大人向けによかったです(こちらにもケイト・ウィンスレット出演)。
2017/1/19
大人になる という事は・・考えさせられる作品です。
ケイトは どんな役も演じ切ってくれるので つい見入ってしまいます。
犯罪者の親子関係、母親のセリフが とても 印象的でした。
誰もが 大人になりきれない大人 なのかもしれません。
無関係にみえる いくつかのエピソードが 絡まり合っていく 結構見ごたえのある作品でした。
2019/1/18
ナレーションのおかげで、まるでナショジオのように淡々と観られた
ケイト・ウインスレットとパトリック・ウィルソンが好きでセレクト。
ナレーションが終始あり、ドキュメンタリみたいでユニークです。
『いい年して子供じみてる』ところって誰にもあるように思う。
人間的成長って、『求められること』で深まる気がした。
子どもに。親に。パートナーに。
2018/9/2
堅実キャシーと天然サラ
キャシーの目が一番印象に残った。それに比べて、サラのなんとも天然で無防備な言動がもう恐ろしくて、見るに堪えないくらい。そんな感じでどっぷり映画にハマってしまいました。
2018/11/10
俳優陣がいいですね
パトリック・ウィルソンが好きで観ましたが、俳優陣が豪華です。ストーリーは色々混ざってて、見せ場的なものはないですが、考えさせられる内容になっています。
2019/1/26
現実的なハッピーエンド?
誰しもなにがしかの問題は抱えているものだし、
そう簡単に直面している現実を変えられる物でもないし、
後悔先に立たずの連続なんだよなあ。
ケイト・ウィンスレットに脱帽。やっぱ好きだわ~
2017/1/9

Twitter

「アクアマン」公開前に「ウォッチメン」見ようと思って見てたらザック・スナイダー、ナイトオウルⅡ世役にパトリック・ウィルソン選んだ理由が「リトル・チルドレン」を見たからって書いててあの不倫映画が理由なんてザック監督、絶対パトリック・ウィルソンのお尻見たからでしょってなった(真顔)
リトルチルドレンもはじまりへの旅も、どちらも面白かったです〜
特にリトルチルドレンはさおりさんのおすすめが無いと観なかったと思うので感謝感謝です。どちらの映画も極端な例だったかもしれませんが、明日は我が身、と思いながら観てました笑
ボラプ回もゆっくり聞かせて頂きますね!
カリンさぁ〜ん!
話してた映画観てくださったんですね⭐︎
リトルチルドレン、体力消耗しちゃいました?笑 なかなか苦くて笑える映画ですよね!
はじまりへの旅、自分はどんな子育てがしたいのか思わず考えてしまいました。
賛否はあると思いますが素敵な家族だなと私は思いました☺️さおり
映画「リトル・チルドレン」感想。これナレーションいらないんじゃないか。考える前に「こういうお話です」と語られたら「そういう話なのね」としか。
若さを忘れられない中年の話とか好みだけに勿体無い。本作をより洗練させたのが「レボリーショナリーロード燃え尽きるまで」なんだろう
「リトル・チルドレン」観ました!こういう類の映画観るの初めて。各人物の関わり方や結末的にも好き心にヘビーパンチな映画だ。なんていうか人間てこんなもんよな取り繕ってるだけで。自分は取り繕ってるだけなのに健全面して周りを見下してる。その陳腐なゲームを全員参加でやっている
結局今日はGlass見に行けなくて
先日 @m_frisbee さんにオススメされた「リトル・チルドレン」を見たけど、本当にいい映画だったなぁー。
パトリック・ウィルソンはイケメンだけどどっか足りない男を演じるのがうまい!
あと公園ママ達がリアルw
「ランチに行っても?」 「いいわよ。」 "Mind if I get some lunch?" "No." mind は「嫌だと思う」「気にする」という意味なので、 いいときの返事は No. 注意! 映画「リトル・チルドレン」より。
続きまして、
#さおまさ #ポッドキャスト で紹介されてた #映画

リトルチルドレン
アマゾンプライムでもう少しで配信が終わるかもしれないようなので観ました。

めっちゃ体力消耗しました笑

人間って滑稽なことしますよね。わかるわかる。

でも、良い終わり方をしてくれたのでほっとしました笑笑

Instagram

65
んー
*
*
ケイト・ウィンスレットが綺麗だって事だけ 笑
*
*
#自宅で #アプリで #映画鑑賞 #リトルチルドレン #ケイトウィンスレット #パトリックウィルソン
43
。。
Little Children (2006)
リトル・チルドレン

#リトルチルドレン #LittleChildren #movie #movies #watched #watching #watchedmovie #watchedmovies #movielist #movielists #映画
#映画観賞 #映画日記 #映画リスト #洋画
35
*
トッド・フィールド監督
『リトル・チルドレン』
*
あらすじ
郊外の住宅地で夫と娘と暮らすサラは、その生活にうんざりしていた。ある日、彼女は主婦たちの憧れの的であるトッドと話をする機会を得る。主夫である彼とサラは意気投合し、お互いの子どもを連れて会うようになり……。
*
今夜の映画はリトル・チルドレン。大人の中にある子供の部分を見せつけられる。トラウマ恋愛映画入門にも取り上げられてた作品。
*
#トッドフィールド
#ToddField
#リトルチルドレン
#littleChildren
#ケイトウィンスレット
#KateWinslet
#パトリックウィルソン
#PatrickWilson
#ジェニファーコネリー
#JenniferConnelly
#映画
#2006
#トラウマ恋愛映画入門
20
大人になって初めて共感できる映画だった。心が打たれた。。#リトルチルドレン#littlechildren
19
『リトル・チルドレン』

ポスターからは一見 不倫映画なのかな?と思ってしまうのだけど
それは表面的な出来事であって

何によっても埋められない孤独を描いた映画なのだと思う

“リトル・チルドレン”は
登場人物皆のことなのではないかな
評判はあまり良くなかったみたいだけど、わたしは好きでした

『過去は変えられないが
未来は違うものになる
一歩踏み出さなくては』
#リトルチルドレン #ケイトウィンスレット#littlechildren #katewinslet
#movieholic
14
うーん、、、
子供は子供だから可愛いのであって、、 #リトルチルドレン #movie #映画 #映画鑑賞
11
I was moved.
うーわーーー久々いい映画やった
深すぎて頭フル回転
#本当は単純な映画が好き
#littlechildren#リトルチルドレン
#満たされたがる大人の話#幸せなのに別の幸せを求めてしまう愚かさ#人間の性#それに気付ける大人になるんだよ#ショーンコネリーは世界五本の指に入るタイプさ#許す気持ち#人間だもの#こんな美人でナイスバディでも浮気されんだな#でも美人は人生確実に得する#妬むぅー#うらやま#私も結局リトルチルドレンだな
7
2回は観ないかもしれない、だけどいい映画。#LittleChildren #リトルチルドレン
4
スリルが詰まった映画#リトルチルドレン#littlechildren #an映画
2
#InstaSize#movie#cinema#映画#영화#リトルチルドレン
関連する商品
口コミ投稿数ランキング
リンク